Gmail・Hotmailでパスワード流出はデマ?30億件超がネットで公開?

スポンサーリンク
未分類

ハッカーが、GmailやHotmailのメールアドレスとそのログインパスワード30億件超をネット上に公開したと報じられています。

スポンサーリンク

Gmail・Hotmailでパスワード流出!メアド共に30億件超がネット上に公開

今回公開されたものは、ハッカーが過去の多数の流出データを集めたものだという。これらのデータは、オープンアクセスで公開された。ニュースサイト「BGR」が報じている。

専門家らは、データベースにはメールアドレスとそのログインパスワードが約32億件あると推定しており、「数々の違反行為の集大成」と評している。

「死のブルースクリーン」
c DEPOSITPHOTOS / DENNIZN
Windows 10の12月のアップデートは、「死のブルースクリーン」を引き起こす
今回の流出データは新たなハッキングに基づくものではなく、動画配信サービス「ネットフリックス」やSNS「LinkedIn」のユーザーのデータなどの過去のハッキング内容に基づくものとなっている。
専門家らは、これらのサービスのユーザーらに対し、自分のログイン情報やメールアドレスがそのデータベースにあるかどうか確認するように求めている。

さらに専門家らは、メールアカウントの2段階認証を有効にし、パスワードを速やかに変更すること、さらに今後も定期的にパスワードを変更し、パスワード管理サービスを利用して他のオンラインサービスのアカウントを保護するようにアドバイスしている。
https://jp.sputniknews.com/science/202102128146826/

タイトルとURLをコピーしました