市居馨のお好み焼きレシピやお店の場所はどこ?wiki経歴やプロフも調査!

スポンサーリンク
未分類

市居馨さんはB級グルメの王者「お好み焼き」のメッカである広島でも随一の人気を誇る「お好み焼き いっちゃん」の店主。

広島県内に多数のお店を展開していますが、市居馨さんがキャベツの甘みを極限まで引き出すお好み焼きの焼き方をおうちでもできるように紹介してくれました

が誇るソウルフード・お好み焼き。「当代屈指」と評される職人・
「B級グルメを超えた」と評される

スポンサーリンク

市居馨のお店の場所はどこ?

当代屈指のお好み焼き職人と称される市居馨さんは広島県内に複数の店舗があるものの本店は広島市東区光町にあります。

お好み焼き いっちゃん 本店

■住所:広島県広島市東区光町1-6-30
■電話:082-567-6776
■営業時間:ランチ:11:00~15:00、ディナー:17:00~21:00
■定休日:火曜日
■アクセス:

広島バス 深川線 愛宕町 徒歩4分(290m)
広島バス 深川線 若草町 徒歩5分(330m)
芸陽バス かぐや姫号(西条インター経由) 東区役所前 徒歩6分(440m)

市居馨さんのお店「お好み焼き いっちゃん」はお好み焼き専門店としてミシュランガイドに掲載されています。

三つ星、二つ星、一つ星の評価からを得られたわけではないものの、安くてオススメできる店舗に与えられる「ビブグルマン」を獲得しています。

ちなみに、市居馨さんのお店「お好み焼き いっちゃん」意外に広島県でビブグルマンに認定されているのは、

菜づけ百屋 中町本店
しま川
あんべぇ
人ごころ
たかのはし 清耽
和ごころ 田じま
肴菜屋 二毛作

などがあります。

広島が誇るソウルフード・お好み焼き。「当代屈指」と評される職人・市居馨(66)に密着。専門店として初めて有名グルメガイドに掲載されるなど、そのお好み焼きは「B級グルメを超えた」と評される。秘密はキャベツの甘みを極限まで引き出す技術。ハイスピードカメラなどを駆使し、蒸気を巧みに操る職人技を解明する。だが市居の人生は平坦ではなかった。飲食業界が苦境にある今だからこそ響く、自称「お好みバカ」の生きざま。

https://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2020-06-30&ch=21&eid=03213&f=284

市居馨のお店の口コミは?

市居馨のツイッターやインスタグラム

市居馨のツイッター(お好み焼き いっちゃん)
@icchanekie

市居馨のインスタグラム(お好み焼き いっちゃん)
@icchanekie

市居馨のお好み焼きレシピ

市居馨さんはコロナで外出自粛になったことを受けておうちでもホットプレートでも失敗しないお好み焼きのレシピを披露してくれました。

■生地の材料 (4~5枚分)

薄力粉 100g
塩 ひとつまみ
牛乳 250ml
卵 1個

■[具材](1枚分)
粉がつお または 魚粉 ひとつまみ
キャベツ 250g
天かす 5g
もやし 40g
豚バラ肉(薄切り) 2~3枚
お好みソース 適量
青のり粉 適量

■レシピ(作り方)

  • ボールに薄力粉と牛乳を入れて、生地を伸ばす※牛乳を加えることで生地がのばしやすくなる
  • 塩少々を加え、卵を入れ、ダマをほぐすように混ぜ合わせ、約30分ほど寝かせる※泡だて器を使うことがダマにならない秘訣です
  • キャベツは焼き上がりの食感を調整するために葉を1.2cmの千切り、芯は約7mmの千切りにする
  • ホットプレートを160℃に熱したまで熱しサラダ油をなじませたら生地をお玉で素早く20cmほどに広げる
  • 魚粉(または粉がつお)を振る
  • ホットプレートの温度を250℃にしたらキャベツをふわったのせる
  • 天かす、もやし、、豚肉などお好みの具材をのせて1分ほど火を通す※鉄板の適温空いている場所に水を落とした時の跳ね方で温度を確認する
  • へらで手早くひっくり返して触らずに5分間火を通す
  • 山形に盛り上がったキャベツが平らになり、ヘラの端で生地を上から押して抵抗感なく下がったらうまく焼けてきたサイン
  • ホットプレートの空いている場所に、焼きそば(もしくは茹でた中華麺)をほぐして平らにし、サラダ油をたらす
  • やきそばの上にお好み焼きをのせて2分30秒火を通す
  • ホットプレートの空いている場所に卵を割り入れて卵黄を崩して薄く伸ばす
  • ヘラで卵が軽く押して「ジュッ」という音がしなくなったら、お好み焼きをのせてひっくり返す
  • 食べやすい大きさに切り、お好み焼きソースをかけ、青のり粉をかけて完成

お好み焼きでは、へらでついつい押したりたたいたりしてしまいがちですが、キャベツをふわっと置いてキャベツとキャベツの間に隙間を作ることがおいしく作るポイントです。

隙間があることで蒸気の通り道ができてより短時間で中まで火が通るようになり、キャベツの甘みも引き出せて一石二鳥です。

タイトルとURLをコピーしました