怠惰を求めて勤勉に行き着く意味・元ネタは誰の言葉?かまいたち?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

かまいたち山内さんが座右の銘として上げた「怠惰を求めて勤勉に行き着く」意味・元ネタは誰の言葉?

スポンサーリンク

怠惰を求めて勤勉に行き着く意味・元ネタは誰の言葉?かまいたち?

「怠惰を求めて勤勉に行き着く」のは元ネタは誰の言葉なのかというと、少年マガジンで連載していた麻雀漫画「哲也~雀聖と呼ばれた男~(勝負師伝説 哲也)」に登場するキャラクターのことば。

主人公・哲也の勝負師としての生き様を描いた作品に出てくる主人公の師匠である「房州」の名言です。

楽して儲けたいはずのギャンブラーが、地道に麻雀の練習を続けている状況を指した言葉です。

勤勉とは真逆、楽して稼いでいるイメージのギャンブラー。

しかしその裏では勝ち続けるために、地道に努力をし、誰よりも研究し、誰よりも勤勉に励んでいることに気づかされます。

楽して儲けたいはずのギャンブラーが、毎日コツコツと麻雀の練習を続けている様子を指しています。

タイトルとURLをコピーしました