sumifで複数列の集計・合計は?Excel(エクセル)

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

Excel(エクセル)でSUMIF関数の「合計範囲」に複数の列を指定するには?

sumifsは複数条件に絞って列の合計を出せますが、合計対象範囲が複数列ある場合、集計する方法は?

さらにある値のときに複数列の合計を求めたい場合、SUMIF関数ではどう指定したらよいのでしょうか?

スポンサーリンク

sumifで複数列の集計・合計は?Excel(エクセル)

Excel(エクセル)でSUMIF関数では複数行列を条件範囲・計算範囲として指定できるようになっています。

SUMIF(条件範囲,条件,計算範囲)

条件範囲と同じ行列の相対位置を合計できるので項目行と値が交互にある場合などで便利です。

例えば、次のような表で「条件範囲」にある「あ」の位置にある「計算範囲」の値を合計したい場合には、

SUMIF(A2:B6,”あ”,C2:D6)

とすれば条件と同じ相対位置にあるセルを合計することができます(この場合は11となりますね)

他にも、SUMIFS関数で、合計範囲を複数列・条件1を日付(2016/11/1?11/30)、条件2を山田とするような場合、例えば

A1=200、A2=400、A3=500

B1=150、B2=500、B3=1000

C1=山田、C2=佐藤、C3=山田

D1=2016/11/2、D2=2016/11/20、D3=2016/12/1

として、山田の2016/11の成績を出したい場合には

「=SUMIFS(A1:A3,C1:C3,”山田”,D1:D3,”>=”&”2016/11/1″,D1:D3,”<=”&”2016/11/30″)+SUMIFS(B1:B3,C1:C3,”山田”,D1:D3,”>=”&”2016/11/1″,D1:D3,”<=”&”2016/11/30″)」

とすると、結果は350となります。

タイトルとURLをコピーしました