キーチャント・スーウェルの経歴をwiki調査!女性初ニューヨーク市警察本部長

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

キーチャント・スーウェルはニューヨーク警察初の女性本部長、3人目の黒人コミッショナーとなりました。

キーチャント・スーウェルさんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

キーチャント・スーウェルwikiプロフィール

名前:キーチャント・スーウェル(Keechant L Sewell)

生年月日:1972年4月2日

年齢:49歳

国籍:アメリカ

出身地:ロングアイランドシティ

職業:行政官

現在ナッソー郡警察の刑事部長

キーチャント・スーウェルはクイーンズブリッジハウスの公営住宅育ち。

その後、クイーンズ地区のコロナとジャマイカに住み、そこで元ニューヨーク市警の刑事ジョン・ウェスリー・ピアースに師事

この祖父代わりの刑事と、アメリカ海兵隊員だった実父の影響を受け警察官を志すようになります。

バレーストリームロングアイランドに住んでいましたがニューヨーク市に移住。

ニューヨーク-ニュージャージー合同テロ対策本部のメンバー

キーチャント・スーウェルの経歴

1997年10月、キーチャント・スーウェルはナッソー郡警察第五分署に配属される警察官となった。

2008年にはFBIナショナルアカデミーに参加し、職業基準局、内務、FBIの訓練を受けて郡の主任人質交渉官となるなど、様々な任務を歴任。

2020年9月24日、スウェルはNCPDの刑事課長に昇進し、合計約350人のスタッフを指揮することになった。

2021年12月14日、エリック・アダムス次期市長により、キーチャント・スーウェルが第45代ニューヨーク市警察本部長に任命されることが発表された。

ニューヨーク警察初の女性コミッショナー、3人目の黒人コミッショナーとなる

タイトルとURLをコピーしました