キエフの幽霊とは?ロシア戦闘機6機撃墜MiG-29ウクライナ軍?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ウクライナにロシアが侵攻し予断を許さない状況となっていますが、キエフの幽霊なるものが話題となっています。

スポンサーリンク

キエフの幽霊とは?ロシア戦闘機6機撃墜MiG-29

首都キエフ、ロシア軍の攻撃で数時間内に陥落も-西側情報当局

(ブルームバーグ): ウクライナの首都キエフは数時間以内に陥落してロシア軍に掌握される可能性があると、西側情報当局の高官が述べた。ウクライナの防空能力は事実上、無力化されたという。

同高官によれば、ロシア軍の部隊はドニエプル川の両岸からキエフ制圧に向かっている。既に数カ所の飛行場が同軍の手に落ち、さらなる部隊の派遣に利用可能だ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c9d48f28be7e0b584d3f8f803321f8b8786c5346

最初のロシアの侵略の最初の段階で、24時間以内に6機のロシアの戦闘機を撃ち抜いたMiG-29を飛行するウクライナ側のパイロットがキエフの幽霊と呼ばれるようになっています。

300万人の首都キエフでは当時、夜明け前と朝を通して爆発が聞こえました。銃声が鳴り、サイレンが鳴り響き、住民が逃げるにつれて、街の外の高速道路は交通で詰まった。

ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領は、「第二次世界大戦中にナチス・ドイツが行ったように、ロシアは午前中にわが国に危険な攻撃を行った」とツイートしています。

タイトルとURLをコピーしました