宮田一輝(フレンチトースト)のレシピやお店の場所は?#マツコの知らない世界

スポンサーリンク
未分類

宮田一輝さんは「フレンチトースト研究会」の発起人で日本でただ一人、フレンチトーストを専門に食べ歩き取材をしているフレンチトーストのジャーナリスト。

これまでに10年以上も費やし1,000種類以上のフレンチトーストを食べ歩いていた宮田一輝さんの気になるプロフィールやおすすめのフレンチトーストのお店、レシピなどを紹介します!

スポンサーリンク

宮田一輝wikiプロフィール

宮田一輝さんは「食感のグラデーションを楽しむ!」究極のフレンチトーストを探し求めて、
フレンチトーストを食べ歩いているわけですが、出身地や年齢、通っていた高校や大学などプロフィールがほとんど明らかにされていません。

現在の職業に関しても元パティシエという経歴であることから、
おそらくは飲食関連に勤めていると思われるものの、詳しい情報が判明次第、ブログに記事を追記します。

宮田一輝の経歴

宮田一輝の食生活はフレンチトースト以外の唯一の食べ物がラーメンという修行のような毎日を過ごしているようですが、なぜフレンチトーストにそこまでこだわるのか?

マツコの知らない世界で「先輩に対する復讐」であることが明らかにされましたね。

テレビ出演歴

マツコの知らない世界!「フレンチトーストの世界」1000軒から厳選!ふわふわ!パリパリ!食感にこだわった絶品フレンチトースト!激戦区はまさかの○○区!?お家で簡単にマネできるお店の味!マニアの中で物議を醸す!「ふわふわ派」「パリパリ派」問題!フレンチトーストの極上食感にマツコ大興奮!

http://www.tbs.co.jp/matsuko-sekai/

ツイッターやインスタグラム

宮田一輝のツイッター:@Freto_miya

宮田一輝のインスタグラム

宮田一輝のブログ:フレンチトースト研究会

宮田一輝さんおすすめのフレンチトーストレシピ

フレンチトーストは名前に「フレンチ」が含まれているものの実はフランス発祥ではなさそうです。

フレンチトーストの歴史は古代ローマ帝国の時代までさかのぼる皓ができて「ジョーゼフ・フレンチ」というアメリカ人が命名したという伝承がフレンチトーストの語源とされています(※諸説あります)

ネーミングに関してはサンドイッチやハンバーガーと似たようなものがありますね。

ちなみにフレンチトーストはフランス語ではなんというのかというと「pain perdu(パンペルデュ)」で日本語にそのまま直訳すると「(風味が)失われたパン」。

つまり「古くなって食べられないパン」という意味があるようにフレンチトーストは、硬くなって食べにくくなったパンにミルクや卵などの卵液(アパレイユ)を染み込ませることで、美味しく食べられるようにした食べ物というわけですね。

前置きが長くなりましたが宮田一輝さんおすすめのフレンチトーストのレシピをざっと紹介します。

■材料
卵 1個
グラニュー糖 10g
牛乳 100ml
イギリスパン 4㎝幅1枚
バター 20g(2㎝角のキューブ型6個)

■レシピ

食べやすいサイズにカットしたパンを1日乾燥させる
卵、砂糖、牛乳のアパレイユ(卵液)に1日漬け込む
高温のオーブンで一気に焼き上げる

好みにもよりますがこのレシピでフレンチトーストを作ることで
外はカリカリ、中はフワトロの食感に仕上がります。

パンの乾燥はちょっと手間がかかるものの、卵液の染み込み具合が段違いで変わるので欠かせないポイントです。

またバターは使用直前まで冷やしておいて、複数回に分けて投入し、
フライパンも一旦冷やしたうえで フレンチトーストの向きを焼き途中で変えると仕上がりが均一になります。

友路有(トゥモロー)のフレンチトーストを宮田一輝さんはおすすめ!

マツコの知らない世界!「フレンチトーストの世界」で
宮田一輝さんはおすすめとして紹介していたフレンチトーストのお店は友路有(トゥモロー)だと思われます。

東京の赤羽や浅草に店舗を持つ喫茶店で早朝から格安・大盛りのモーニングメニューをそろえていることで人気がある繁盛店です。

店内はまさに「昔ながらの喫茶店」といった感じで、落ち着けると評判です。

友路有(トゥモロー)のHP
友路有(トゥモロー)のツイッター
友路有(トゥモロー)を紹介する宮田一輝さんの記事

■住所
赤羽本店 東京都北区赤羽1-1-5-2F
赤羽2号店 東京都北区赤羽1-10-2-2F
浅草店 東京都台東区浅草1-29-3-2F
日暮里店 東京都荒川区東日暮里5-52-2-2F

■電話
赤羽本店: 03-3903-5577
赤羽二号店: 03-5939-7657
浅草店: 03-5828-5577
日暮里店: 03-6806-8688

■営業時間
全店舗 5:30~23:30

■定休日
年中無休

「フレンチトースト(480円)」はトースト4枚にバナナ・生クリーム・サクランボがトッピングされたボリュームメニュー。

友路有(トゥモロー)オリジナル配合のフレンチ液で一晩マリネされていて、触感はホワホワしていて、しっとりしています。

フレンチトーストはセットメニューでドリンクも頼めるようになっているものの、
宮田一輝さんは「バナナ(生)ジュース(560円)」をおすすめしてます。

バナナの甘みをしっかりと感じることができるバナナジュースで、バナナはお店で熟成させているそうです。

その他の宮田一輝さんおすすめのフレンチトースト店

石釜 ベイクブレッド 茶房 タムタム

プリンのようなフレンチトーストのお店や通販は?

マツコの知らない世界!「フレンチトーストの世界」ではマツコさんが、
フレンチトーストを食べて「プリンみたい!」と言っていたのが気になったので、
プリンのようなフレンチトーストが食べられるお店やお店や通販がないか調べてみました。

まず、通販ではまさに「プリンのようなフレンチトースト」を購入できることがわかりました。


プリンのような フレンチトースト 4本入 朝食 おやつ デザート スイーツ 自分へのごほうび 惣菜パン 冷凍

また、店舗の方はというと、「シマダカフェ 神楽坂 (SHIMADA CAFE KAGURAZAKA)」のフレンチトーストがプリンのようだと話題になっていました。

シマダカフェの店内はまさに隠れ家といった趣となっていて、神楽坂にこんなところにあるとは思えない雰囲気です。

CaFE×BaR SHIMADA CAFE
東京神楽坂 カフェバー シマダカフェ

■住所
東京都新宿区神楽坂3-6 神楽坂3丁目テラス 3F

■最寄り駅
JR飯田橋駅

■営業時間
【火~土】12:00~23:00 (L.O.22:30)
【日、祝】12:00~21:00 (L.O.20:30)

■定休日
月曜日(祝日の場合は営業、翌平日休)

もちろん宮田さんのブログにもシマダカフェは紹介されていました。

タイトルとURLをコピーしました