石川拓慎が逮捕!箱根駅伝で駒沢大アンカーに大八木監督「おまえ、男だ!」

スポンサーリンク
0未分類

箱根駅伝で駒沢大アンカーを務めた石川拓慎容疑者が、18歳未満の少女とみだらな行為をしたとして、東京都青少年健全育成条例違反などの疑いで逮捕されたと報道されています。

スポンサーリンク

石川拓慎が逮捕!箱根駅伝で駒沢大アンカーに大八木監督「おまえ、男だ!」

駒大・大八木監督「62歳」何ともエモい指導の神髄

2021年の箱根駅伝は駒澤大学が最終10区で3分以上のタイム差を大逆転して総合優勝しました。9区を終えてトップの創価大学と2位の駒大は3分19秒差。初優勝を狙う創価大にとっては明らかにセーフティーリードといえるものでしたし、追いかける駒大も10区で大逆転が起きるとは想像していませんでした。

しかし、駒大は“奇跡”を演じました。両校の差は蒲田(10区5.9km地点)で2分45秒に縮まり、15kmを過ぎたところで大八木監督が乗る運営管理車からも創価大の背中が見えてきました。そこからは箱根路の名物ともいえる「男だろ!」の檄が響きわたり、残り2kmで逆転、ミラクルVを手にしたのです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/01aef2a3cc39e81c8d293fc7f464839026de6ac2

駒澤大の大八木監督が箱根逆転優勝の要因を分析。ピタリとハマった狙い

今年の箱根駅伝で駒澤大は、目標を3位以内としていたものの、10区で創価大との3分19秒差を逆転して13年ぶり7回目の総合優勝を果たした。

 駒澤大は、昨年11月の全日本大学駅伝も6年ぶりに制している。チームとしては、エースの田澤廉(2年)を筆頭に、1年生と2年生に勢いがあり、谷間の世代とも呼ばれる3年生は、起用されてこなかった。これまでも現3年生は、前回の箱根10区(区間7位)を走った石川拓慎以外、3大駅伝の経験がなかった。

「全日本は田澤をアンカーにして、4年の小林歩と1年エースの鈴木芽吹のどちらかを17.6kmの7区に起用し、外れた方を真ん中の区間に持っていけば優勝できると考えていたんです。結果的にはその通りになりましたが、つなぎの6区は、石川と山野力(2年)のどちらを使うか迷い、5000mの結果がよかった山野を使い、石川は箱根に取っておくことにしました。それを決めた時に、3年間コツコツとスタミナを積み上げてきた、石川以外の3年生も箱根で使いたいなと思ったんです」

名前:石川拓慎(いしかわ たくま)

生年月日:1999年10月27日

出身:千葉県千葉市

身長:163cm

体重:49kg

出身中学:千葉市立蘇我中学校

出身高校:拓大紅陵高校

最終学歴:駒澤大学大学経済学部現代応用学科

■自己ベスト
・5000m:13:59:41(多摩川5大学対校長距離競技会)

・10000m:28:45:94(10000m 記録挑戦競技会)

・ハーフマラソン:1時間03分07秒(上尾シティハーフ)

調べてみると、中学校と高校の時には「石川拓慎」ではなく井内拓慎として活動しています。

タイトルとURLをコピーしました