カスパー・ハウザー実在の王族?能力は?映画ネタバレは?なぜ暗殺?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

カスパー・ハウザーは人間社会から隔離されて育てられたことから「カスパー・ハウザー症候群」の由来伴っています。

カスパー・ハウザーはどうして牢獄に閉じ込められていたのでしょうか?実在の人物?

スポンサーリンク

カスパー・ハウザー実在の王族?能力は?

カスパー・ハウザーは1828年3月26日にドイツのニュルンベルクで発見された少年で幼少の頃のほとんどを地下牢のような場所に幽閉されていたと考えられています。

カスパール・ハウザーの正体についてはバーデン大公家の世継説、戦災孤児説など各種の推察がなされていますが、未だ決定的な物証がないため確定されていません。

DNA鑑定では、カスパーの指紋から検出したものが、かなりの部分アストリッド・フォン・メディンガー(バーデン大公カールの妃であるステファニー・ド・ボアルネの子孫)と一致することが分かったようですが、これすらも「何かを証明するレベルではない」といった状態です。

カスパー・ハウザーなぜ暗殺?

カスパー・ハウザーは発見後めざましい回復を遂げたが、1833年12月17日に暗殺されています。

法医学者のアルベルトとコッペンの証言によれば、正体不明の男に襲われ、その際の刺傷が原因で亡くなったとされている

何故投獄されていたのかは定かではありませんが、暗殺された理由は、カスパーが話せるようになり、自分が何故投獄されたのか?誰にそんなことをしたのか?などの質問に答えられるようになってしまったから投獄した人物、もしくは関係組織が暗殺したのではないか?と言われています。

ちなみに、カスパー・ハウザーのように幼児期に言葉の存在しない環境で成長し生き延びたケースとしては、下記のような例があります。

■ソグニーの少女

発見当時9~10歳程度。
魚やカエルを生のまま食べ、しゃべるかわりに金切り声をあげた。

※ある程度言葉を話せるようになり尼僧になった。

■オーバーダイクの救貧施設で保護された二人の野生児
※1人目の野生児は保護されたときは、ほとんど言葉を話せなかった。その後精神発達がみられ、豚といっしょに生活をしていた過去を語った。

※2人目の野生児は、鳥とその習性について高い知識を持っていたとされる。木に登って鳥や卵をとって食べるのがうまかったという。

■野生児サニチャー

狼の巣穴から発見されたインドの少年。
資料は比較的豊富に存在し、本人の写真も残されている。

※もともと白痴であったと考えられている。

■小ターザン

発見当時5歳程度で、叫び声やほえ声を上げるだけでほとんど話せず、原始的な状態だった。

※農業の専門学校で教育を受け、年齢相応の読みや算数ができるようになった。

■日本での隔離児の事例

3.3平方メートル程度の囲いの中に2年間以上監禁されていた女の子。

※発見当時は6歳だったが発達は1歳半程度とされ、言葉も数語程度しか話せなかった。
しかし救出後には専門家の予想を上回るペースで回復していき、3年後には運動能力は年齢相応の水準に達した。
学習面でも短期記憶力に難はあったが、中学卒業後には無事に県立高校に合格することができた。

カスパー・ハウザー映画ネタバレは?

映画『カスパー・ハウザーの謎』(原題:Jeder fur sich und Gott gegen alle)は19世紀のドイツ・ニュルンベルクに実在した素性不明の孤児カスパー・ハウザーを描いた1974年制作の西ドイツ映画。

主人公は実在する人で王侯貴族の出で、陰謀で捨てられたことが明らかになっていくまでの謎を解明していくストーリーではなく、主人公の死後に解剖して、脳が萎縮してるので、知恵遅れが解明されたという展開になっています。

カスパー・ハウザーにネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました