車幅感覚(車両感覚)つかめない!コツは?女性は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

車幅感覚(車両感覚)がつかめない!

運転が下手で車両感覚や車幅感覚のつかめない場合、掴み方のコツはある?

車幅感覚(車両感覚)・車の大きさがつかめず、停車線にとまる、道の真ん中をはしる、右左折の前に車を寄せる、といったことが苦手な人は少なくありません。

ボンネットの見えない車の車幅感覚(車両感覚)の掴み方のコツは?

スポンサーリンク

車幅感覚(車両感覚)つかめない!コツは?女性は?

車幅感覚(車両感覚)がつかめない場合、掴み方のコツとしては、ダッシュボードなりボンネットなりに目印付けるのが一番簡単。

助手席に誰かに乗ってもらって、交通量の少ない道とかで歩道側の白線ギリギリまでちょっとづつ寄せてみて一旦停止。

その状態で、運転席から見える白線と車の交わる所に目印付ければOKです。

目印があれば『ここまでは確実に寄せられる』っていう自信というか安心感が持てるので、一回やってみれば次からは全然怖くなくなります。

車が変わっても、もう一回同じ事やれば済む話ですから特に問題ありません。

また、車幅感覚(車両感覚)を養うには、客観的な目印で認識すると良いでしょう。

線のあるところにタイヤを乗せてアクセルのあたりにタイヤがというように、車両の端がこの位置にあると車内の目印となるものに置き換えて意識してもらいます。

左タイヤならフロントガラスの真ん中あたりとか。

後輪はこの辺とか。

車によって違うので、最初は一人ではできないので手伝ってあげてください。

少しはましになると思います

道路の真ん中は、頻繁にサイドミラーを見て(安全なレベルで)その見え方を記憶しましょう。

左の線は、車のボンネットのどの辺りで見えるか記憶しましょう。

とにかくトレーニングです。強い注意意識を持って、何回も繰り返すとできるようになります。

まとめ:車幅感覚(車両感覚)つかめない!コツは?女性は?

ハイエースみたいに視点が高い車を運転しやすいという人もいますが、それはそれでデメリットもあるから運転しにくいというのも分かりますよ。自分もセダンとかステーションワゴンとかの普通の車の方が視点としては良いと思います。

視点が高い車は、車両付近で高さのある障害物が分かり辛いんですよね。遠くを見やすいので、交通の流れは掴みやすいのですが。

出来れば安全な場所、自由に使える会社の駐車場等で、コーンか何か置いて車内から見える・見えない位置と、降りて車外から見える上体の違いを知っておくと良いと思います。コーンを置かなくても、駐車枠とか縁石が見えなくなった位置で停めて確認するとかでも良いです。

フロントの左右の角ギリギリにヒトに立ってもらって、運転席から『クルマの角がどのあたりにあるか?』を見ておくと、イメージし易くなります。

或いは自分がクルマの角に立ち、運転席のヘッドレスト(自分が運転する時にアタマがある辺り)を見て、角からの距離感を掴むというのもアリです。

車幅感覚(車両感覚)つかめない!コツは?ネットの口コミは?

タイトルとURLをコピーしました