ソーシャル二日酔いとは意味は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ソーシャル二日酔い」とは欧米発とされる新語。

日経新聞や「羽鳥慎一モーニングショー」などでも取り上げられたソーシャル二日酔いとは意味は?

スポンサーリンク

ソーシャル二日酔いとは意味は?

ソーシャル二日酔いとは要するに、人疲れ。海外では既に「social hangover」として社会問題として認知される筒あるようです。

いくつかの影響力の高いサイトで「social hangover(ソーシャル二日酔い)」について症状や対策について触れています。

Going Out a Lot These Days? Beware the ‘Social Hangover’
We want to say yes to every invite, but you can feel drained from more than drinking several DIY Faux Lokos.
How to tell if you have a ‘social hangover’ (and how to minimise one if you do)
"It’s basically all about boundaries."

イベントに参加したり、見たことのない人との会話を続けたりすることに、肉体的および感情的に疲れます。

職場で相手の顔色を伺うことや、街中でたくさんの人といると疲れることは今に始まった話しではありませんが、度重なる緊急事態宣言によって一人(もしくは家族だけ)と過ごす時間が増えた結果、以前よりも人疲れてしまう人が増えているようです。

心理療法士によると、誰かとコミュニケーションを取る際には認知的に負担がかかり、その分、エネルギーを消費するとしています。

リアルでコミュニケーションを取る機会が減ったことで、認知的体力みたいなものが低下してしまい、以前にもましてソーシャル二日酔いとは(人疲れ)するようになってしまったようです。

ソーシャル二日酔いにネットの反応は?

タイトルとURLをコピーしました