岡庭由征の自宅がヤバい!実家の住所も三郷市鷹野4丁目で特定?

スポンサーリンク
0未分類

岡庭由征容疑者が2019年9月に茨城県境町で小林光則さんと妻の美和さんを殺害した通称「茨城県境町殺人事件」の犯人。

捜査の内容が次第に報道されるようになりましたが、岡庭由征の自宅の自室がまるで実験室だったとのこと。

※岡庭由征と市議会議員とは無関係

一部のネットメディアでは、岡庭由征容疑者と埼玉県三郷市の建築会社社長、並びに市議会議員の方を同姓という理由だけで血縁関係あると表記していますが、親戚関係にないという声明を発表しています。

岡庭由征が住んでいる地域には、どうやら岡庭の苗字の方が数多く居住しているようで、憶測と事実が入り混じったデマも見られるためよくよく気を付けなければいけません。

茨城一家殺傷事件巡り同姓の市議と建材会社が誹謗中傷被害 「市議の孫・甥」「社長の息子」等事実無根の書き込み

スポンサーリンク

岡庭由征の自宅がヤバい!

容疑者の自室「まるで実験室」 硫黄や猛毒原料も…茨城一家殺傷

茨城県境町の会社員、小林光則さん=当時(48)=方で令和元年9月、一家4人が殺傷された事件で、殺人容疑で逮捕された岡庭由征(おかにわよしゆき)容疑者(26)=埼玉県三郷市=の自宅からは硫黄や猛毒の原料などの危険物が大量に発見されていた。「まるで実験室のようだった」。岡庭容疑者の部屋を見たことがあるという捜査関係者は、こう証言する

埼玉県警が殺人予備容疑で容疑者の自宅の家宅捜索に踏み切ったのは昨年11月だった。自宅別棟の1階にあるという自室からは、有毒な硫化水素を発生させる原料ともなる約45キロもの硫黄のほか、猛毒のリシンを含有するトウゴマや抽出に使う薬品も見つかった。

複数の刃物もあったとされ、家宅捜索は数日に及んだ。岡庭容疑者は当時取り調べに素直に応じたといい、関係者は「論理的で頭が良い」と感じた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/50c8ae5cec88102018cebf4438f2d53ad496e014

岡庭由征容疑者の自宅の自室にあった所持品を整理すると、

約45キロの硫黄
猛毒のリシンを含有するトウゴマ
クマ撃退スプレー
サバイバルナイフや鉈など計71本

など。

サバイバルナイフや鉈などは2011年11月に発生した松戸市連続少女通り魔事件の際に応酬されています。

2020年11月には大量の硫黄を違法に貯蔵したとして、三郷市火災予防条例違反容疑で岡庭由征容疑者は逮捕されていました。

岡庭由征の自宅がヤバい!実家の住所も三郷市鷹野4丁目で特定?

 周辺住民らによると、岡庭容疑者は祖父母、両親と同居していたとみられ、多くの不動産を所有する裕福な家庭に育った。小学生の頃は、友人らと元気に遊ぶごく普通の子供に周囲には映っていた。だが、次第に姿を見る機会は減っていったという。

 近くの男性(80)は「家族の姿は見るが、(岡庭容疑者の姿は)見たことがない」と首をひねる。一方、高校時代を知るという男性(52)は「少し変わった雰囲気があり、何をするか読めない危うさを感じた」と話した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/50c8ae5cec88102018cebf4438f2d53ad496e014

茨城県境町若林の住宅で2019年9月、会社員の小林光則さん=当時(48)=と妻でパート従業員の美和さん=当時(50)=が刺殺され、子ども2人が重軽傷を負った事件で、県警は7日、殺人の疑いで、埼玉県三郷市鷹野4丁目、無職、岡庭由征容疑者(26)=公記号偽造の罪などで起訴=を逮捕した。県警は小林さん一家との接点はなかったとみており、動機や当時の状況などを追及する。捜査に支障があるとして認否は明らかにしなかった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/257b3e24cb26c375a48e26629f947b4e04bd1b62

埼玉県警が三郷市火災予防条例違反の疑いで、岡庭由征容疑者を逮捕した際、現場には早朝から大勢の報道陣が詰めかけ通行止めになるほどだったそうです。

報道によると、岡庭由征容疑者の住所は埼玉県三郷市鷹野4丁目。

報道陣はすでに岡庭由征容疑者の自宅を特定し、自宅前から中継もしていました。

岡庭由征の自宅実験室にネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました