走れメロスの簡単あらすじ|100字・200文字・400文字は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

走れメロスの簡単なあらすじは?

太宰治「走れメロス」のあらすじを100字・200文字・400文字でそれぞれ簡単にまとめると?

スポンサーリンク

走れメロスの簡単あらすじ|100字

昔々あるところにメロスという若者が王様には向かったことから死刑を言い渡されます。

ただ故郷で妹の結婚式があるため友達を身代わりに故郷まで走って帰って何とか3日後の日暮れぎりぎりに戻ると、友達と抱き合い罪も許されました。

走れメロスの簡単あらすじ|200文字は?

メロスは妹の結婚準備のために街へ行くと、次々と人を殺す王に歯向かったたため、処刑を宣告されてしまう。

メロスは殺されるのは怖くないが、妹の晴れ姿を見届けたら必ず戻ると約束し、親友セリヌンティウスを身代わりに差し出すと3日間の猶予をもらいます。

無事に結婚式が終わりメロスは帰途で幾多の苦難を乗り越え、親友の処刑が執行されようとした約束の3日目の日暮れに姿を現します。

メロスと親友は抱き合い、悪逆の王もお互いを信じ続けた美しい友情を見て「自分も仲間に入れてほしい」と改心するのだった。

走れメロスの簡単あらすじ|100字・200文字・400文字は?

16歳の妹と共に暮らすメロスが、妹の結婚準備のためにシラクサの街へ行くが、ディオニス王があらゆる人を疑い次々と人を殺していた。

ディオニス王の話を聞き、激怒するメロスは王の暗殺を決意するがあえなく衛兵に捕らえられ、即刻処刑されることになる。

メロスは殺されるのは怖くないが、唯一の心残りが妹だった。

妹の晴れ姿を見届けたら必ず戻ると約束し、無二の親友セリヌンティウスを身代わりに村へと急ぐが王はメロスを信じておらず、死ぬために再び戻ってくることなどはないと言いのけた。

なんとか結婚式を無事に終え、友との誓いを果たすためメロスは野を駆ける。

川の氾濫による橋の決壊や山賊の襲来など度重なる不運や苦難を乗り越え、日が沈みかけ、処刑が執行されようとしたまさにその時、刑吏の前にメロスが躍り込んだのだ。

誰もがメロスは逃げると思いましたが、メロスと親友セリヌンティウスは互いの友情を確認し合い、ひしと抱き合った。その美しい姿を見て、「自分も仲間に入れてほしい」と悪逆の王も改心するのだった。

走れメロスの簡単あらすじ|ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました