僕の大好きな妻(ドラマ)あらすじ|原作は小説?漫画?韓国リメイク?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

発達障害を抱える妻の知花と夫の悟という若い夫婦のラブストーリー。

百田夏菜子さんが主演し日常の中で起きるハプニングと向き合いながら、支え合う姿が描かれますが原作は?小説?漫画?韓国ドラマのリメイク?

スポンサーリンク

僕の大好きな妻(ドラマ)原作は小説?漫画?韓国リメイク?

百田夏菜子が発達障害を抱える役で連ドラ初主演、土ドラ「僕の大好きな妻!」

百田夏菜子(ももいろクローバーZ)が連続ドラマ初主演を務める土ドラ「僕の大好きな妻!」が東海テレビ・フジテレビ系にて6月4日から放送されることがわかった。

本作はナナトエリ・亀山聡によるマンガ「僕の妻は発達障害」を実写化したもの。アパレルショップの派遣販売員として働く知花は、マンガ家アシスタントの悟と結婚し、ささやかで幸せな日々を過ごしていた。しかし新婚生活の中で、部屋が散らかりっぱなしだったり、約束を忘れたりが続いたうえに仕事もクビになり、発達障害の検査を受けることに。知花は検査結果を受け、自分の特性と向き合おうと前向きに歩き始める。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ad28a7e531f9338ef2c5c6b3fef3bba690efcd4

ドラマ「僕の大好きな妻!」は「月刊コミックバンチ」でナナトエリと亀山聡が連載中の人気コミック「僕の妻は発達障害」の漫画が原作となっています。

ナナトエリさん自身も発達障害で、実体験を交えた作品となっています。

僕の大好きな妻(ドラマ)あらすじ

僕、北山悟(30)は漫画家のアシスタント。妻の知花(32)は発達障害。ふたりの生活はいろんな問題があるものの、折り合いをつけながら、毎日を過ごしている。

妻の多弁対策をする話、結婚当初に発達障害の診断を受けた時の話、発達障害と親子の関係を描いた話など。

仕事に復帰した知花には様々な事態が待ち受けることに…? 発達障害当事者の漫画家が“生きづらさに寄り添いながら”描いた話題のフィクション!

■ナナトエリ/亀山聡
漫画家夫婦。二人名義では、「アナグマの気持ち」(週刊モーニング)がデビュー作。月刊コミックバンチにて「僕の妻は発達障害」(監修:四宮滋子/医学博士)を執筆中。

タイトルとURLをコピーしました