hp sure click secure view解除は?pdf・wordの印刷・編集できない!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

PDFを開こうとすると「HP Sure Click Secure View」と言うのに紐づけられて開くのがめちゃくちゃ遅くなる、時間がかかることがあります。

印刷画面を開くのにも時間がかかったり印刷できないこともありますが、hp sure click secure view解除・アンインストールは?

スポンサーリンク

hp sure click secure viewでpdf・wordの印刷・編集できない!

「hp sure click secure view」がインストールされると、ダウンロードしたデータは「hp sure click secure view」に紐づけられてしまい、右クリックしてAdobeで開くを選択しても勝手に「hp sure click secure view」で起動されるようになってしまいます。

厄介といえば厄介なプログラムですが、「hp sure click secure view」は、なりすましメールや取引先や関係者を装った偽メールに仕込まれたウイルスの脅威からパソコンを守ることを目的としたプログラムです。

攻撃メールの受信者が過去にメールのやりとりをしたことのある、実在の相手の氏名、メールアドレス、メールの内容などの一部が攻撃メールに流用されたり、業務上開封してしまいそうな巧妙な文面となっているなどは、セキュリティソフトでも防ぐことが難しいものがあります。

「HP Sure Click」が動作しているPCでは、Webサイトの閲覧やメール添付されたPDFやWordファイルの展開を、PC内のマイクロ仮想マシンの中に隔離してから実行する。

うっかり不正なWebサイトを閲覧したり、不用意に怪しい添付ファイルを開いてしまっても、マルウェアに感染するのは仮想マシンなので、ブラウザのタブやWordを閉じれば感染自体が無かったことにできます。

hp sure click secure view解除・アンインストール

ダウンロードしたPDFやwordファイルを「hp sure click secure view」で開くようになってしまった場合。

そのせいで印刷できない・編集ができない事態になってしまったときに、PDFを「Adobe Acrobat Reader DCで開」くようにするには、PDFファイルと「hp sure click secure view」の紐づけを解除します。

ファイルを右クリックして表示されるメニューや、Windowsの「既定のアプリ」の設定からファイルの関連付けを変更できます。

「既定のアプリ」の設定では、ファイルの拡張子ごとに関連付けを変更できます。

[スタート]ボタンを選択します。アプリの一覧が表示されるので、「W」欄から[Windows システムツール]を選択し、[コントロール パネル]を選択します。

もしくはタスクバーの検索窓に「コントロールパネル」と入力します。

[コントロール パネル]画面が表示されるので、[プログラム]を選択します。

表示方法がアイコンの場合は[既定のプログラム]-[既定のプログラムを設定する]を選択し、手順4へ進みます。

[プログラム]画面が表示されるので、[既定のプログラム]の[既定のプログラムの設定]を選択します。

[既定のプログラムを設定する]画面が表示されるので、左側の[プログラム]欄から、アプリ「Adobe Acrobat Reader」を選択します。

[既定でこのプログラムで開く項目を選択する]を選択します。

[プログラムの関連付けを設定する]画面が表示されるので、選択したアプリで起動したい拡張子にチェックをつけて、[保存]ボタンを選択します。

[.pdf]ファイルにチェックをつけます。

[既定のプログラムを設定する]の画面に戻るので、[OK]ボタンを選択します。

[規定のプログラムを設定する]の画面を閉じる

以上で操作は完了です。

「hp sure click secure view」をアンインストールするには「HP Client Security」をアンインストールします。

同じく「コントロールパネル」から「プログラムと機能」から実行します。

プログラム一覧から「HP Client Security Manager」を右クリックし「アンインストールと変更」をクリックしましょう。

ユーザーアカウント制御などが表示されたら「許可」をクリックします。

HP Client Security Managerのアンインストールウィザードが表示されるので、「次へ」をクリックし画面の指示に従って設定を続けましょう。

タイトルとURLをコピーしました