かりすまーず経歴をwiki調査!あゆが結婚をブログで報告!

スポンサーリンク
0未分類

かりすまーずはお笑い芸人のあゆ・幹てつやの2人による男女お笑いコンビとして結成されました。

ただ現在は2人が結婚したため夫婦漫才コンビとなったかりすまーずさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

かりすまーずwikiプロフィール

名前:あゆ

旧芸名:久保美沙(くぼ みさ)

出身地:茨城県

生年月日:1984年10月09日

年齢:26歳

身長:165cm

体重:53kg

血液型:B型

趣味:激辛料理を食べること

特技:ものまね、書道5段、ダンス

かりすまーず・あゆのツイッター:@misakubo

かりすまーず・あゆのフェイスブック:@yoshimoto.misakubo

かりすまーず・あゆのtiktok:@ayukarisumazu

かりすまーず・あゆのブログ

激辛料理好き。

かりすまーず・あゆは、事務所「KRエンターテイメント」に所属したときには久保 美沙の芸名で活動しています。

2012年10月1日付けでよしもとクリエイティブエージェンシー(現・吉本興業)に所属が決まると同時に芸名を現在の「かりすま~ず あゆ」に改名[2]。

かりすまーずwikiプロフィール

名前:幹てつや

本名:佐川 顕一朗

生年月日:1967年07月05日

年齢:54歳

身長178cm

体重:70kg

血液型:O型

出身地:大阪府豊中市

出身高校:関西大学第一高校

最終学歴:大阪体育大学

趣味:曲作り、バレーボール

特技:曲作り、ものまね

かりすまーずのツイッター:@mikitetsuya

かりすまーずのインスタグラム:@mikitetsuya

かりすまーずのフェイスブック:@yoshimoto.mikitetsuya

かりすまーずのブログ

師匠は落語家の六代目桂文枝さん。

ボキャブラ天国では、ランクはほぼ毎回下位ながらキャブラーとしてほぼレギュラー出演していて、「キー坊」という名前のキーボードネタが定番。

逆に「ボキャブラ天国」終了後は死んだぐらい露出が突然減ってしまったため、ファンを中心に幹さんの「死亡説」が出回るほどでした。

ショルダーキーボードを手に「♪ミ~キ ミキ ミ~キ ミキテツヤ」と自分の名前を連呼しながら歌う掴みから、ネタを披露スタイル。

「歌う理科のお兄さん」としてサイエンスショーで全国を回ったり、役者としても活動。

お笑い芸人以外にも「キングオブコント」の司会や、お笑いの講師といった仕事もしています。

2015年5月にシカゴにある即興コントの本場 「Second Sity」でインプロを学び、日本人初として「Second Sity」の舞台に立つ。

役者としては2016年にドラマ『鴨川食堂』全8話にレギュラー出演。

芸名の由来は、大のディズニーのファンだったことからミッキーマウスに引っ掛けたそうです。

2017年2月には芸名を「ミッキーボード」に改名したものの、半年ほどで自分で言うのが恥ずかしくなり元の「幹てつや」に戻しています。

かりすまーずの経歴

かりすま~ず 結婚式ネタ

youtube:かりすま~ずTV 【年の差夫婦芸人】

所属事務所:吉本興業東京本社

幹てつやが矢沢永吉の熱狂的なファンでもあり矢沢永吉のモノマネを得意としていることから、かりすまーずでは浜崎あゆみのモノマネ芸人・あゆとモノマネ芸を得意としています。

あゆが吉本興業に移籍して来た2012年にコンビ結成していますが、2011年の時点で既にかりすま~ずとしての活動をスタートさせています。

元々は何の関係もない2人でしたが、2012年に結婚したことで夫婦お笑いコンビとなるります。

2014年12月8日に入籍すると2015年7月20日にアメリカ・ラスベガスで挙式

2017年1月25日、第一子の長男が誕生し2020年2月1日、第二子の長女が誕生しています。

■かりすまーずの出演テレビ番組
なら婚(日本テレビ)- 不定期ゲスト
結婚したら人生劇変!○○の妻たち(TBS)- 2017年6月12日
痛快!明石家電視台(MBSテレビ)
しゃべくり007(日本テレビ)
吉本坂46が売れるまでの全記録(テレビ東京)
青のSP―学校内警察・嶋田隆平―(関西テレビ放送制作、フジテレビ系)- 2021年1月12日(第1話)

かりすまーずの高校や大学など学歴は?

かりすまーず・あゆの通っていた高校については学校名は明らかになっていないものの、

幹てつやさんは関西大学第一高校を卒業して、大学は大阪体育大学に進学をしています。

高校時代はバレーボールで大阪府優秀選手賞を受賞するほどの選手で、1988年には 日本たばこ女子バレー部アシスタントコーチを数ヶ月間務めていた経歴がありまsう。

その後おm、母校のバレー部コーチを務めたり、1996年にはアトランタオリンピック女子バレーボールチーム壮行試合エキシビジョンマッチ出場。

ビーチバレー「ぴあカップ大会」にも出場経験があります。

タイトルとURLをコピーしました