飯田祐基の大学や年収などwiki経歴を調査!ライバー社長

スポンサーリンク
未分類

飯田祐基さんは株式会社ライバー 取締役会長を務めていますが、もともとは自分自身がライバーとして活動し人気を得ていました。

後進のライバー育成にに力を注ぎつつ、ライバーの地位向上を図る活動を続けている飯田祐基さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

飯田祐基wikiプロフィール

名前:飯田祐基

生年月日:1992年3月11日

年齢:28歳

出身地:愛知県名古屋市

出身高校:名古屋高校

最終学歴:北里大学薬学部(中退)

職業:株式会社ライバー取締役会長

飯田祐基さんがネット配信を始めたのは受験の失敗がきっかけだったそうです。

2009年、18歳の時に志望校に合格できず浪人生活をしていたところ「東大受かりました!」という張り紙を見るたびに目眩がする病気にかかってしまい、現実逃避のために、インターネットラジオを開始。

2010年からは毎日のようにニコニコ生放送で配信を始め、リスナーの反応を取り入れながら工夫することで短期間のうちに人気のライバーへと成長。

その後は、コンビニの商品開発等に関わったり、グリーのCMコンテストで優勝し賞金100万円を獲得したりするといった実績を上げています。

飯田祐基の経歴

飯田祐基さんは大学中退後、インフルエンサーマーケティングのパイオニアとなるべく、22歳で株式会社テクサ(現・株式会社ライバー)を設立。

様々な企業chの運営、番組・動画制作を経験しインフルエンサーを起用した効果的なプロモーションと動画・ライブ配信広告を手掛けています。

飯田祐基さんはライバー業界発展させる新会社設立にあたって、一旦はWebや動画のコンテンツ製作会社に入社し、新規事業の開発などに携わります。

株式会社ライバーではターゲットの明確化、最適なプラットフォームの選定、分析ツールの導入など、実際にライバーとして生きていける術をライバーに提供。

経営陣には日本初のメルマガ配信システム「まぐまぐ!」の創設者であり、ライバーとしても活動していた深水英一郎さんなどがいます。

株式会社ライバー - 新しいライブエンターテインメントを創りだす
「ライブ配信」に特化した営業企画力とキャスティング力、制作能力をあわせもちながら、次世代エンターテインメントの開発をおこなう企業。それが株式会社ライバーです。

飯田祐基のツイッターやインスタグラム

飯田祐基のツイッター
@sunao709

飯田祐基のフェイスブック
@tekusaiida

飯田祐基のインスタグラム
@liveriida

飯田祐基の高校や大学など学歴は?

飯田祐基さんの通っていた高校は名古屋高等学校で中高一貫校なので名古屋中学校に通っていた可能性が高そうですね。

大学は北里大学薬学部に進学をしていますが、卒業を待たずに中退しています。

飯田祐基の結婚した嫁や子供は?

調査中
飯田祐基さんのプライベートについて調べられる範囲ではスキャンダルが報じられたこともなければ結婚に関する情報は一切ありませんでした。

飯田祐基の年収は?

飯田祐基さんは株式会社ライバーを設立すると、売上は倍々ゲームのように伸びているそうです。

資本金も今や2億円と東証一部上場企業にも引けを取らない規模になっていることから、飯田祐基さんの年収はどれだけ少なく見積もっても1000万円以上はあるとみて良さそうですね

タイトルとURLをコピーしました