らんまん(朝ドラ)南方熊楠のキャストは誰?

スポンサーリンク
0未分類

らんまん(NHKで朝ドラ)で南方熊楠のキャストは誰?

らんまんはNHK連続テレビ小説第108作目で2023年度前期に放送。

神木隆之介さん演じる主人公の牧野富太郎と実際に交流のあった南方熊楠は誰が演じるんでしょうあか?

スポンサーリンク

らんまん(朝ドラ)南方熊楠のキャストは誰?

らんまん(NHKで朝ドラ)では牧野富太郎と実際に交流のあった実在の人物が登場していますが、名前が少し変更されています。

広井勇(港湾土木工学の父)が広瀬佑一郎だったり、山本一と吉永虎馬を合わせて山元虎鉄となったり。

そうした中、南方熊楠に関しては実際の名前のまま登場していますが、らんまんで南方熊楠を演じているキャストは誰なのか、発表を確認でき次第、ブログに追記をします。

らんまん(朝ドラ)の南方熊楠

らんまん(NHKで朝ドラ)では第24週 117話「ツチトリモチ」から南方熊楠が登場しています。

■第117話 9月12日(火)あらすじ
寿恵子(浜辺美波)が待合茶屋を、竹雄(志尊淳)と綾(佐久間由衣)が屋台を始め5年。農科大学に通い、酵母菌の研究をしている藤丸(前原瑞樹)は、成果を竹雄と綾に発表する。一方、万太郎(神木隆之介)の元には、新種かどうか検定してほしいと標本が届く。送り主は南方熊楠。ただならぬ情熱に、虎鉄(濱田龍臣)は苦手意識をもつが、万太郎はいつか会ってみたいと喜ぶのだった。

■第118話 9月13日(水)あらすじ
熊楠から送られてきた標本の中には、120年に一度しか咲かないと言われているハチクの花の標本があった。翌年、日露戦争が勃発。渋谷は、電車の開通により交通の要所として発展を遂げ、寿恵子(浜辺美波)の店はますますにぎわうようになる。ある日、植物学教室にも熊楠から手紙が届く。万太郎(神木隆之介)が、熊楠から手紙をもらったことがあると徳永(田中哲司)に伝えると…。

■第119話 9月14日(木)あらすじ
徳永(田中哲司)から、国が推し進める神社合祀令に反対している熊楠に深入りするなとくぎを刺された万太郎(神木隆之介)。しかし、野宮(亀田佳明)から神社の森の悲惨な現状を伝える手紙が届き、居ても立っても居られなくなる。 一方、寿恵子の店には逸馬(宮野真守)がやってくる。逸馬は、万太郎に資産家の青年・永守徹(中川大志)を紹介する。

南方熊楠と牧野富太郎の関係|らんまん(朝ドラ)

南方熊楠と牧野富太郎は、明治時代に活躍した日本の植物学者です。

南方は、和歌山県出身の博物学者で、植物学だけでなく、民俗学、言語学、歴史学など、幅広い分野で活躍しました。牧野は、高知県出身の植物学者で、日本の植物学を代表する人物です。

2人は、植物学を志す若者同士として、親交がありました。南方は、牧野に植物の鑑定を依頼したり、牧野が発見した植物の種子を送ったりしていました。

しかし、2人は実際には会うことはありませんでした。その理由は、牧野が南方を「弟子」と見ていた一方で、南方は牧野を「ライバル」と見ていたからだといわれています。

2人の交流は、書簡や植物標本などの形で残されています。2023年8月3日~10月9日には、南方熊楠記念館で、2人の交流に焦点を当てた特別展が開催されました。

タイトルとURLをコピーしました