宮尾俊太郎の身長や高校などプロフ調査!年収やイケメン画像もチェック!

スポンサーリンク
未分類

宮尾俊太郎さんといえばバレエダンサーでもあり以前はアナザースカイで今田耕司さんとともに司会を務めたりドラマにも出演をしていましたよね。

フランス語を流ちょうに話せることからNHKフランス語講座にも出演するようになった宮尾俊太郎さんですが、気になる身長や出身高校といったプロフィール情報を調査

バレエ団ダンサーとしての年収などの経歴やイケメン画像もそろえているのでぜひ最後まで楽しんでいただければと思います!

スポンサーリンク

宮尾俊太郎の嫁は真矢みき?結婚の真相は?

宮尾俊太郎さんの経歴やプロフィールについて調べると必ずと言ってよいほど目にするのが結婚した嫁は真矢みきさんではないか?という話です。

「火のない所に煙は立たぬ」なんていうことわざもありますから、宮尾俊太郎さんと真矢みきさんは結婚せずとも交際していた彼氏彼女の関係だったのかも?

真矢みきさんも、もともとは宝塚の舞台でミュージカル女優として活躍をしていたわけですから、ダンスというジャンルで宮尾俊太郎さんとは共通点がありますが、
真矢みきさんとの結婚が騒がれた背景には、真矢みきさんが本当の結婚した旦那さんがバレエダンサーだったことが挙げられます。

今でこそ旦那さんの名前は西島数博(にしじまかずひろ)だということがわかっているものの、結婚報道があった当初は名前が出ていなかったことから、
当時、テレビの露出が多かった宮尾俊太郎さんが噂の矢面に立ったのが真相のようです。

宮尾俊太郎と宮尾すすむは父親・息子の親子関係?

宮尾俊太郎さんの父親は宮尾すすむさんかもしくは血縁関係者ではないのか?という噂も目にします。

実際に芸能界には兄弟とか従兄といった感じで血縁関係がある有名人は意外とたくさんいて、例えば松丸亮吾さんとメンタリストのDaigoさんは兄弟だし、
槇原敬之さんとROLLY(ローリー寺西)はいとこ同士という間からです。

宮尾という名字はどちらかというと珍しい苗字なので、宮尾俊太郎さんと宮尾すすむさんが何らかの関係があってもおかしくなさそうですが、赤の他人です。

ご先祖様をたどっていけば同じルーツにたどり着くかもしれませんが、
少なくとも宮尾俊太郎さんの本当の父親は北海道札幌市で音楽教室の先生をしていることがわかっています。

宮尾俊太郎の家族構成は?母親と父親の仕事は?

宮尾俊太郎は4人家族で、父親はヴァイオリンの先生で母親はピアニストという音楽一家で育っています。

宮尾俊太郎の年収は?

宮尾俊太郎さんの愛車はちょっと古い情報になりますが「ボルボV60」です。

所有する車と年収には「無理なく購入できる車の価格帯は、おおよそ年収の半分が目安」業界で有名な車選びの基準があることから、
ボルボV60の新車車体価格は500万円程であることから、宮尾俊太郎さんの年収は1000万円程度ではないかと推測されます。

宮尾俊太郎wikiプロフィール

生年月日:1984年2月27日(32歳)
北海道札幌市厚別区
札幌市立小野幌小学校
札幌市立厚別中学校
北海道有朋高等学校
カンヌ・ロゼラハイタワーバレエ学校」に留学 フランス
身長:184センチ
体重:73キロ

宮尾俊太郎さんはかなりの潔癖症で、テレビ番組で潔癖ぶりを紹介した時には共演者からドン引きされたほど。

芸能人のお宅拝見では、間違いなくカメラが入る前に家の中を整理して徹底的に掃除をしているはずですが、
宮尾俊太郎さんの場合、部屋の隅から隅までどこをチェックしてもホコリひとつない完璧な仕上がりで、とても1日や2日できれいにできるレベルではなかったことが明らかにされていました。

そんな宮尾俊太郎さんは父親の勧めで3歳からヴァイオリンを習っており、将来はバイオリニストになることを期待されていたものの、
14歳の時にテレビCMで見た熊川哲也さんの姿に衝撃を受けてバレエを志すことになりました。

ちなみに、そのCMとは年代などから考えるとこちらのコーヒーのCMではないかと思われます。

【CM 1997】Nestle GOLD BLEND 60秒

宮尾俊太郎の経歴

宮尾俊太郎さんは当初は海外でのバレエ活動を目指していたようですが、なかなかバレエ団に入団が決まらず、20歳(2002年)のときにいったん帰国。

日本では熊川哲也さんを育てた久富淑子さん主宰の「久富淑子バレエ研究所でさらにバレエの稽古に励むと、
熊川哲也さんのK-BALLET COMPANYに入団が認められます。

めきめきと頭角を現していった宮尾俊太郎さんは、ソリスト、ファースト・ソリストと順調にキャリアアップをしていき2012年10月にバレエ団を代表する「プリンシパル・ソリスト」に昇格。

その後は「白鳥の湖」で世界最高峰のダンサー、ニーナ・アナニアシヴィリさんとペアを組んだり、
2Ballet Gentsを発足させて自らが座長に就任するなど日本のバレエ界の第一線で活躍を続けています。

芸能活動では2008年には「たかの友梨ビューティークリニック」のCMで米倉涼子さんの共演などで注目されるようになり、
「アナザースカイ」の司会にも抜擢されると、ドラマにも起用されるようになりましたね。

宮尾俊太郎のツイッターやインスタグラム

宮尾俊太郎のインスタグラム
@shuntaro_miyao

宮尾俊太郎のツイッター

宮尾俊太郎の高校や大学など学歴は?

宮尾俊太郎さんが日本で通っていた学校はmixiの書き込みを信頼すると

小学校:札幌市立小野幌小学校
中学校:札幌市立厚別中学校

のようです。

宮尾俊太郎さんが通っていた高校は公立高校でありながら「通信制」と「定時制」のみの珍しい有朋高等学校に通っています。

中学生のころにはすでに廊下で踊っていたほどの宮尾俊太郎さんですから、
高校はどちらかというと日中に授業で縛られることはない点から考えると、バレエを本格的になるためにフランスに旅立つまでのつなぎ的な感覚で選んだのではないでしょうか。

フランスへ渡った後に通ったのは世界屈指のバレエ教育を実践していることで知られるカンヌのロゼラハイタワーバレエ学校。

希望すれば誰もが入学できるような学校ではなく、世界各国から選び抜かれた150人ほどの若き才能のみが集められており、
宮尾俊太郎さんは14歳からバレエを始めて入学を果たしているのは、生まれ持っての運動能力と音楽一家で育った環境のたまものではないでしょうか。

ロゼラハイタワーバレエ学校では、元エトワール(パリ・オペラ座バレエ団のダンサーの最高地位)で「名花」と呼ばれたモニク・ルディエールさんに師事しています。

宮尾俊太郎の身長・体重は?

宮尾俊太郎さんの身長は184㎝とかなりの高身長で、同じくバレエダンサーで憧れの熊川哲也さんの身長174㎝を大幅に上回っていることがわかります。

宮尾俊太郎の彼女はいる?

宮尾俊太郎さんは潔癖症でありなおかつミニマリストという性格の持ち主。

自宅には片付けの方法や掃除の仕方に関するハウツー本がずらりと並べられていて、1日に何度も床を水拭き。

米軍式のTシャツの畳み方で超コンパクトにするなど、余計な家具は一切置かず、小物類までピシッと揃えるほどの徹底ぶりですから、
宮尾俊太郎さんに彼女はいるのかとういと、過去に交際した女性は何人もいたようですが、長続きはしないようですね。

ちなみに、宮尾俊太郎さんの元カノとして週刊誌にスクープされた芸能人があの北川景子さんでした。

2010年に映画「花のあと」で共演した北川景子さんとはお二人が都内のコンビニで待ち合わせて後宮尾俊太郎さんのマンションに入る姿がスクープ。

翌朝、二人が別々にマンションを後にして一夜を明かす様子が報じられましたが、
北川景子さんはDAIGOさんと結婚していますね。

宮尾俊太郎のイケメン画像

View this post on Instagram

久しぶりに連続ドラマIQ246にレギュラー出演いたします!よろしくお願いします! 私の役名は山田次郎です。 #ドラマ #iq246 #織田裕二 #土屋太鳳 #ディーンフジオカ #宮尾俊太郎 #真飛聖 #中谷美紀 TBSでは今秋10月から日曜劇場枠の新ドラマとして織田裕二主演「IQ246~華麗なる事件簿~」がスタート! この作品はやんごとなき貴族の流れを汲みながら、時の権力とは無関係に、代々ありとあらゆる学問のみを探求してきた法門寺(ほうもんじ)家の末裔で現89代目当主、沙羅駆(しゃらく)が、嫡子だけに連綿と受け継がれるという“IQ246”という異能を武器に、世にはびこる難事件を鮮やかに解決する本格ミステリー。ストーリーは1話完結で子供から大人まで幅広い層の視聴者が楽しめる上質な作品となっている。  出演者には主人公・法門寺沙羅駆を演じる織田裕二を中心に、土屋太鳳、ディーン・フジオカ、真飛聖、矢野聖人、篠井英介、寺島進、そして中谷美紀と個性豊かなキャスト陣が集結していることをすでに発表しているのだが、今回、日本のバレエ界を牽引している人気バレエ団“Kバレエカンパニー”のプリンシパルとして活躍しているバレエダンサー・宮尾俊太郎が、レギュラー出演者として加わることが決定。連続ドラマのレギュラー出演は2010年放送の「ヤマトナデシコ七変化」以来、今作が2作目となる。

A post shared by 宮尾俊太郎 SHUNTARO MIYAO (@shuntaro_miyao) on

■宮尾俊太郎のバレエ動画や出演テレビ番組

宮尾俊太郎さんのドラマ初出演は2010年『ヤマトナデシコ七変化』で、同じく亀梨和也さんもこのドラマが初主演でした。

最近では、2018年放送の『下町ロケット』にも工場員役でゲスト出演をしていました。

熊川哲也 Kバレエカンパニー シンデレラ
「ボレロ」 ラヴェル作曲 宮尾俊太郎(バレエ)
タイトルとURLをコピーしました