ニューヨーク地下鉄の61番線とはwiki調査!

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ニューヨーク地下鉄の61番線はニューヨーク市マンハッタンにあるメトロノース鉄道の私鉄プラットフォームに隣接する貯蔵線。

グランド・セントラル・ターミナルの北東にある地下貯蔵所内のウォルドーフ・アストリア・ニューヨークホテル地下にある12線式の倉庫「レックス・ヤード」の一部です

1910年代のグランド・セントラル・ターミナル建設時に作られたもので、西側の63番線とはホームを共有しターミナルの発電所や暖房設備に使われていました。

このプラットフォームはもともと駅として使われる予定はなく、位置的にウォルドーフ・アストリアが建設されたときに目立たないようにアクセスするのに理想的な場所でした。

61番線は1938年にジョン・J・パーシング将軍が、1944年に第二次世界大戦中のフランクリン・デラノ・ルーズベルトが、1951年にダグラス・マッカーサー将軍が使用したことでも有名です。

1978年には61番線をアムトラックのプラットフォームにする計画があったが、実現には至っていません。

また、2003年にはジョージ・W・ブッシュ大統領、コリン・パウエル、コンドリーザ・ライスの3人が国連総会に出席した際に、脱出用の選択肢として設定されたと報じられています。

スポンサーリンク

ニューヨーク地下鉄の61番線とはwiki調査!

New York in 24 hours Track 61

ニューヨークの伝説では、グランド・セントラル・ターミナルにある廃線になったニューヨーク地下鉄61番線には、政府の秘密の動きや不正な出来事があったという歴史が刻まれている。

何十年も線路上に放置されていた廃車は、フランクリン・デラノ・ルーズベルト大統領のものだったという都市伝説もありました

伝説の裏にはいくつかの真実があります。

グランド・セントラル・ターミナルの61番線と63番線は、かつて49丁目にあった蒸気機関車の荷台として、貨物を運ぶために作られました。

この発電所は、グランド・セントラル駅をはじめとする周辺の建物に供給されていた。

1929年にウォルドーフ・アストリア・ホテルがこの線路の上の空中権を購入した際に、地下の線路も購入した。

旧式の蒸気発電所は、セントラルY.M.C.A.やアメリカン・エクスプレス・ビルなどの建物とともに取り壊された。

同年9月のニューヨーク・タイムズ紙の記事によると、このホテルには「建物の下に私鉄の線路があり、私鉄の車両を持っている客は、その車両を直接ホテルに送ることができる」と書かれていた。

鉄道側線とは、本支線とは別の、交通量が少ないことを想定して作られた低速の線路のことです。

この専用駅を最初に利用したのは、1938年のジョン・J・パーシング将軍とされている。1938年4月の『ニューヨーク・タイムズ』紙の記事によると、パーシングは「特別な鉄道車両で…これまで一度も使われたことのないホテル・ウォルドーフ・アストリアの下のランプに押し込んで」到着した。

その後、パーシングはエレベーターに乗り込み、ホテルの中に入っていった。エレベーターがホテルに直結していたかどうかは不明だが、おそらくそうではなかっただろう。

ルーズベルト大統領がニューヨーク地下鉄61番線を利用したという記録は、たった1回しかない。

1944年10月21日、ルーズベルト大統領が選挙活動のためにニューヨークを訪れたときのことである。

その時のシークレットサービスのメモには、”午後10時5分、大統領は入ってきたのと同じルート、つまり東側のレキシントン・アベニューのエレベーターでホテルを出て、ニューヨーク・セントラルのエレベーターでホテルの地下にあるニューヨーク・セントラル鉄道(ロード)のサイディングに向かう “と書かれていた。

ウィリアム・D・ミドルトンが1977年に出版した『グランド・セントラル:世界最大の鉄道ターミナル』によると、FDRは “ハイド・パークへの帰路のために「地下」に降りて大統領専用車両に乗った “という。

1944年の出発がルーズベルトの唯一の記録であったにもかかわらず、故大統領はニューヨーク地下鉄61番線の代名詞となり、しばしば「大統領用サイディング」と呼ばれた。

FDRと61番線に関する神話は、1945年以降、FDRの個人用車両が61番線に放置されていたというものが多い。

防弾仕様のピアース・アローのリムジンに乗った大統領は、そのまま自分の車両に乗り込み、ニューヨーク地下鉄61番線までシャトルバスで移動したという話だ。

ウォルドーフ・アストリアの地下に入ると、リムジンは車両からホームに出てきて、エレベーターでウォルドーフ・アストリア・ホテルに直行する。

これは、元大統領にポリオの症状があることを隠すための措置である。

ただ後に61番線に置かれていた車両が、実はMNCW#002という荷物車であることが判明しています。

ハーバート・フーバーからバラク・オバマまで、すべての大統領がウォルドーフ・アストリアのプレジデンシャル・スイートに宿泊しており、彼らが秘密の入り口から入ったのではないかという都市伝説もあります。

「The New York Post」の記事によると、2003年に国連総会の会議中に、ジョージ・W・ブッシュ大統領、コリン・パウエル国務長官、コンドリーザ・ライス国家安全保障顧問がシークレット・サービスによって「脱出オプション」として使用されたとのことですが、記事にはこの情報の出典は明記されていません。

ニューヨークの61番線は、本来は旅客用ではなく、現在は使われていません。

グランド・セントラル・ターミナルからメトロノースに乗ると、この伝説の線路を垣間見ることができますが、シンボルとなる青い車両はもうそこにはありません。

タイトルとURLをコピーしました