針金侑良の中学や戦績などwiki経歴を調査!球種や球速もチェック!

スポンサーリンク
未分類

針金侑良選手は中学生にしてすでに137km/hという速球を投げる剛腕ピッチャーとして高校やプロチームからの視線を集める逸材の一人。

ジャンクスポーツにも出演を果たした針金侑良選手の気になる小学校や中学などプロフィール音他、戦績や球種、球速などをまとめています。

スポンサーリンク

針金侑良wikiプロフィール

名前:針金侑良(はりがね ゆら)
中学校:戸田市立喜沢中学校
利き腕:左投左打
身長:190cm
体重:88kg
ポジション:投手
最速:137km

針金侑良さんは小学校3年生から野球を始めるておりもともとは野手で登録をしていたようですが、中学に上がってから本格的に投手を始めています。

■所属チーム
小学校:戸二小ジャガーズ、東京ヤクルトスワローズジュニア
中学校:東練馬リトルシニア

東練馬リトルシニアは杉谷拳士、万波中正などを輩出してきた東京の少年野球チームの名門中の名門で、
現在はオリックスなどでプレーしていた徳元敏さんが監督を務めているほか、コーチには、

和田一浩(元西武、中日)
田中充(元ロッテ、ヤクルト)
宮本慎也(元ヤクルト)

といった元プロ野球選手が名を連ねています。

ちなみに東練馬リトルシニアには宮本慎也選手の息子ので身長180㎝の宮本恭佑選手も在籍しており、針金侑良選手の卒業後は打撃力もあるエース候補として期待されているそうです

東練馬シニアに密着!190cm左腕・針金侑良のスケールたっぷりのブルペン投球に注目!

針金侑良の経歴・戦績

針金侑良選手は中学校3年生ながらすでに190センチの長身。

対戦する打者としてはまるで頭上から降ってくるような速球を相手にすることになりますね。

中学校2年生の秋までは制球に課題を抱えていたようですが投球法を見直して現在は見違えるよう制球がなんていするようになっています。

針金侑良の戦績

中学1年
2018年リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)
2018年ジャイアンツカップ(準優勝)

中学2年
2019年リトルシニア全国選抜野球大会(1回戦)
2019年リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
2019年ジャイアンツカップ(準優勝)

針金侑良の小学校や中学校は?

針金侑良選手は埼玉県戸田市の体育大会の記録から喜沢中学校に通っているとみてまちがいなさそうです。

通っていた小学校は喜沢中学校の校区から喜沢小学校ではないかと思われます。

針金侑良の身長・体重は?

針金侑良選手の身長・体重は

身長:190cm
体重:88kg

と中学校3年生ですでに出来上がった体格をしていますね。

ちなみに現・MLBニューヨークヤンキースに所属する田中将大投手は高校3年で身長:185cm、体重:80kgでしたから、体格ではすでに針金侑良選手が上回っています。

針金侑良の家族構成は?母親と父親の仕事は?

針金侑良選手の父親は日大三高(日本大学第三高等学校)出身の針金義雄さんで、高校卒業後は東京農大に進んでいます。

小学生の頃は深川に住んでいて元加賀でプレーしていたそうです。

日大三高といえば甲子園常連校の一つで最近は2010年春、2011年夏優勝を果たしていることもあり、
針金侑良の進学先の最有力候補ではないでしょうか。

針金侑良の球種・球速は?

針金侑良さんのポジションは投手で球速は最速137kmを誇ります。

球速が出て伸びのある直球を得意としています。

タイトルとURLをコピーしました