大縄跳びが西池袋公園で禁止(とくダネ)!塾の暗記法が大縄跳び禁止の原因か?

西池袋公園は意外と楽しい遊具がたくさんあり、自転車で10分ほどの場所なので、
子供を連れて何度も遊びに行ったことがあります。

また西池袋公園には公営の駐輪場があって近隣の駐輪場よりも安く、
池袋駅周辺で買い物や食事をする際に良く利用することもあるんですが、
まさか大縄跳びが西池袋公園で禁止されるなんてとくダネで特集されるまで知りませんでした。

大縄跳びが西池袋公園で禁止は塾の暗記法が原因か?

話しを断片的に聞いてしまうと大縄跳びを禁止してしまうなんてどうかしてる!
と思ってしまうことでしょう。実際に私もそうでしたから。

都会だけじゃないかもしれませんが、最近の公演と言えば、
昔は良く見られた遊具がどんどん姿を消しています。

  • 回転ジャングルジム(?)
  • 4人乗りブランコ

などは確かに危険で、私も4人乗りブランコで頭から落ちて
大けがした経験があります。苦笑

他にも

  • スケボー禁止
  • 野球禁止
  • 落書き禁止

といった公園の禁止事項は分かりますが、

  • ボール遊び禁止
  • バドミントン禁止
  • ペット禁止
  • ランニング禁止

といったルールを設けている公園もあってもはや公園とは言えないんじゃないか?
といった事態になっていたので、大縄跳びの件もてっきり、
行き過ぎたルールが問題視されているのかな?と思いました。

ただ実際には、大縄跳びをしながら重要な単語を覚えるという
塾の暗記法の方が問題視されているんですね。

しかもその場所が西池袋公園という、都会と言えど住宅密集地。

西池袋公園
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目2011

ちなみにIWGPで有名な公演は「池袋西口公園」の方で、
現在は舞台装置の工事中で8割くらいのエリアは進入禁止です。

西池袋公園付近には飲食店もたくさんありますが、戸建・マンションも多く、
池袋の高級タワーマンションの一つ「ウエストパークタワー池袋」もあります。

塾の大縄跳び暗記法がまだ昼間に行われていればよいものの、
夜の7時とか静かにしてもらいたい時間にやっていたわけですから、
それは苦情が来ても仕方のないことじゃないでしょうか。

西池袋公園の騒音は大縄跳びだけじゃなく花見の時もひどいらしい

今回の西池袋公園の騒音問題は、大縄跳びだけが問題視されていましたが、
西池袋公園周辺に住んでいる人がおそらく頭を抱えているのは、
花見の時期の騒音もあるんじゃないかと思います。

西池袋公園は実は知られざる花見スポットで、
桜が散る頃には公園中がピンク色に染まるほど。

それでいて、ビジネス街からも近いうえに立教大学までありますから、
花見時期はブルーシートを大きく広げて楽しむグループがたくさんいます。

それが日中だけで終わってくれればよいんですが、
「立教大生は騒ぐな!」みたいな立て看板が立てかけてあったり。

マンションとかご近所トラブルで最も多いのが「騒音」なので、
塾の暗記法が原因で公園の大縄跳び禁止になるのは無理はないのかもしれません。

公園で大縄跳び暗記法は本当に効果があるのか?

大縄跳び暗記法というちょっと変わったやり方をしている塾があることにも、
驚いた人はたくさんいるんじゃないかと思います。

そして、そんなことして本当に暗記効果は上がるのか?
疑問に感じている人も多いと思いますが、
少なくとも効果は下がることはないでしょう。

どれだけ効果があるかは結局、個人のこれまでの積み重ねややる気に左右されるものの、
「運動と脳トレを組み合わせたエクササイズ」を行うことで、脳内血流が増加し、
伝達物質の放出量が増やすことができます。

その結果、

  • 学習能力向上
  • 集中力向上
  • 子供の創造力の開発

といった効果が得られ、ライフキネティックと呼ばれるメソッドとして確立されています。

脳を活性化する「ライフキネティック」の凄み | スポーツ
「サッカー日本代表が世界で勝つには、もう認知能力・判断力を上げるしかないと思っています。技術は世界のトップクラス並と言われていますし、フィジカル面だって圧倒的に弱いのかといったら、今はそこまで大差な…

大縄跳びが西池袋公園で禁止(とくダネ)に関するツイッターの反応

タイトルとURLをコピーしました