月下獣とは読み方は?元ネタ・あらすじは山月記?文豪ストレイドッグス

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

文豪ストレイドッグスで月下獣とは?

元ネタは山月記なんでしょうか?教科書で山月記を読む限り「月下獣」という言葉は出てきませんがあらすじは?

スポンサーリンク

月下獣とは読み方は?元ネタ・あらすじは山月記?文豪ストレイドッグス

文豪ストレイドッグスでは各文豪の代表作がそれぞれの能力になっています。異能力を発動する時に、能力名と原稿が出てきます。

中島敦の代表作は山月記で「月下獣」という単語は山月記の内容から作者さんが作ったかもしくは李徴を指しているのでしょう。

李徴は虎の姿になって咆哮し、親友の袁?に別れを告げました。確かその時、「すでに白く光を失った月を仰いで」いたと思います。

敦君の能力名は、作品名そのものというよりは作品の中の登場人物の名前ということになるのだと思います。

月下獣の爪には、異能力自体を裂く力があり触れた部分のみの無効化があります

泉鏡花の夜叉白雪は戯曲に登場する、夜叉ヶ池の龍神様の名前が白雪と言った気がするのでそれかと思われます。

ちなみに、乱歩だけ推察力が特化したただの人間です。

文豪ストレイドッグスの月下獣にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました