水上竜士のドラマ経歴をwiki調査!青天を衝けで山内容堂役

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

水上竜士さんは「東映マネジメント」事務所に所属する俳優で、日本アクティングコーチ協会会員として京都芸術大学では教授も務めています。

2021年の大河ドラマ「青天を衝け」ではストーリーで重要な役どころとなる山内容堂役を演じる水上竜士さんの気になるプロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

水上竜士wikiプロフィール

名前:水上竜士(みずかみ りゅうし)

生年月日:1964年12月26日

年齢:56歳

出身地:富山県富山市

身長:183m

出身高校:富山県立富山東高等学校

最終学歴:中央大学(退学)

特技:乗馬、殺陣

趣味:映画鑑賞、釣り

資格:普通自動車免許

職業:俳優/演出家/脚本家

事務所:東映マネジメント

職歴:日本アクティングコーチ協会会員、京都造形芸術大学映画学科、演劇ユニットMANHOLE THEATER 主宰

水上竜士さんは大学退学後、状況劇場(唐十郎主宰)で演技を始めています。

30歳の時に「SCORE」(松竹)によって映画デビュー。

演劇企画ユニットTokyo・Fを旗揚げし、作・演出として数々の作品を送り出しています。

水上竜士の経歴

1995年『SCORE』横浜映画祭審査員特別賞

1998年 日本テレビシナリオ登龍門 佳作受賞

水上竜士さんが過去に出演したドラマや映画を視聴するなら動画配信サービス「U-NEXT」を利用するのがオススメです。

月額2,189円(税込)と比較的高めですが、有料の新作を1,200円分視聴可能という点を考慮すると実質989円とり、他の動画配信サービスと同程度の料金体系になります。

実質1000円以下で21万本以上ものコンテンツを視聴できるのは日本では「U-NEXT」しかありません。

料金は無料お試し期間の31日以内に解約をしてしまえば課金されないので、まずはお試しで利用してみるのも良いんじゃないでしょうか。

[30日間無料]unextの詳細&申込みはこちら
通常バナー

■水上竜士の出演映画
2019年「東京ワイン会ピープル」監督:和田秀樹/キグー
2019年「タロウのバカ」脚本・監督:大森立嗣/東京テアトル
2019年「嵐電」監督:鈴木卓爾/ミグラントパーズ マジックアワー
2018年「D5 -5人の探偵-」脚本・監督:GEN TAKAHASHI/グランカフェ
2015年「陽光桜」監督:高橋 玄/グランカフェ
2015年「赤い玉、」監督:高橋伴明/渋谷プロダクション
2015年「日本のいちばん長い日」監督:原田眞人/松竹
2015年「正しく生きる」監督:福岡芳穂/マジックアワー
2013年「彌勒」監督:林海象/ミロク革命社
2013年「千年の愉楽」監督:若松孝二/若松プロ
2012年「11.25自決の日 三島由紀夫と仲間たち」監督:若松孝二/若松プロ
2012年「カミハテ商店」監督:山本起也/マジックアワー
2011年「MADE IN JAPANこらっ!~」監督:高橋伴明/北白川派
2009年「ヴィヨンの妻」監督:根岸吉太郎/東宝
2008年「カメレオン」監督:阪本順治/東映
2006年「魂萌え!」監督:阪本順/シネカノン
2006年「どろろ」監督:塩田明彦/東宝
2005年「ポチの告白」監督:高橋 玄/アルゴ
2004年「CHARON」(主演)監督:高橋 玄/グランカフェ ゆうばりファンタスティック映画祭(2005年) ファンタランド大賞受賞 
2003年「人斬り銀次」監督:宮坂武志/日活
2002年「夜を賭けて」監督:金 守珍/シネカノン
2002年「K・T」監督:阪本順治/シネカノン
2001年「非・バランス」監督:富樫森/メディアボックス
2000年「デコトラ外伝 男人生夢一路」監督:OZAWA
2000年「新・仁義なき戦い」監督:阪本順治/東映
1999年「金融腐蝕列島」監督:原田眞人/東映
1998年「くノ一外伝 柳生忍法帖」監督:OZAWA
1997年「THE BIG FIGHT」監督:OZAWA/松竹 
1997年「Thin Red Line」監督:テレンス マリック/20世紀フォックス 第49回ベルリン国際映画祭グランプリ受賞 ニューヨーク批評家協会賞、監督賞
1997年「鬼火」監督:望月六郎/ギャガ
1995年「SCORE」監督:室賀厚/松竹 横浜映画祭審査員特別賞受賞
1994年「トカレフ」監督:阪本順治/ヘラルド・エース
1993年「新宿鮫」監督:滝田洋二郎/東映

■水上竜士のドラマ

2020年 NHK BSプレミアム 「柳生一族の陰謀」
2019年 WOWOW 「東京二十三区女」第4話
2017年 EX 「ドクター彦次郎 4」
2017年 EX 「狩矢父娘シリーズ19 『京都・どうぶつツアー殺人事件』」
2017年 EX 「警視庁捜査一課9係 season12」第3話
2016年 EX 「おみやさん スペシャル 2」
2016年 TBS 「オバベン ~京都ふたりの女弁護士~ 2」
2015年 BS朝日 「大江戸事件帖 美味でそうろう」後編
2015年 EX 「ドクター彦次郎」
2015年 EX 「迷宮捜査」
2014年 EX 「刑事110キロ 2」第6話
2013年 WOWOW ドラマW「かなたの子」
2013年 NHK-BS 「酔いどれ小籐次」第10話
2012年 EX 「捜査地図の女」第3話
2007年 ABC 「刑事殺し」
2007年 NTV 「死ぬかと思った Case7 『ビビる男 No pain』」
2006年 NHK-E 「ダッシュマン!」
2005年 TUT 「蒼のシテン」
2005年 EX 「相棒 4」第20話
2004年 EX 「スカイハイ2」第7話
2003年 NTV 「共犯者」第8話
2003年 EX 「相棒 2」第13話
2003年 TBS 「タイムリミット」
2003年 CX 「キャリア探偵日菜子の調査ファイル」
2003年 EX 「スカイハイ」
2003年 CX 「いつもふたりで」
2002年 BSジャパン 「ミイラが呼んでいる」
2002年 EX 「母が復讐に燃える時」
2002年 BSジャパン 「温泉仲居探偵の事件簿1 宇奈月~魚津連続殺人事件~」
2001年 TBS 「警視庁特別広域捜査官 宮之原警部の愛と追跡」
2000年 EX 「温泉若おかみの殺人推理 9」
2000年 ABC 「ラーメン刑事『龍』の殺人推理1会津喜多方、殺意の女」
2000年 CX 「サラリーマン刑事 3」
2000年 KTV 「困ったひとたち」
1999年 CX 「危険な関係」
1999年 YTV 「女医」第3話、第4話
1998年 CX 「ブラザーズ」
1997年 YTV 「こんな恋のはなし」第10話、第11話
1995年 YTV 「リング」
1995年 EX 「カケオチのススメ」

青天を衝け

水上竜士さんは2021年の大河ドラマ第60作に『青天を衝け』出演しています。

主人公は「日本資本主義の父」ともいわれる渋沢栄一で、土佐藩15代藩主・山内容堂役を演じています。

山内容堂は幕末の四賢候の一人。酒と詩をこよなく愛し伊達宗城からは酔狼君(すいろうくん)とあだ名され、「鯨海酔侯(げいかいすいこう)」とみずから名乗っていた

安政の大獄では、将軍継嗣に慶喜を推したことで隠居謹慎を命じられたが、その後、朝議参与に任命される。容堂が慶喜に建白したことで、大政奉還が実現した。

■水上竜士コメント
坂本龍馬や中岡慎太郎を輩出した土佐藩、その藩主の山内容堂という男を演じさせていただきます。
激動の時代を生きた容堂は、破天荒で豪快な人だったそうです。
また、新時代の夜明けには、酒と女に全財産を使い果たし、孤独に死んでいったとも聞いています。
そんな魅力的な男を演じられることをとても光栄に思います。
そして役を演じる中で、時代を動かした男たちやそこに生きる女たちの生き様もしかとこの目で見届けてくるつもりです。

水上竜士のツイッターやインスタグラム

水上竜士のツイッター
@ryushimizukami

水上竜士のインスタグラム

水上竜士のフェイスブック
@ryushi.mizukami

水上竜士のブログ

水上竜士の公式HP

水上竜士の高校や大学など学歴は?

水上竜士さんの通っていた高校は富山県立富山東高等学校です。

大学は中央大学に進学をしていますが、演劇活動に熱中してしまったためか退学をしています。

水上竜士の身長・体重は?

水上竜士さんの体重については具体的な数字は公表されていないものの身長は183㎝です。

水上竜士の結婚した嫁や子供は?

水上竜士さんは結婚をしています。嫁の名前は水上 ゆみさんで旧姓は明らかにされていません。

一般の方のようで、同じく年齢や職業なども不明となっています。

タイトルとURLをコピーしました