ヘラ(コネチカット州)失踪事件の犯人・真相は?#衝撃ファイル

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

客室乗務員のヘラが1986年にアメリカ・コネチカット州で行方不明となります。

「世界が騒然!本当にあった(秘)衝撃ファイル」で紹介されました事件ですが犯人は夫でパイロットのリチャード・クラフト?

■放送内容
1986年、アメリカ・コネチカット州。エリートパイロットの夫リチャードと客室乗務員の妻ヘラは、3人の子供に恵まれ誰もが憧れる一家だった。しかしある日、妻ヘラが何者かによって殺害される事件が発生!夫リチャードの犯行が疑われたのだが警察はなぜか捜査を行わない…。実は疑惑の夫は元CIAのスパイだったのだ!一家の家政婦として働いていたマリー19歳と殺された妻の親友が真実を求めて立ち上がる!この事件の真相とは!?

connecticut 1986 murder richard cia

スポンサーリンク

ヘラ(コネチカット州)失踪事件の犯人・真相は?#衝撃ファイル

デンマーク出身のヘレ・ニールセンは1979年にイースタン航空のパイロットであるリチャード・クラフトと結婚し、アメリカ合衆国コネチカット州ニュータウンに定住しました。

ヘレは3人の子供を育てながら客室乗務員としても働き続けていましたが、1986年11月18日に突如として行方が分からなくなります。

ヘレの友人が、彼女が西ドイツのフランクフルトからのフライトから自宅に送ったのが彼女の姿を最後に見る機会となりました。

その夜、吹雪がその地域を襲い翌朝、リチャードはヘレとその子供たちをウェストポートの妹の家に連れて行ったと話していたものの、その後もしばらくヘレの姿はみられませんでした。

ヘレの友達が夫のリチャードに尋ねると「デンマークの母親を訪ねたりカナリア諸島に旅行をしているから連絡が取りにくい」と話していましたが、ヘレの友人たちは、リチャードが怒り出すと止まらない性格だということを知っていたので、ヘラの身を心配するようになります。

結局、ヘレが行方不明と警察に報告されたのは12月1日になってから。

ヘレは友人たちに「何かが私に起こったたら、それは事故じゃない」とも言っていたことから、友人たちは夫のリチャードに疑いの目を向けるようになります。

ヘレはもともと1985年までに、リチャードが浮気している気配を察知し、1986年9月には離婚弁護士と面会し、私立探偵のキース・メイヨーを雇っています。

メイヨによってリチャードがニュージャージーの自宅の外でイースタン航空の客室乗務員であるナンシー・ドッドにキスをしている写真を撮り浮気の決定的な証拠をつかんでいました。

メイヨーもリチャード・クラフトがヘラの失踪に関与していると確信するようになります。

ただリチャードはニュータウンでボランティアの巡査をしていて、隣のサウスベリーでも非常勤の警察官を務めていました。

そのためそしてメイヨーは殺人のために彼を調査するように地元の警察に依頼をしてもなかなか首を盾には降りません。

そこで郡検察官は最終的にこの事件をコネチカット州警察に照会し、12月26日になってようやく、リチャードがフロリダで子供たちと休暇を過ごしている間、リチャードとヘラの家を捜索します。

すると、リチャードのクレジットカードの記録には、ヘレが消えた頃に、家に見つからなかった冷凍庫、ベッドシーツ、掛け布団、ウッドチッパーのレンタルなどの購入履歴を確認。

私立探偵のメイヨーが提供された書類の中には、リチャードが購入したというチェーンソーの領収書もありました。

チェーンソーは後に、ヘレのDNAと一致する髪と血で覆われたゾア湖で発見されます。

最も重要な証拠は、サウスベリーの町で働き、町の除雪車を運転した地元の男性、ジョセフ・ハイネによって提供されました。

ヘレが最後に見られてから数時間後の11月18日の夜、ゾア湖の岸近くにウッドチッパーが取り付けられたレンタルトラックが駐車しているのに気づいたとき、ハイネは吹雪の最中に道路を耕していました。

ベッドマットレスの側面にも血液塗抹標本がありました。法医学的調査は、当時州警察の捜査官だったヘンリー・リーが主導しました。

ハイネは探偵のメイヨーをその場所に連れて行き、歯の一部や、ピンクのマニキュアで覆われた指の爪、骨片、などの他に合計で2,660本の漂白されたブロンドの人間の毛と、 ヘラと同じタイプのO血液サンプルを入手。

これにより警察は、遺骨はウッドチッパーで粉砕された可能性が高いと結論付けました。

さらに、金髪の人間の髪の毛の痕跡を含むチェーンソーが水中で発見されました。チェーンソーのシリアルコードもマーキングをこすり落とし輪郭を復元することに成功。

コードは以前に捜査官が見つけたリチャードの領収書のコードと一致し、リチャードがチェーンソーの所有者であることを確認しました。

調査員は、リチャードが鈍器でヘレの頭を殴り、カーペットを血で染め、その後、彼女が凍って固まるまで何時間も冷凍庫に体を置いたと結論付けました。

それからリチャードはチェーンソーで彼女をバラバラにし、その破片をウッドチッパーに通した後、おそらく断片化した残骸をトラックに乗せ、湖に捨てたとみられます。

殺人の起訴には、本来であれば被害者とされている人物のの死亡を公式に認定する必要がありますが、通常は身体の識別によって行われます。

ヘレの場合には法歯学者の助けを借りて、歯の一部がヘレの歯科記録とに一致した証拠に基づいて、コネチカット州検死官事務所は1987年1月13日に死亡診断書を発行しました。

リチャードはすぐに逮捕されました。裁判の準備中、州の検死官は、ウッドチッパーを介して給餌された豚の死骸を入手し、ブタの骨片の形状がヘレの骨片の形状と類似しており、リチャードが妻の体を処分するためにウッドチッパーを使用したという仮説を強化しました。

リチャード・クラフトの殺人裁判は1988年5月の1回目がニューロンドンで始まり、ノーウォークでの2回目の裁判は、1989年11月21日に有罪判決で終了しました。

リチャードは50年の懲役を宣告されました。

2020年1月の時点で、リチャードは刑務所から釈放され、ニューヘブン周辺で暮らしているとのこと。

リチャードクラフトは1937年に生まれ、数年間、イーストアメリカン航空のパイロットでした。

彼の妻が亡くなったとき、リチャードクラフトは年間125,000ドル(日本円で1500万円相当)という高給でした。

ヘレとは1979年に結婚し、最終的にコネチカット州ニュータウンに定住し、そこで3人の子供を育てました。

ただリチャードクラフトは妻と子供たちと一緒に暮らす家の他に、多数の女性と一緒に暮らしていました。

そのため経済的に困窮していたことから、妻から離婚を突き付けられて慰謝料などその後の生活に不安を覚えたとされています。

リチャードクラフトは航空パイロットとしての地位に就く前は、CIAが運営する航空会社であるエアアメリカ(Air America、Inc.)に務めていました。

CIAに雇用されたパイロットとして、リチャードクラフトは多数の秘密任務を遂行しました。

彼がエアアメリカでの任務から戻ったとき、クラフトは、シミュレートされた戦闘状況で殺すために民間人を訓練する会社であるリーサルフォースインスティテュートで授業を受け始めました。

パンナム航空の客室乗務員である妻のヘレが1986年に離婚弁護士と会ったとき、彼女は夫が単なる銃の収集家ではないことを明らかにしました。

彼は地下室に真の武器を持っていました。彼は機関銃、ライフル、さらにはグレネードランチャーさえも自由に使えるようにしていた。

タイトルとURLをコピーしました