ハジパイ(端牌)の意味・使い方は?由来は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ハジパイ(端牌)とはどんな意味何でしょうか?

ビジネス上では『ハジパイの市場に投資するなんて無駄』といった使われ方をしますがハジパイ(端牌)の意味は?

スポンサーリンク

ハジパイ(端牌)の意味・由来は?

端牌(ハジパイ)は?九牌(ヤオチューパイ)の別名で、字牌ならびに一または九の牌のことです。麻雀のルール上、切って場に捨てても比較的安全な(=他人に振り込んでロン上がりさせてしまう危険の少ない)牌とされています。

よって「ハジパイの市場」とは「価値が低く、切り捨てても(やめても)特に影響のない市場。都合が悪くなった時、真っ先に切り捨てるべきと判断される市場」という意味ではないでしょうか。

ちなみに、ハジパイ(端牌)以外にも麻雀が由来のビジネス用語には

ノベタン(同じ調子で休みなく作業続ける状態)
パイを広げる

などがあります。

ハジパイ(端牌)の使い方は?

タイトルとURLをコピーしました