人の業とはカルマの意味?業が深い,業を背負うとは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「人の業(人間の業)」とはどんな意味なんでしょうか?カルマのこと?

業が深い,業を背負うとは?

スポンサーリンク

人の業とはカルマの意味?業が深い,業を背負うとは?

カルマは和訳では「業」といいます。業というのは「所作」と訳されます。つまり行動です。そこに善し悪しはありません。「行動」それだけの意味です。

インド諸宗教では「行為は何かしらの影響を及ぼす」という考え方をしますので、カルマの意味に運命という意味も生まれました。

そして人の行動が原因となり、縁を得て結果として現れます。これが因果です。

更に言えば、因果は周囲にも影響を及ぼします。これが「報」といいます。

自分の言動が結果を表し、それが周囲へも影響を及ぼす。これが因果応報というものです。

「人の業」は人間が生きていく上で自他それぞれに与えてしまう事のこと。

生きてくために、様々な生き物の多くの命を奪うことをはじめ、様々な形で誰かに迷惑をかけること

例えば大金が入って贅沢を知ってしまうと、もっと贅沢をしたくて自分が欲望に飢えるし、そのせいで他人に迷惑を与えてしまうこと。

しかし、ブッダは「私の教えは運命論ではない」と明確に仰られています。ここがバラモン教(後のヒンドゥー教)との違いです。

●業が深い
読み方:ごうがふかい
前世の罪深さにより、多くの報いを受けているさま。運が悪かったり、ひどい思いをしたりする際に用いる。

ー実用日本語表現辞典ー

業が深いの意味や使い方 わかりやすく解説 Weblio辞書
前世の罪深さにより、多くの報いを受けているさま。Weblio国語辞典では「業が深い」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。

仏法に依れば、カルマ「業」には定業「じょうごう」と不定業に分かれて説かれています。

定業と不定業 宿命転換
定業と不定業 宿命転換の信心 仏教では、すべての生命は、過去世の業因によって、それぞれの運命・境遇に生まれ、苦楽の日々を生きていると説明します。 つまり、この世に存在するあらゆる事物はそれぞれ因縁によって生滅を繰り返しますが、同類近似の業報の強弱によって互いに相即し相反し、次の世に生まれ変わっていく、というのです。一生...

過去世の積み重ねの業は定業です。現世で結果が出ます。

不定業は何時、原因を積んだのか作ったのか定まっていません。

人間の場合は思考・思った事・行動・話す事等々、全てが業になります。

従って種類など分別しないでしょう。

悪く考える「悪の原因」-思考は不幸へ向かい、善の思考・行動+思考

は幸福へ向かう・・・此の差別でしょう。

結果がこう出たから、こういう原因「業」が有るとは決めつけられません。

人の業とはカルマの意味?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました