エマ・大辻・ピックルスwikiプロフ|オストメイトモデルの元法医学者

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

エマ・大辻・ピックルスさんはオストメイト(人工肛門)を使っていることを隠すことなく逆にオストメイトモデルとしてグラビアを飾っている現役のお医者さん。

オストメイトに関する理解と周知活動に勤めているエマ・大辻・ピックルスさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

エマ・大辻・ピックルスwikiプロフィール

名前:エマ・大辻・ピックルス(Emma Otsuji Pickles)
生年月日:1978年6月17日
年齢:42歳
出身地:イギリス
身長:167cm
血液型:O型
趣味・特技 歌うこと、寝ること、Tweetすること
資格:医師免許
職業:医師、オストメイトモデル
事務所:ライムライト
最終学歴:慶応義塾大学法学部→鹿児島大医学部

エマ・大辻・ピックルスさんは6歳から難病指定されている慢性偽性腸閉塞症(CIPO)と25年間もの間、闘病を続けた結果、
2016年7月には胃亜全摘術、2019年の9月にはスト―マ(人工肛門)造設するなど、患者としても医者としてもオストメイトについて関わるようになっています。

エマ・大辻・ピックルスの経歴

エマ・大辻・ピックルスさんは、オストメイトをするようになる以前から2016年の38歳にはボイストレーナーの向井成一郎さんの下でボイストレーニングを受け、
2020年には「あまにのゆうこ」書き下ろしオリジナルソングにて歌手デビューも果たしています。

そんなエマ・大辻・ピックルスさんの奮闘する姿がNHK「【ストーリーズ」でも紹介されました。

エマ・大辻・ピックルスさんは難病のため、腹に人工的に作った肛門を持つ、オストメイトだ。水着モデルを目指す、彼女の日々に密着。
■放送内容
2020年09月28日 (月)
彼女が水着に着替えた理由 オストメイト医師の挑戦
「人工肛門というと、おしりになにか機械のようなものが入っていると思われていることが多いんです」
がん研究会有明病院・健診センターなどで非常勤の医師として働くエマ・大辻・ピックルスさん(42歳)。
去年、消化器系の難病で、オストメイトとしての人生をスタートした。

https://www.nhk.or.jp/shibu5-blog/100/436486.html

エマ・大辻・ピックルスのオストメイトとは?

オストメイトとは、人工肛門や人工膀胱を作った人々のことで、その数は現在およそ21万人
(平成30年度福祉行政報告例ぼうこう・直腸機能障害障害者手帳交付数)。

自身の腸などで腹部に造った排せつ口にパウチという袋を常に装着して排せつ物を受け止めるのがオストメイト(人工肛門)ですが、
外見からわかりづらくまた排泄に関わる障害であるために日本では表だって語られることはあまりありません。

医師であるエマ・大辻・ピックルスさんも実際にオストメイトになると初めて知ることだらけ
当初は、においがもれているんじゃないかと人に会うことが怖くなり外に出ることが出来なくなったじきもあったそうです。

日本オストミー協会によれば当事者のおよそ9割が「社会に理解されていない」(平成31年)と感じると答えていて、
温泉や銭湯、ジム、飲食店の仕事などで誤解や知識不足から差別を受けた事例も報告されているそうです。

エマ・大辻・ピックルスのツイッターやインスタグラム

エマ・大辻・ピックルスのツイッタ
@picklesoemma

エマ・大辻・ピックルスの公式HP

エマ・大辻・ピックルスの高校や大学など学歴は?

エマ・大辻・ピックルスさんの通っていた高校についてが学校名は明らかになっていないもの、大学は慶應義塾大学に入学しています。

法学部から大学院政策メディア研究科(竹中平蔵ゼミ)を経た後、鹿児島大学 医学部医学科に編入。

卒業後は東京大学 法医学教室 客員研究員 兼 東京医科大特任助教や、がん研有明病院 健診センター 非常勤務医などを務めています。

エマ・大辻・ピックルスの身長・体重は?

エマ・大辻・ピックルスさんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は様々なメディアに掲載されている写真から170㎝前後とみられます。

エマ・大辻・ピックルスはハーフ?母親と父親の国籍は?

エマ・大辻・ピックルスさんはその名前からわかる通り父親・母親がともに日本人ではなく、
イギリス人の父親と日本人の母親のハーフです。

父親とは生まれてから数年しか一緒に暮らしていなかったそうで、すでに20年近く前に他界しています。

エマ・大辻・ピックルスの結婚した旦那(夫)は?子供はいる?

エマ・大辻・ピックルスさんはすでに結婚もしていて子供も生まれています。

オストメイト(人工肛門)を使用するにようになってから脱水によるだるさが強く、育児も仕事もままならない時期もあったそうです。

タイトルとURLをコピーしました