iphone12でios16.1.1不具合・バグは?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

iphone12でios16.1.1にアップデートしても不具合の心配はないんでしょうか?

iosのアップデートでは、

iphoneが熱くなる
LINEがつながらなくなった
twitterやinstagramなどのアプリが起動しなくなった
アプリが強制終了する
エラーでアップデートできない
ダウンロードが途中で止まる
air podsと接続できない

といった不具合が起きるケースが多いですが、iphone12でiOS16.1.1に不具合・バグは?

スポンサーリンク

iphone12でios16.1.1不具合・バグは?

iPhone8からiPhone14まで対応の「iOS16」で見逃しがちな便利機能

2022年9月にiPhone14が発売となり、それに伴ってiOS16が正式リリースされました。今回アップデートに対応している機種は、iPhone8以上とiPhone SE(第2世代以降)。そのため「最新のiPhoneに変える予定はない」という人も、iOS16にアップデートすることで、さまざまな新機能が使えるようになります。

そこで今回は、iOS16によってできるようになったことや、知っておくべき新機能について解説。ウェブディレクターのかたわら、iPhoneやMacなどのApple製品やITツールについて自身のブログでも発信している、ばんかさんに教えていただきました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16a547acbbaa7e8539462c8a4dfafc8a79c35d02

iOS 16では写真の切り抜きやホーム画面にウィジェットが表示できるようになり、さらに複数のホーム画面を作成して切り替えることも可能になりました。

ただiPhone 12でiOSを16.1.1にアップデートしたところ、不具合・バグが発生して困っているという口コミもみられます。


ほぼどのアプリで使っても、途端にフリーズ(スクロールがボタン操作など、画面へのタッチ操作及びハードボタンによるスクショや画面スリープなどの操作含めて全てできない)し、30秒~1分ほどその状態が続いて自動で再起動となります

YouTubeの動画を観ていても、10分と持たずにフリーズ
LINEのメッセージを打ち込んでいても数行打ったところでフリーズ


ただ実際には、iOS16.1.1のバグではなく、もともと自分の端末に内在していた不具合・障害因子が、今回のアップデートをきっかけに発症したケースもあるようです。

このようなアップデート後の不具合は、iOSのみならず、AndroidOS、Windows、MacOSでもよく見られます。

iOSをクリーンインストールすれば、解決します。

今後、クリーンインストールによるiOSアップデートを行なえば、アップデート時のトラブルは大幅に減ります。

iPhone、iPad、iPod を初期化する (工場出荷時の設定に戻す)
初期化する (工場出荷時の設定に戻す) と、iPhone/iPad/iPod 上の設定やデータがすべて消去され、最新バージョンの iOS/iPadOS/iPod ソフトウェアがインストールされます。 

※クリーンインストールを実行する前にくれぐれも「バックアップ」しておきましょう。

iPhoneやiPadをパソコンに接続してiTunesを起動していて、メニューバーから「ファイル」→「デバイス」→「購入した項目を”iPhone”から転送」をクリックします。

次にiPhoneまたはiPadのバックアップを取ります。 バックアップの項目にて「このコンピューター」を選んで、「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れたあと、今すぐバックアップ」をクリックします。

iphone12でios16.1.1不具合・バグは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました