市川猿弥wikiプロフィール|ライジング若冲で中島勘兵衛

スポンサーリンク
未分類

市川猿弥さんは世襲制の歌舞伎の世界では珍しく、市川猿之助のもとに弟子入りをして歌舞伎に足を踏み入れています。

スポンサーリンク

市川猿弥wikiプロフィール

本名:調査中
生年月日:1967年8月15日
年齢:53歳
屋号:澤瀉屋
定紋:軸違いの二ツ葉澤瀉
所属:伝統歌舞伎保存会会員
体重:87kg
最終学歴:日本大学芸術学部演劇学科

市川猿弥さんは製本業を営む家庭に生まれ、三歳の頃から児童劇団で演劇を始めて舞台にも立つように。

すると歌舞伎の音羽グループという歌舞伎の子役の集団に見出されて、1975年1月歌舞伎座『菅原伝授手習鑑』寺子屋の寺子四郎蔵で久住良浩の名で歌舞伎の初舞台を経験し、小学校低学年からは歌舞伎の舞台に出るようになります。

1978年5月には、親が役者ではない人たちも積極的に取り入れている市川猿之助(現・猿翁)の部屋子となり、
1998年7月歌舞伎座『義経千本桜』の武蔵坊弁慶で名題昇進。

その後、南座『加賀見山再岩藤(かがみやまごにちのいわふじ)』の志賀市ほかで二代目市川猿弥を名のる。

市川猿弥の経歴

歌舞伎の世界は世襲制で代々の家柄によって形成されている一門がほとんどのため、門閥外から出世は極めて厳しい中、市川猿之助一門は例外的の例外と言えそうです。

『天守物語』亀姫眷属十文字ヶ原朱の盤坊
『操り三番叟』三番叟
『与話情浮名横櫛』番頭藤八
『壽三升景清』景清 岩永左衛門宗連
『黒塚』強力太郎吾

■市川猿弥の受賞歴
2000年 第二十一回松尾芸能賞新人賞。
2009年 重要無形文化財(総合認定)認定
伝統歌舞伎保存会会員

■市川猿弥の出演映画
シネマ歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』 – 紙屑屋久六 役
シネマ歌舞伎『天守物語』 – 小田原修理 役
シネマ歌舞伎『海神別荘』 – 沖の僧都 役
シネマ歌舞伎『ワンピース』 – ジンベエ / ティーチ(黒ひげ) 役

■市川猿弥の出演テレビドラマ
正月時代劇 ライジング若冲 天才 かく覚醒せり
クイズプレゼンバラエティー Qさま!!
くりぃむクイズ ミラクル9
「歌舞伎ナイン VS 水泳ナイン」
「2時間スペシャル」
ライオンのごきげんよう

ライジング若冲

市川猿弥さんは中村七之助さんが主役の絵師・伊藤若冲(桝屋源左衛門)を演じるドラマ「ライジング若冲 天才 かく覚醒せり」で尾張屋の主人・中島勘兵衛役で出演をします。

■ドラマ内容
謎多き江戸時代の天才絵師・伊藤若冲の実像を、その才能を目覚めさせた僧侶・大典顕常をはじめとする若冲を取り巻く芸術意識の高い京の人々との交流、代表作「動植綵絵」の誕生秘話を交え、緻密な考証と大胆な仮説をもとにドラマ化

大らかな陽性の芸風と滲む愛嬌、いきいきとした芝居や舞踊で劇世界を盛り上げる。根っからの善人も良し、悪逆非道な敵役も良し。三枚目や老け役も守備範囲とする立役で、女方でも愛らしさを発揮する頼もしい存在だ。澤瀉屋きっての個性派といえ、スーパー歌舞伎Ⅱ『ワンピース』では、海賊黒ひげで悪の香りを濃厚に漂わせ、魚人の親分ジンベエで侠気と情味を表現した。『新・水滸伝』の王英での恋模様の甘酸っぱさ、新作歌舞伎『NARUTO―ナルト―』の自来也での豪放磊落な可笑しみにも、この人ならではの朗らかな味わいがある。
https://meikandb.kabuki.ne.jp/actor/33/

市川猿弥のツイッターやインスタグラム

市川猿弥さんはツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

市川猿弥の高校や大学など学歴は?

市川猿弥さんの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、大学は日本大学芸術学部演劇学科を卒業しています。

市川猿弥の身長・体重は?

市川猿弥さんの身長については具体的な数字は公表されていないものの体重は87㎏です。

市川猿弥の結婚した嫁は?子供はいる?

市川猿弥さんは結婚しています。

嫁との結婚を考えていた時、母親に相談したことで、結婚の話がトントン拍子で進んでいき、現在は両親と同じビルの上下別の階で住んでいると話しています。

タイトルとURLをコピーしました