伊藤匠wiki戦績|出身高校は?父親は弁護士の伊藤雅浩?

スポンサーリンク
未分類

伊藤匠さんが2020年に四段昇格を果たしプロ棋士となりました。これで藤井聡太2冠をぬいて現役最年少のプロ棋士となりました。

この記事では藤井聡太選手とは同年代で次世代の棋士として注目を集める伊藤匠四段のプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

伊藤匠wikiプロフィール

名前:伊藤匠(読み方:いとう たくみ)
生年月日:2002年10月10日
年齢:18歳
出身:東京都世田谷区
大師匠:高柳敏夫 名誉九段
師匠:宮田利男 八段
得意戦法:相掛かり

伊藤匠四段は5歳のクリスマスに父親から将棋セットをもらったことで興味を持つと
小学生の低学年で東京・大田区蒲田にある将棋クラブに入会。

大人と対局するために出入りするようになると、
小学4年生の時には師匠の宮田利男八段に初勝利。

2012年1月学年別将棋大会では藤井聡太二冠の3位を抜いて準優勝の成績を収め、2013年9月に奨励会に入会

ただ三段に昇格するのに苦戦を強いられてしまい2018年4月から三段リーグに参加するようになると、
東の天才とも呼ばれる増田六段をに勝利するなど着々と実力を養っていました。

ちなみに、藤井聡太二冠が2018年に朝日杯で初優勝したときに記録係を務めたのが実は伊藤匠四段でした。

カラフル/もっと強くなるために 伊藤匠くん

伊藤匠の経歴

伊藤匠四段は2020年「奨励会」の第67回三段リーグで14勝2敗と残り2局に連敗しても1位になることが確定。

2020年10月1日付でプロ棋士の四段になることが決りました。

伊藤匠の年齢は藤井聡太二冠と同年代・同学年ではあるものの、誕生日を考えると約3カ月年下となることから現役最年少棋士の誕生となりました。

ちなみに、藤井聡太2冠は2016年に史上最年少の14歳2カ月で棋士となっています。

伊藤匠の戦績

小学生の頃に「将棋のプロになってタイトルをとること」という夢を抱いていた伊藤匠四段。

小学校1年のとき、全国大会で学年優勝を果たすと東京江東区の将棋クラブや、JT東京大会などでも優勝経験があります。

所属する宮田利男八段の三軒茶屋道場からは斎藤明日斗、本田奎に次ぐ3人目のプロ棋士誕生となりました。

■三段リーグ通算先制機

順位人数勝利敗北
631737108
64633126
651033108
66133099
67131122

通算5期53勝33敗 (0.616)

藤井聡太との対戦成績

伊藤匠四段は藤井聡太2冠とは何度か対局歴が残っています。

小学3年生の時に出場した第9回小学館学年誌杯争奪全国小学生将棋大会では準決勝で対局し伊藤匠四段が勝利を収めています。

優勝は川島滉生さんという方で、奨励会には入っていないものの、
2018年高校選手権で優勝するアマチュア将棋の実力者として知られています。

伊藤匠のツイッターやインスタグラム

伊藤匠四段はツイッターやインスタグラムにはアカウントを開設していないようです。

伊藤匠の高校や大学など学歴は?

調査中

伊藤匠四段は東京生まれ・東京育ちのようなので、通っている高校は少なくとも都内の学校、
住んでいるのが世田谷区なので自宅近辺の通いやすい学校に通っていたんじゃないでしょうか。

伊藤匠の父親は?

伊藤匠四段の父親は、過去に将棋のプロを目指していたわけではなさそうですが、
伊藤雅浩さんという弁護士をしている方になります。

伊藤匠四段の活躍について、折を触れてツイッターでたびたび触れています。

■伊藤雅浩さんのプロフィール
生年月日:1971年
年齢:49歳
職業:弁護士(東京弁護士会所属)
高校:千種高校
最終学歴:名古屋大学大学院工学研究科情報工学 → 一橋大学法科大学院
趣味:イタ車とジャズと将棋
ツイッター:@redipsjp

タイトルとURLをコピーしました