サンルームの使い勝手は?いらなかった後悔・失敗談は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

サンルームの使い勝手は?いらなかった後悔・失敗談は?

サンルームはフォームの定番でありながら大規模で高額な工事と思われがちですが、リフォーム業者に見積もりを依頼すると意外とリーズナブルな価格だったりします。

サンルームの主な利用法としてはやっぱり洗濯物を干すことですが、使い勝手は良いんでしょうか?サンルームがいらなかった後悔・失敗談は?

スポンサーリンク

サンルームの使い勝手は?

サンルームはあったほうが便利なのは間違いありません。

仕事で遅くなった時はもちろん、たとえば、夏場は雷が多く、冬場は季節風が物凄く強い地方なので、天候をあまり気にしなくて良いので重宝します。

花粉の時期にはサンルームにお洗濯物を干せば花粉症対策にもなります。

寒冷地世の場合は特に冬場など温室のようなもので、陽が出ていたらポカポカと温かくなります。

でも実際には夜になるとサンルーム内の湿気が前面のガラスを通じてあっという間に冷やされて、全面での結露につながります

特に屋根のフレームに沿って、水滴が垂れてくると、床が汚れるだけではなく、木製の床であれば腐ったりしてしまうかもしれません。

それを防止するためには、できるだけ風通しを良くして室内に空気が滞留しないように工夫することです

ジャロジーや換気扇も有効でしょう(しかし完全に結露を防止することは難しいでしょうね、建物側の窓を開けたとたんに、室内からの暖かい湿気の多い空気がサンルーム内に流れ込みますので、あっという間に結露するでしょう)

サンルームでLow-Eガラス仕様などは聞いたことがないので、一般ガラスでしょうから、結露するという前提でプランニングをされるといいと思います

一番いいのは両袖にある程度大きなガラリやジャロジーを配置して、常時通風可能な状態を確保することでしょう、無風時には強制換気できるよう換気扇を併用するとなおよいでしょうね

サンルームいらなかった後悔・失敗談は?

サンルームはいらなかったと後悔している人の意見を調べてみると「太陽が出ていない日は想像以上に洗濯物が乾かない」といったもの。

また湿気の多い時期にサンルームが結露してカビが増えたり臭いがするようになるといった声もみられました。

外が寒くて中が温かい状態だと結露が発生します

ただこうした問題の多くは除湿機を設置するだけで解決してしまうことが多いようです。

結露があるようでしたら除湿機は有効だし太陽が出ていない日も除湿機を置くようにすると洗濯物は乾くようになります。

ちなみに、サンルームの窓を開けて網戸にする方が、早く乾きます。雨の日も、窓を開けると直接雨が吹き込んでくる場合を除き、窓を開けた方が早く乾きます。

洗濯物を干すと、サンルーム内の湿度が急上昇し、やがて飽和水蒸気に到達すると、そこから先は一向に洗濯物が乾かなくなってしまいます。出た湿気は、窓を開けて屋外に逃がすなり、あるいは窓を閉め切って除湿機を使うなりして、強制的に排出してやらないと、サンルーム内に湿気が篭りっぱなしになって、洗濯物の乾きがぐっと遅くなります。

サンルームに湿気がこもってしまうのを防ぐために、換気扇かジャロジー窓があった方がいいでしょう。ジャロジーなら雨が降っても開けることができます。

サンルームはフォームの定番でありながら大規模で高額な工事と思われがちですが、リフォーム業者に見積もりを依頼すると意外とリーズナブルな価格だったりします。

サンルームの主な利用法としてはやっぱり洗濯物を干すことですが、使い勝手は良いんでしょうか?サンルームがいらなかった後悔・失敗談は?

サンルームの使い勝手は?

サンルームはあったほうが便利なのは間違いありません。

仕事で遅くなった時はもちろん、たとえば、夏場は雷が多く、冬場は季節風が物凄く強い地方なので、天候をあまり気にしなくて良いので重宝します。

花粉の時期にはサンルームにお洗濯物を干せば花粉症対策にもなります。

寒冷地世の場合は特に冬場など温室のようなもので、陽が出ていたらポカポカと温かくなります。

でも実際には夜になるとサンルーム内の湿気が前面のガラスを通じてあっという間に冷やされて、全面での結露につながります

特に屋根のフレームに沿って、水滴が垂れてくると、床が汚れるだけではなく、木製の床であれば腐ったりしてしまうかもしれません。

それを防止するためには、できるだけ風通しを良くして室内に空気が滞留しないように工夫することです

ジャロジーや換気扇も有効でしょう(しかし完全に結露を防止することは難しいでしょうね、建物側の窓を開けたとたんに、室内からの暖かい湿気の多い空気がサンルーム内に流れ込みますので、あっという間に結露するでしょう)

サンルームでLow-Eガラス仕様などは聞いたことがないので、一般ガラスでしょうから、結露するという前提でプランニングをされるといいと思います

一番いいのは両袖にある程度大きなガラリやジャロジーを配置して、常時通風可能な状態を確保することでしょう、無風時には強制換気できるよう換気扇を併用するとなおよいでしょうね

サンルームいらなかった後悔・失敗談は?

サンルームはいらなかったと後悔している人の意見を調べてみると「太陽が出ていない日は想像以上に洗濯物が乾かない」といったもの。

また湿気の多い時期にサンルームが結露してカビが増えたり臭いがするようになるといった声もみられました。

外が寒くて中が温かい状態だと結露が発生します

ただこうした問題の多くは除湿機を設置するだけで解決してしまうことが多いようです。

結露があるようでしたら除湿機は有効だし太陽が出ていない日も除湿機を置くようにすると洗濯物は乾くようになります。

ちなみに、サンルームの窓を開けて網戸にする方が、早く乾きます。雨の日も、窓を開けると直接雨が吹き込んでくる場合を除き、窓を開けた方が早く乾きます。

洗濯物を干すと、サンルーム内の湿度が急上昇し、やがて飽和水蒸気に到達すると、そこから先は一向に洗濯物が乾かなくなってしまいます。出た湿気は、窓を開けて屋外に逃がすなり、あるいは窓を閉め切って除湿機を使うなりして、強制的に排出してやらないと、サンルーム内に湿気が篭りっぱなしになって、洗濯物の乾きがぐっと遅くなります。

サンルームに湿気がこもってしまうのを防ぐために、換気扇かジャロジー窓があった方がいいでしょう。ジャロジーなら雨が降っても開けることができます。

タイトルとURLをコピーしました