教祖のムスメ(ドラマ)あらすじ|原作は小説?漫画?韓国リメイク?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「教祖のムスメ」はとある高校に通う生徒、その家族が疑惑と混乱の渦へ巻き込まれていくさまが描かれる学園サイコサスペンス。

子役時代から活躍する俳優、池田優斗さんや茅島みずきさんなどが出演しますが、原作となる小説や漫画はあるんでしょうか??韓国ドラマのリメイク?

スポンサーリンク

教祖のムスメ(ドラマ)原作は小説?漫画?韓国リメイク?

茅島みずき主演『教祖のムスメ』6月2日放送開始 共演に藤原大祐、豊嶋花、莉子ら

茅島みずきを主演に迎えた新ドラマ『教祖のムスメ』が、MBSドラマ特区枠にて6月2日より放送されることが決定した。

本作は、突如転校してきたミステリアスで美しい女子高生をきっかけに、同級生の双子の兄妹や生徒たち、そしてその家族までもが、疑惑と混乱の渦へと知らず知らずのうちに巻き込まれていく、学園サイコサスペンス。コンテンツスタジオstoryboardが企画・制作する完全オリジナルドラマとなっている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a8afd377562776810c67e2b8b43874483bb8227d

ドラマ「教祖のムスメ」ミステリアスで美しい女子高生が突如転校してきたことをきっかけに、同級生の双子の兄妹や生徒たち、そしてその家族までもが、疑惑と混乱の渦へと知らず知らずのうちに巻き込まれていくというストーリー。

調べてみると、ドラマには原作となる小説や漫画はありません。

コンテンツスタジオstoryboardが企画・制作する完全オリジナルドラマとなっています。

教祖のムスメ(ドラマ)あらすじ

突如転校してきた、ミステリアスで美しい転校生・桐谷沙羅(茅島みずき)。彼女には、ある秘密がある。

湯田一真(藤原大祐)は、双子の妹・いちか(豊嶋花)が、同じクラスの黒沢美優(小栗有以)からいじめられていることに気づいていたが、何もできずにいた。人生に絶望を感じたいちかは、学校の屋上から自殺しようとするが、間一髪のところで沙羅が現れ、「壊れるべきはあなたじゃない」という言葉に救われる。そして沙羅は、一真にいちかをいじめから救おうと提案するが、美優や中野亜紀(莉子)らクラスの一軍に逆らうことを恐れた一真は、逃げ出してしまい…。

その頃、一真といちかの父親・湯田正広(萩原聖人)は、編集長を務める週刊新春の編集会議に出ていた。死刑判決が下るカルト集団の教祖について、記者から記事化したいという声が上がるが・・・。

一方、沙羅は、いちかのために、予想だにしない行動を取り―?!

「どんな嘘でも、誰かが信じたらそれはひとつの真実になる」、この言葉の真相とは―。

タイトルとURLをコピーしました