白金高輪駅に硫酸男!犯人の名前は誰?顔画像の特定は?

スポンサーリンク
0未分類

白金高輪駅(東京メトロ)で中年の男が男性の顔に硫酸をかけるアシッドアタック事件が発生。

アシッドアタックにより男性と近くにいた女性の2人が顔などにヤケドを負ったと報道されています。

スポンサーリンク

白金高輪駅に硫酸男!犯人の名前は誰?顔画像の特定は?

東京・白金高輪駅で硫酸かけて逃走中の男を公開手配

24日夜、東京・白金高輪駅で男が硫酸とみられる液体をかけて男女2人がやけどをした事件で、警視庁は逃走中の男の写真を公開しました。

 これは、警視庁が公開した逃走中の男の画像です。黒い野球帽をかぶり、黒のポロシャツを着て、右手には白い手袋をつけています。

 男は24日午後9時すぎ、東京メトロ・白金高輪駅のエスカレーターで、会社員の男性(22)に向かって硫酸とみられる液体をかけ、その後、逃走しました。男性は顔や背中などにやけどをする重傷を負い、「目が開けられない」と話しているということです。また、滑って転んだ34歳の女性の足にも液体がかかり、軽いやけどをしています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2ab3e377997406350a0bbf11d15b103cb3328338

「22歳の男性をターゲットにしていた可能性が高いと捜査本部は見ています。男性が勤務先近くの赤坂見附駅から乗車して白金高輪駅で降車して犯行に及ぶまで、地下鉄内では容疑者が同じ車両に乗車していたことがわかっています。エスカレーターで追い抜き犯行に及ぶ際には、右手だけ手袋をはめており、両手ではないところからある程度、硫酸の扱いに慣れている風にも見え、実行犯とは別に指示した人物がいるという見立てを捜査を担当する警視庁捜査1課はしている模様です」

https://news.yahoo.co.jp/articles/5a6a575e2026b70db8a0acdd04c0bb7cf7882035

液体をかけられたのは22歳の男性で、顔や背中にヤケドの怪我。

また男性の近くにいた30代の女性が転倒して硫酸が足にかかってヤケドをし、病院に搬送されました。

現場で鑑定した結果、かけられた液体は硫酸だということでアシッドアタックであることが分かりました。

白金高輪駅で硫酸をかけたアシッドアタック犯人の特徴について警察では、

性別は男
年齢は30代から50代
身長は175センチほどで小太り
服装は黒のポロシャツ、黒のズボン、黒の野球帽をかぶり、白のマスク
駅の2番出口から北の方角に逃走

と発表しています。

名前は誰なのか?顔画像などもまだ発表されておらず警察では引き続き、情報提供を呼び掛けています。

【捜査本部】
 警視庁高輪警察署
 電話:03-3440-0110

白金高輪駅で硫酸(アシッドアタック)犯人にネットの反応は?

数年前に渋谷駅で暴行だかの事件が起きた時には防犯カメラが撮影した動画の中から、歩く時の腕の振り方や足の運び方等で個人が特定されいた記憶があります。

その後、他のいろんな場所の防犯カメラ映像からその人物の足取りを追って逮捕に至ったような気がします。

この事件でも同じ手法が使えるのなら、逮捕は時間の問題かもしれません。

タイトルとURLをコピーしました