永谷晶久wiki経歴やプロフィールを調査!埼玉うどんをチェック!

スポンサーリンク
未分類

永谷晶久さんは、大きな範疇で見ればうどん好きな人の一人人過ぎませんが、埼玉うどんに関しては日本で随一の食べ歩き経験・情報量を持っています。

そんな永谷晶久さんがマツコの知らない世界に出することになったので、気になるwiki経歴やプロフィールを調査!そのほかにもお勧めの埼玉うどんもまとめています。

スポンサーリンク

永谷晶久おすすめの埼玉うどん

永谷晶久さんがおすすめしている埼玉うどんには、

武蔵野うどん
ずりあげうどん
山田うどん
鳩ヶ谷ソース焼きうどん
元祖 熊谷うどん 福福

といったものがあります。

「元祖 熊谷うどん 福福」の一番人気は「肉汁うどん」で熊谷産あやひかりを100%使用し小麦本来のモチモチした食感を楽しめます。つけ汁には埼玉県特産の「彩の国黒豚」が入っています。

「武蔵野うどん」は埼玉県所沢名物で皮に近い部分の小麦で作るため灰色の硬い麺が特徴。

「鳩ヶ谷ソース焼きうどん」は「日本5大焼きうどん」のひとつで、当時の鳩ヶ谷市長と商工会青年部が横手焼そばや小樽のあんかけ焼きそばにならって町おこしのためのご当地グルメとして開発。
地元に工場があるブルドックソースと共同開発した特製オイスターソースとかつおをベースにしたB級グルメ。

そもそもなぜ埼玉でうどんが香川県に次いで有名・消費量を誇るのかというと、時代は明治時代にさかのぼります。
※うどん生産量全国第2位で本州有数の小麦生産県

麦翁(ばくおう)との異名を持つ権田愛三という方が当時は生産が不安定だった麦作りの改良に努めた人物で、
試行錯誤の末に明治29年には埼玉の熊谷で当時の収穫量の4倍~5倍をあげることに成功。

その成果を地域の農家に伝授したことから埼玉では熊谷を中心に国産小麦の収穫量が全国的に多い地域となっています。

永谷晶久wikiプロフィール

名前:永谷晶(ながたにあきひさ)
生年月日:1981年
出身地:千葉県松戸市
高校:埼玉県立豊岡高等学校
最終学歴:東大(推定)

永谷晶久さんは生まれこそ千葉県で、小学校6年生から埼玉県入間市に移り住んでいるので映画「飛んで埼玉」では異端視されそうな出自ですね。

入間市役所主催イベントにボランティアとして参加していく機会が増えるにしたがって「町おこし」の使命感を持つようになり、
全国的に知名度の低い埼玉のうどん文化で地元を盛り上げる活動を始めています。

永谷晶久の経歴

永谷晶久さんは某メーカー総務部勤務のサラリーマンでありながら、

「埼玉を日本一の『うどん県』にする会」会長
熊谷市で開催の「全国ご当地うどんサミット」スペシャルサポーター。
「東大うどん部」(東京大学うどん部)名誉顧問

などなどの団体に所属し埼玉うどんの普及に努めています。

永谷晶久さんが調べたところによると埼玉県内のうどんの種類は少なくとも25種類以上で、うどん打ち体験や食べ歩きツアーの企画なども行っています。

永谷晶久のツイッターやインスタグラム

永谷晶久のツイッター
@akihisa_udon
※ツイートがありません。

永谷晶久のインスタグラム
@nagatani_akihisa

永谷晶久の高校や大学など学歴は?

永谷晶久さんが通っていたのは「埼玉県立豊岡高等学校」で同窓会の30代理事を務めています。

大学については明らかにされていないものの、東京大学「うどん部」の名誉顧問を務めている点から考えて、東大に通っていたと思われます。

東大うどん部

永谷晶久の本やテレビ出演歴

スゴい! 埼玉 うどん王国宣言! (日本語) 単行本(ソフトカバー)

うどん生産量全国第2位を誇り、本州有数の小麦生産県である埼玉県。
県内各地に独自のうどん文化を持ち、その種類は25種類以上!
人気店舗の情報から“埼玉うどん”を盛り上げる様々なコラムまで、「埼玉」&「うどん」への愛情あふれるガイドブックです。

タイトルとURLをコピーしました