破傷風の犬・バニーとアリー・トンプソン(Ali Thompson)がすごい!

スポンサーリンク
0未分類

破傷風にかかり飼い主からも見はなされた犬・バニー。

まさに死に超面したバニーを救うべく昼夜を問わず賢明な看病に当たった獣医師のアリー・トンプソン(Ali Thompson)さんが起こした奇跡がアンビリバボーで紹介されました。

Pittie Puppy Who Couldn't Even Move Runs To Her Favorite Person | The Dodo Pittie Nation
スポンサーリンク

破傷風の犬・バニーとアリー・トンプソン(Ali Thompson)がすごい!

バニーはインスタグラムでは有名な犬のインフルエンサー。
飼い主である獣医師のアリ・トンプソンさんと共に癒しと希望の物語そして、回復力、決意、無条件の愛の物語を体現したことで話題となっています。

米フロリダ州マナティー郡ブレーデントンの獣医アリー・トンプソンさん(Ali Thompson)のクリニックに4月15日、生後13週のメスのピットブルがやってきた。
口を閉じ、瞼をひきつらせ、完全に麻痺してまるで板のように手足はまっすぐに突き出ていて、耳は後ろに子てされたまま前身が硬直したその犬を一目見て、アリーさんは破傷風に感染していると直感した。

重度の破傷風で飼い主に見放され痛みに耐える犬をどうしても諦めることができなかった獣医は、夜もほとんど寝ずに看病を続けた。
そして3週間後、身体が硬直し頭を上げることすらできなかった犬に奇跡が起こった。諦めずにケアを続けた獣医と、果敢に病気と闘った犬の希望溢れるニュースを『The Dodo』などが伝えている。

破傷風は神経筋系を標的とした細菌感染症で、散歩中の怪我や手術、火傷などの傷口から破傷風菌が入り込むことによって感染し、四肢の強直やけいれんが起こる。

犬の感染は稀だが、感染した場合の生存率は30~50%と言われ、重症化すると呼吸困難に陥り死に至る。
搬送されてきたピットブルはかなりの重症で、アリーさんが電話で飼い主にその旨を伝えると「高額な治療費を払うことができない。苦しみから解放させてあげるために安楽死させてほしい」と返事があった。

アメリカでは、バニーのように症状の治療には医師と看護師数人がチームを組み24時間体制を取り、治療費が約100~150万円にもなるので、飼い主のことを責めることはできません。

アリーさんは「自分が獣医になったのは、動物の命を救うため。私がこの犬の面倒を見る」と覚悟を決め、
飼い主に「治療を続けること、助からないかもしれないこと、助かった場合でも所有権は放棄してもらうこと」などの承諾をもらい、バニーの治療を開始した。

アリーさんは恐怖と混乱で悲しい目をしたその犬のことを、兎のように長い耳を持つことから“バニー(Bunny)”と名付け、夫と2匹の犬が待つ自宅へと連れて帰ります。

しかしバニーの治療は過酷を極めた。アリーさんは音や光に敏感に反応してバニーが破傷風による筋硬直が悪化するのを防ぐため、アイマスクをつけて自宅の暗い静かな場所に移した。
分刻みのケアが必要で最初の夜はほどんど眠らず、身体の痙攣が止まらないバニーをモニターし、栄養剤をシリンジで与え、喉の渇きを防ぐため点滴をした。

あごも硬直して動かせないため、注射器を通して食事を与えられました。

バニーの痙攣はその後、10日間も続きアリーさんは時間があればバニーの硬直した身体が床ずれしないために伸ばしてマッサージをしたり、
下痢と便秘を繰り返すバニーの身体をキレイに拭くなど日中は仕事し、夜はバニーのケアに追われる日々を過ごします。

またバニーの痛みが引いてアリーさんが休みの日には、歩くことを再学習するためのセラピーをスタート。

冷湿布を筋肉に当てて、タオルで優しく持ち上げ、草むらの中を歩き回って筋肉を覚えさせています。

治療を初めて7~10日後、バニーにわずかながら回復の兆しが見られます。

バニーの名前を呼ぶと少し頭を上げるようになり、ある朝、アニーさんがそばに行くと寝ながらですが尻尾を振るようになったのです

両手で抱えて立たせてみても立つことはできず、そのまま後ろに倒れ込んでいたバニーも、治療から20日後には、
自ら身体を起こして立ちあがるという奇跡を成し遂げています。

その後、バニーは順調に回復を続け、が立ち上がるのがやっとだったのがアリーさんを見つけると歩いて近寄ってくるほどになります。

アリーさんはバニーを最初は引き取るつもりはなかったようですが、現在は家族の一員として迎え入れ、
アリーさんのInstagramにはバニーの回復までの様子が克明な記録と共に投稿されていて、アメリカの動物メディアによって拡散さrせています。

最近のInstagramではバニーが元気にフロリダの海を走り回る様子などが投稿されており、そこには「破傷風サバイバーである勇敢な闘士」として、アリーさんがこんなメッセージを残している。

「病気の犬にどんなに愛情を注いでケアしてもダメな時もあります。でもバニーは生き抜き、私たちに『どんなにつらくても決して諦めてはいけない』ということを教えてくれたのです。
だから多くの人に、闘い抜いたバニーについて知ってもらいたいと思います。そしてバニーのように強く勇敢に生きて欲しいのです。」

タイトルとURLをコピーしました