死滅回游のルールは?呪術廻戦143~144話ネタバレ

スポンサーリンク
未分類

死滅回遊(しめつかいゆう)とは、マンガ「呪術廻戦」で偽夏油が始めたデスゲーム。

本編の第143話で初めて出てきた言葉で、正確にはは夏油傑の体を乗っ取った「偽夏油」が始めたゲーム

スポンサーリンク

死滅回游のルールは?

死滅回遊(しめつかいゆう)とは、もともとは加茂憲倫 (かものりとし)が仕組んだ呪術を与えられた者たちによる殺し合い。

本編の第143話では、夏油が事前にマーキングしていた1000人に「無為転変」を施すことで悪意を持って世に放たれ、バトル・ロイヤルのように殺し合いをするものです。

1.プレイヤーは術式覚醒後19日以内に任意の結界にて参加を宣誓しなければならない
2.↑を違反した場合術式はく奪
3.非プレイヤーは結界に侵入した時点でプレイヤーとなり参加を宣誓したものとみなす
4.プレイヤーは他プレイヤーの生命を断つことでポイントを得る
5.ポイントは管理者によって懸けられた価値を指し、原則術師5点、非術師1点
6.プレイヤーは自身に懸けられたポイントを除き100点消費することで管理者と交渉しルールを一つ追加できる
7.死滅回游の永続に著しく障らなければルール追加を認めなければならない
8.参加またはポイント取得後19日以内にポイントの変動がなければ術式をはく奪する

偽夏油によって非術師に「無為転変」が施されたのは、渋谷事変が起こった2018年10月31日

死滅回游に巻き込まれたとことが確定しているのは、143話時点では伏黒恵の義姉の津美紀のみですが、現時点で術式を持たない呪術師は次のようなキャラクターがいます。

虎杖悠仁(宿儺の術式が身体に刻まれる可能性がある)
禪院真希(現在死にかけている状態、天与呪縛により身体能力が高い)
パンダ(学長に作られた呪骸であるため術式を持たない)
東堂葵(真人との戦いで「俺の術式は死んでいる」との発言)
三輪霞(シン・陰流の技を用いる)
日下部篤也(シン・陰流の技を用いる)

死滅回游のルールにネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました