新・信長の野望で同盟砦の作り方・駐屯の意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

新・信長の野望(新信長の野望)の同盟砦について

この砦は何が出来る?駐屯する意味とは?

攻城戦の時に同盟砦を拠点として部隊を行き来できる?

スポンサーリンク

新・信長の野望で同盟砦の作り方・駐屯の意味は?

新・信長の野望(新信長の野望)では同盟に加入すると集結を利用でき、野盗砦や拠点などを仲間と一緒に攻撃ができます。

砦を作るには同盟メンバーの中でも幹部を任命される必要があります。幹部は「砦の建設と放棄」や「仲間の追放」などの権限を所持しています。

砦を建てるとその近くはその同盟の領地になります。城を攻める際同盟の領地が城の領地に隣接している必要があり、領地以外の所から攻撃してもダメージは通りません。

次に駐屯について。

新・信長の野望(新信長の野望)は砦に限らず建物を倒す時には大筒で攻撃する必要があります。騎兵でも槍兵でも忍者でも鉄砲でも、どんだけ攻めても耐久値は1ミリも削れません。

しかし、この大筒は他の4種の兵と戦ったら負ける仕様となっております。

したがってこのゲームの城攻めや砦を落とす段取りは「大筒以外の兵で建物に駐屯している兵を全部隊倒す」→「大筒で建物をぶっ壊す」という流れです。

兵を駐屯していなければ一つ目の行程を飛ばすことができるので簡単に落とされるということです。

ちなみに、このゲームは一度指示を出した部隊は撤退以外の命令変更はできませんので、砦に駐屯という指示を出したらそこからさらに城を攻めろという指示は出せません。

CMとかでは駐屯する理由としては待ち伏せと言われてます。他のゲームでは駐屯してもそこからは一回本拠地に戻らないといけないのでおそらく部隊を行き来できないと思います

新・信長の野望で同盟砦にネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました