保育士試験解答速報2020|難易度や合格基準点は?

スポンサーリンク
未分類

2020年の保育士試験は下記のような日程・内容で行われました。

■日程

2020年10月24日(土)・25日(日)

■時間割

10月24日

試験科目試験時間設問数総得点
保育の心理学10:30~11:3020問100
保育原理12:00~13:0020問100
子ども家庭福祉14:00~15:0020問100
社会福祉15:30~16:3020問100

10月25日

試験科目試験時間設問数総得点
教育原理10:00~10:3010問50
社会的養護11:00~11:3010問50
子どもの保健12:00~13:0020問100
子どもの食と栄養14:00~15:0020問100
保育実習理論15:30~16:3020問100

■合格発表
2020年12月13日(日)の実技試験を経て、
20213年1月14日(木)~1月20日(水)に合格通知書が送付されます。

■問い合わせ
一般社団法人 全国保育士養成協議会
保育士試験事務センター
〒171-8536
東京都豊島区高田3-19-10
TEL:0120-4194-82(フリーダイヤル)
(月~金 9:30~17:30 ※祝日を除く)
URL:http://www.hoyokyo.or.jp/exam/

スポンサーリンク

保育士試験解答速報

2020年の保育士試験は下記のような手段で解答速報を知ることができます。

キャリアステーション保育士総合講座
ユーキャンの解答速報
保育士試験対策専門校 ライセンス学院
twitterのハッシュタグ「#保育士試験解答速報」
5ch

twitterのハッシュタグでは他にも「#保育士試験」や「#保育士解答速報」で解答が続々と投稿されるし、
5ch掲示版にも解答がドンドン投稿されていきます。

最終的に完成度の高い解答速報が出来上がるスピードで言えば、
例年だと5ch掲示版が最も速くなります。

また保育士試験解の正式な解答は2020年11月30日(月)に一般社団法人 全国保育士養成協議会のホームページで公開される予定となっています。

保育士試験の合格基準・合格率は?

保育士試験は1問5点で採点され、各科目において、満点の6割以上得点した者を合格とします。

つまり50点満点の教育原理と社会的養護は30点以上、残りの試験科目は60点以上をとることで合格となります。

参考に、これまでの保育士試験の合格率を調べると下記のようになっています。

年を追うごとに受験者数が増えていますが、合格率もやや上昇傾向にあります。

年度受験者数合格者数合格率
平成30年保育士試験683881350019.70%
平成29年保育士試験625551351121.60%
平成28年保育士試験707101822925.80%
平成27年保育士試験675042316534.30%
平成26年保育士試験51257989419.30%
平成25年保育士試験51055890517.40%
平成24年保育士試験52257972618.60%
平成23年保育士試験49307695714.10%
平成22年保育士試験46820532411.40%
平成21年保育士試験41163520412.60%
平成20年保育士試験37744398910.60%
平成19年保育士試験38032775020.40%
平成18年保育士試験39192569314.50%
平成17年保育士試験37288629116.90%
平成16年保育士試験35237451612.80%

保育士試験の受験生の感想・難易度は?

タイトルとURLをコピーしました