STEPNの税金・確定申告は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

STEPNでは暗号通貨のGreen Satoshi Token(GST)を獲得できますが、税金、確定申告はどうなるんでしょうか?

どの時点で課税の対象となるのでしょうか?

歩いてGSTトークンを獲得した時点?
GSTを靴のリペアやレベルアップに使った場合?
GSTをSOL等他の通貨に変えた時点?

どのような扱いになるのでしょうか?

スポンサーリンク

STEPNの税金・確定申告は?

政府の発表した「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(情報)」によるとマイニングによる仮装通貨取得した場合に該当すると思われます。

ただSTEPNの税金・確定申告について確実な情報は、税理士もしくは最寄りの税務署にって相談をすることです。

税務署の所在地などを知りたい方|国税庁

なお、国税上のHP「No.1524?暗号資産を使用することにより利益が生じた場合の課税関係」では次のようにアナウンスされています。

No.1525 暗号資産交換業者から暗号資産に代えて金銭の補償を受けた場合|国税庁

一般的に、損害賠償金として支払われる金銭であっても、本来所得となるべきものまたは得べかりし利益を喪失した場合にこれが賠償されるときは、非課税にならないものとされています。

ご質問の課税関係については、顧客と暗号資産交換業者の契約内容やその補償金の性質などを総合勘案して判断することになりますが、一般的に、顧客から預かった暗号資産を返還できない場合に支払われる補償金は、返還できなくなった暗号資産に代えて支払われる金銭であり、その補償金と同額で暗号資産を売却したことにより金銭を得たのと同一の結果となることから、本来所得となるべきものまたは得られたであろう利益を喪失した部分が含まれているものと考えられます。

したがって、ご質問の補償金は、非課税となる損害賠償金には該当せず、雑所得として課税の対象となります。

なお、補償金の計算の基礎となった1単位当たりの暗号資産の価額がもともとの取得単価よりも低額である場合には、雑所得の金額の計算上、損失が生じることになりますので、その場合には、その損失を他の雑所得の金額と通算することができます。

タイトルとURLをコピーしました