関口明美wikiプロフ|メイカセブンのアクセスやメニューは?

スポンサーリンク
未分類

関口明美さんは、うすかわあんパンが評判のお店「メイカセブン」で店長を務めていますが、テレビ番組「セブンルール」に出演となりました。

スポンサーリンク

メイカセブンのメニューは?

「メイカセブン」は東京・江東区大島にある1958年創業の地元で愛される老舗ベーカリーショップで、
看板メニューの「うすかわあんパン」は売り切れ必至

先代は江東区高橋(たかばし)で呉服屋を営んでいたが、戦火によって事業継続が困難となったことからパン店に転向。

店主は森下の元祖カレーパンの店「カトレア(旧名花堂)」での修業を経て一から出直しを図り、ベーカリーショップ「名花堂」として再スタート。

店名は修行をした「カトレア」の旧店名を受け継いでしばらくは営業をしていたものの、
ビルの建て替えをきっかけに住所が大島「7丁目」にあることから「名花堂」という店名と「セブン」を掛け合わせて現在の「メイカセブン」に店名を変更しています。

あんぱん1個につき約200グラムのあんこが詰まった「うすかわあんパン」は店の営業開始前の朝に予約分と合わせて連日400個も作るほどの大人気商品で
中身のあんこは「うすかわあんパン」に合う硬さのあんこをわざわざ金沢のあんこ屋さんに特注。

そんなメイカセブンのメニュー・価格は次のようになっています。

うすかわあんパン(おぐらあん) 185円
うすかわあんパン(こしあん) 185円
77%ぶどうパン(ハーフ) 267円
77%ぶどうパン(1本) 534円
モーニングセット 460円

他にも

パティシエ・鎧塚俊彦さんが審査員を務めた菓子大会「「クッキング・フェスタ アマチュア焼き菓子・蒸し菓子」」で入賞作品を商品化。

野田裕美子さん(東陽在住)が考案した「アンディ・ウォーホルのトマトケーキ」を
野田さんの「ノダ」とメイカセブンの「メ」をあわせて商品名は「ノダメのトマトとチーズのマフィン」として200円で期間限定販売したこともありました。

メイカセブンのアクセスは?

住所:東京都江東区大島7-2-1
電話番号:03-3681-8814
営業時間:火~金 9:30~20:30、土・日・祝 8:30~20:30
定休日:月曜日

都営地下鉄 新宿線「大島駅」A6出口より、徒歩3分(中の橋商店街)

メイカセブンの「うすかわあんパン」通販お取り寄せは?

メイカセブンの「うすかわあんパン」は営業開始とともにあっという間に売り切れてしまうほどの人気ぶりだ

電話や店頭で予約の受け付けているようですが予約は1カ月待ちといった状況で入手困難となっているものの、
店内で食べられるモーニングセットであれば比較的、当日でも注文ができるようです。

関口明美wikiプロフィール

出身地:東京都江戸川区
年齢:関口明美56歳。
関口明美さんのフェイスブック

関口明美さんの実家はパン屋さんを営んでおり、自分も将来はパン屋になるんだという意識を持っていたようです。

パン学校に進むとそこで現在の夫と出会い25歳で結婚し夫の実家である「メイカセブン」で働くようになります。

関口明美さんの父親は「パン屋が大変なのはわかっているのに、なんでパン屋に嫁に行くんだ」と話していたようですが、
先代から続く「メイカセブン」を夫婦で守り続け、地元から愛される店へと育て現在も暖簾を守り続けています。

看板商品はギッシリ詰まったあんこの量とほどよい甘さが評判の「うすかわあんパン」で、1日400個すべて手作り。

同じく看板の「77%ぶどうパン」は、カリフォルニアレーズンを限界まで練り込み、じっくりと焼き上げる。

関口明美さんはメイカセブンで大人向け、絵本の読み聞かせも開催。

毎月第三金曜日の夜、18時半から1時間、店の奥にあるイートインコーナーで、月に1回の頻度で、
地域の「ワクワク倶楽部」で企画運営をしているようです。

そんな関口明美さんの普段の様子が「セブンルール あなたにルールはありますか?」という番組でも特集されました。

関口のもとには、過去にバイトをしていた従業員が戻ってくることが少なくない。「奥さんにすごくよくしてもらっていたので。何個もバイトやったけど、その中でも私はここだなって」と、従業員たちは彼女を慕う。
「店を懐かしく思ってくれるっていうのはすごくありがたい」と語る、関口の仕事や休日に密着し、ルールに迫る。
https://www.ktv.jp/7rules/program/201027.html

メイカセブンのアンパンの評判や口コミは?

タイトルとURLをコピーしました