泣き別れ脱線事故とは?複線ドリフト?京成電鉄や万葉線

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

泣き別れ脱線事故とは?

複線ドリフトとも称される泣き別れ脱線事故は実際に起きていることなのでしょうか?

スポンサーリンク

泣き別れ脱線事故とは?複線ドリフト?

京成線、2年ぶりの脱線事故で運転見合わせに 成田空港・羽田空港へのアクセスに影響あり

2022年11月17日10時20分ごろ、京成電鉄の京成高砂駅構内で回送電車の脱線が発生しました。この影響で京成本線と成田スカイアクセス線、北総線の一部区間で運転を見合わせています。

 また京成電鉄に乗り入れる京浜急行電鉄でも、羽田空港方面や横浜方面への電車に一部遅れが発生しています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/d829770b4e155a91b79509bac7689b7021f8f158

泣き別れ脱線事故とは列車がポイントを通過中にポイントが転換して、前後の台車や車両がポイントの異なる方向に進んで脱線することです。

2022(令和4)年5月27日、南海電鉄の車両基地で発生した泣き別れ脱線事故は、運転士が赤信号を見落として発車。正しい方向に切り替わっていないポイントに、誤って進入した。その後、ミスに気付いた運転士はバックして元の位置に戻ろうとしたが、その過程で脱線が起きた。

富山県の路面電車の万葉線は単線の駅での折り返し運転のため、電車が合流ポイントの先まで一旦進み折り返す際に、誤ってポイントを完全に通過していない位置で停車し、そのまま折り返したため、発条転てつ機が転換して泣き別れ脱線になりました。

泣き別れ脱線事故とは?複線ドリフト?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました