佐々木希の子供の幼稚園はどこ?長男の小学校は?

スポンサーリンク
0未分類

佐々木希さんは2017年にお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建さんと結婚すると、2018年9月13日に佐第一子となる子供、長男が誕生。

2021年時点では3歳を向かえる子供を通算学費は3000万円を超える都内でも有数の名門一貫校に転園させたと報じられました。

スポンサーリンク

佐々木希の子供の幼稚園はどこ?長男の小学校は?

佐々木希 長男を総額3千万円一貫校に転園!幼稚園だけでも年200万

「長男を都内の保育園に通わせていましたが、最近、別の幼稚園に転園させています」(芸能関係者)

■幼稚園でも年間200万円、通算学費は3000万円

本誌が目撃したのもその幼稚園へのお迎え。教育関係者によると、

「そこは、幼稚園から小中高までの一貫校です。芸能人のお子さんも通っており、学費は幼稚園でも年200万円近く、高校卒業までだと通算学費は3千万円を超えます」

夫の渡部が芸能界に復帰できずにいるなかでの、子供の一貫校への転園ーー。そこには“子供のために新しい環境を”という強い思いが見え隠れする。佐々木は、最近のインタビューでは“支えになっている存在”を聞かれて次のように話している。

《やはり子どもですかね。すごく愛おしい存在。泣いている顔も笑っている顔もすごく愛おしく思うので、そういう存在がいることも頑張る糧になっていますね》(「クランクイン!」9月1日掲載)

https://news.yahoo.co.jp/articles/b8ac9ecea13a78bfadc954ae60b1414d3f2385ba

日本には、数は少ないものの「幼小中高一貫」教育をしている学校があります。

就学前教育から高校卒業までの15年前後を通じて、無駄を省いて一貫性を持たせた体系的な教育ができるのが大きなメリット。

無試験で上級学校に進学することから「エスカレーター式」「エレベーター式」とも称されますが、その代わりに高い学費を負担しなければいけない学校がほぼすべて。

調べてみると、東京都内で「幼小中高一貫」教育をしているのは次のようなところがありました。

■国立学校
お茶の水女子大学附属

■私立学校
青山学院
学習院
暁星
国本
啓明学園
光塩女子学院
晃華学園暁星
品川翔英
白百合学園
成城学園
聖ドミニコ学園
玉川学園
田園調布雙葉
桐朋学園
東洋英和
雙葉
文教大学付属
明星
和光

ちなみに慶應系列にも「慶應幼稚舎」というのがありますが、通常の教育課程だと「小学校」に当たり慶應系列には幼稚園・保育園というのはないようです。

佐々木希の子供の幼稚園に関する報道を見る限り「幼稚園から小中高までの一貫校」としているので「お茶の水女子大学附属」系列のように大学までエスカレーター式で進学できる学校ではなさそうです。

また佐々木希の子供は長男で性別は「男子」になるので女学校を除くと

暁星
国本
啓明学園
品川翔英
聖ドミニコ学園
田園調布雙葉
東洋英和
雙葉
明星
和光

といった当たりになりそうですが、中でも「芸能人御用達」として知られるのは和光じゃないでしょうか。

和光といえば、浜田雅功、石橋貴明、草刈正雄、緒形拳、柄本明、渡辺徹・榊原郁恵夫妻など、数多くの芸能人の子供が通っていた学校として知られています。

タイトルとURLをコピーしました