東京五輪U-24スペイン代表メンバー!注目選手やOAは?

スポンサーリンク
0未分類

2021年の東京五輪に出場するU-24スペイン代表メンバーの経歴・プロフィールをまとめています。

スポンサーリンク

東京五輪U-24スペイン代表メンバー!注目選手やOAは?

■GK
ウナイ・シモン / Unai Simon(アスレティック・ビルバオ)
アルバロ・フェルナンデス / Alvaro Fernandez(ウエスカ)
アレックス・ドミンゲス / Alex Dominguez(ラス・パルマス)

■DF
オスカル・ミンゲサ / Oscar Mingueza(バルセロナ)
ヘスス・バジェホ / Jesus Vallejo(レアル・マドリー)
エリック・ガルシア / Eric Garcia(バルセロナ)
パウ・トーレス / Pau Torres(ビジャレアル)
オスカル・ヒル / Oscar Gil(エスパニョール)
マルク・ククレジャ / Marc Cucurella(ヘタフェ)
フアン・ミランダ / Juan Miranda(ベティス)

■MF
ホン・モンカヨラ / Jon Moncayola(オサスナ)
マルティン・スビメンディ / Martin Zubimendi(レアル・ソシエダ)
ダニ・セバージョス / Dani Ceballos(レアル・マドリー)
ミケル・メリノ / Mikel Merino(レアル・ソシエダ)
カルロス・ソレル / Carlos Soler(バレンシア)
ペドリ / Pedri(バルセロナ)

■FW
ブライアン・ヒル / Bryan Gil(セビージャ)
マルコ・アセンシオ / Marco Asensio(レアル・マドリー)
ダニ・オルモ / Dani Olmo(RBライプツィヒ/GER)
ミケル・オヤルサバル / Mikel Oyarzabal(レアル・ソシエダ)
ラファ・ミル / Rafa Mir(ウォルヴァーハンプトン/ENG)
ハビ・プアド / Javi Puado(エスパニョール)

アルバロ・フェルナンデス

アルバロ・フェルナンデス・ロレンテ(Alvaro Fernandez Llorente、1998年4月13日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、SDウエスカやスペイン代表のゴールキーパーとして活躍しています。

ラ・リオハ州のアルネドで生まれたフェルナンデスは、少年時代にCAオサスナの一員として活躍しました。2015年4月12日、テルセラ・ディビシオン優勝をかけたCDイザラとのアウェイ戦で1-1の引き分けで先発し、リザーブでシニアデビューを果たしました。

2016年9月25日、1-3で敗れたビジャレアルCF戦で、負傷したマリオ・フェルナンデスに代わって後半から出場し、フェルナンデスはリーグ戦デビューを果たした。 最下位で降格を余儀なくされたトップチームでの初出場だった。

2017年7月11日、フェルナンデスはリーグ1のASモナコFCと3年契約を結んだ。 リザーブチームでの出場にとどまっていたが、2018年8月7日、エクストレマドゥーラUDとの1年間のローン契約に合意し、スペインに帰国した。

2019年6月29日、フェルナンデスは2部に降格したばかりのSDウエスカと3年契約を結んだ。

■代表歴
フェルナンデスは21歳以下までのいくつかのユースレベルでスペイン代表として活躍し、2021年のUEFA欧州U-21選手権では先発GKを務めた(同時期には同じポジションの名手、少し若いアルバロ・フェルナンデス・カルボも選出されている)

セルヒオ・ブスケッツのCOVID-19陽性反応を受けて一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 フェルナンデスはこの試合でシニアデビューを果たし、4-0の勝利に終わった]。これによりフェルナンデスは、クラブの全歴史の中でスペイン代表に出場した初のウエスカの選手となった

ウナイ・シモン

ウナイ・シモン・メンディビル(Unai Simon Mendibil、1997年6月11日生まれ)は、アスレティック・ビルバオに所属するゴールキーパーとして活躍するスペインのプロサッカー選手です。

シモンは、バスク地方のアラバ県ビトリア・ガステイスで生まれ、2011年にCDアウレラ・デ・ビトリアからアスレティック・ビルバオのユースシステムに参加しました。 2014-15シーズン、テルセラ・ディビシオンのファームチームでシニアデビューを果たしました。

2016年6月8日、シモンはセグンダ・ディビシオンBに降格したばかりのリザーブに昇格した。すぐにスタメンに定着し、キャンペーン中に29試合に出場して貢献した。

2017年6月2日、シモンは新しいトップチームの監督によって、トップチームのプレシーズン・スクワッドであるホセ・アンヘル・ジガンダに招集されたが、引き続きBs.のためだけに出場していた。2018年7月13日、2023年までの契約延長にサインし、その2週間後にセグンダ・ディビシオンのエルチェCFにレンタルされ、トップチームに招集された。

2018年8月15日、ケパ・アリサバラガの退団とイアゴ・エレーリンの負傷を受けて、シモンはアスレティックに呼び戻された。当初は、先輩MFのアレックス・レミーロの後塵を拝していたようだが、その5日後、ホームでのCDレガネス戦(2-1)で先発出場し、プロとして、そしてリーガ・エスパニョーラとしてのデビューを果たした。 アスレティック・ビルバオでのリーグ戦3試合目、シモンは1-1で引き分けたレアル・マドリード戦に出場し、何度も重要なセーブをしてプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選ばれた。 しかし、2018年10月にエレーリンが完全復帰すると、彼が先発GKとなり、シモンの出場はその後の4か月間のリーグ戦のみとなった。コパ・デル・レイ

2019-2020シーズン、シモンはジャージの背番号1番を与えられ、ファーストチョイスとしてキャンペーンを開始し、開幕戦のFCバルセロナの勝利の際にゼロを維持し、シーズンを通して好調を維持し、病気で2試合を欠場し、リーグ戦33試合を消化して29失点し、ザモラトロフィーのランキングで3位となりました。 最後の試合となった第37節のCDレガネス戦では、前半のペナルティエリア外での「ラストマン」チャレンジで退場処分を受け、その結果、1試合早く出場停止となりました。

■代表歴
シモンはU-19とU-21のスペイン代表に選ばれました。2015年のUEFA欧州U-19選手権では、大会中はバックゴールキーパーのアントニオ・シベラとしてではあるが、優勝したチームの一員であった。

2017年9月1日、シモンはイタリア戦で21歳以下のチームでデビューし、2019年のUEFA欧州U-21選手権に選出され、スペインが再びチャンピオンになったグループステージの初戦に出場した(シベーラは再びファーストチョイス)。

シモンは2020年8月20日、2020-21UEFAネーションズリーグの最初の2試合でシニアサイドの初招集を受けた。 その数日前にクラブレベルで失点につながるミスを犯したにもかかわらず、2020年11月11日にフルデビューに選ばれ、オランダとの親善試合にフル出場した。

アレックス・ドミンゲス

アレックス・ドミンゲス(Alejandro “Alex” Dominguez Romero、1998年7月30日生まれ)は、ラス・パルマスに所属するスペイン人サッカー選手で、GKとして活躍しています。

カタルーニャ州バルセロナのグラノラーズで生まれたドミンゲスは、ユース時代にCEサバデルFCに所属していましたが、2014年12月6日、UEカステルデフェルスとのテルセラ・ディビシオンのホーム戦で1-2の敗戦を喫した際に、リザーブメンバーとしてシニアデビューを果たしました。その後、RCDエスパニョールに移籍し、再びユースに戻ることになりました。

2016年、ドミンゲスはCFダムに1年間レンタルされ、フォーメーションを完成させた。復帰後は、同じ4部リーグのエスパニョールのBチームに配属された。同チームでは惜しみなく活躍し、2018年3月22日に2020年までの契約を更新した。

昇格を達成した2018年7月10日、ドミンゲスは別のリザーブチームである、まだ4部のデポルティボ・アラベスBと3年契約で合意した。 翌年8月28日、再び昇格した後、UDラス・パルマスに移籍し、当初はセグンダ・ディビシオンBのB面に配属された。

ドミンゲスは2020年7月20日、セグンダ・ディビシオン優勝をかけたエクストレマドゥーラUDのホームでの5-1のルーティングで先発し、トップチームデビューを果たした。 2020-21シーズンはアルバロ・バジェスのバックアップとしてスタートしたが、バジェスの調子が悪かったため、11月に監督のペペ・メルによって先発起用された。

オスカル・ミンゲサ

オスカル・ミンゲサ・ガルシア(oscar mingueza、1999年5月13日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、バルセロナBに所属し、副キャプテンを務めています 主にセンターバックですが、フルバックでもプレー可能で、主に右サイドバックとして活躍しています。

オスカルの妹、アリアドナもプロのサッカー選手で、2021年3月6日にバルセロナの女子チームでデビューしています。

カタルーニャ州バルセロナのサンタ・ペルペトゥア・デ・モゴダで生まれたミンゲサは、2007年にFCバルセロナのラ・マシア・アカデミーに入団。2018年に同クラブのフベニルAチームでUEFAユースリーグを制覇した。 2018-19シーズンにはFCバルセロナBに昇格した。

ミングエサは2020年11月24日、負傷したジェラール・ピケの代役として、キエフのNSCオリンピエスキーで行われた4-0の2020-21UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのディナモ・キエフ戦で先発し、バルセロナのトップチームデビューを果たした。 その5日後、カンプ・ノウで行われた4-0のオサスナ戦でリーガ・エスパニョーラのデビューを果たした。2021年3月15日、リーガ・エスパニョーラのウエスカ戦(ホーム)で4-1の勝利を収め、ミンゲサはバルセロナでの初ゴールを決めた。 2021年4月10日、エル・クラシコの60分にキャリア2度目のゴールを決めた。その1週間後、2020-21コパ・デル・レイのアスレティック・ビルバオ戦で優勝し、プロとして初のタイトルを獲得した。

■代表歴
セルヒオ・ブスケッツのCOVID-19陽性反応を受けて一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 ミングエサはこの試合でシニアデビューを果たし、スペインが4-0で勝利した。

ヘスス・バジェホ

ヘスス・バジェホ・ラサロ(Jesus Vallejo、1997年1月5日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、レアル・マドリードのセンターバックとして活躍しています。

サラゴサ
2007年、10歳のときにレアル・サラゴサのユースに入団した。2013年7月26日、フベニールチームでの活躍が認められ、クラブとの契約を更新した。

2014年8月23日、リザーブでの出場経験もないまま、バジェホはセグンダ・ディビシオンのレクレティボ・デ・ウエルバで0-0の引き分けに終わった試合で先発し、プロデビューを果たした。 12月26日、さらに2019年まで契約を延長した。

4月5日、CDテネリフェとのアウェイでの1-1の引き分けで、バジェホはプロ初ゴールを決め、最後にネットを揺らした。 その試合でランコ・ポポヴィッチ監督からチームキャプテンに任命され、その後もその役割を果たした。

レアル・マドリード
2015年7月31日、バジェホは600万ユーロと噂される金額でレアル・マドリードと6年契約を結び、すぐにサラゴサに1年間貸し出された。 翌年の夏には、ドイツのアイントラフト・フランクフルトとの1年間のレンタル契約に合意し、海外に移った。

バレホのブンデスリーガでの初出場は2016年8月27日、ホームでのFCシャルケ04戦に1-0で勝利した際、後半の交代要員として出場した。また、シーズン最終戦のコメルツバンク・アリーナでのRBライプツィヒ戦でも2-2の引き分けに貢献し、同じくベンチから初ゴールを決めた。

2017年7月7日、バジェホはレアル・マドリードの選手として、また次のキャンペーンのトップチームのメンバーとしてお披露目されました。10月26日、コパ・デル・レイのCFフエンラブラダ戦で先発し、2-0のアウェー戦では終盤に退場した。 その10日後、セルヒオ・ラモスと組んでUDラス・パルマスをホームで3-0で破り、リーガでの初出場を果たした。

ナチョの負傷とラモスの出場停止から利益を得て、バジェホは2018年4月11日にUEFAチャンピオンズリーグでデビューし、準々決勝2ndレグのユヴェントスF.C.とのホームでの1-3の敗戦で全体をプレーしたが、それでも合計4-3でベスト4に進出した。 それは彼の唯一の出場であり、マドリードは同大会で3連覇、通算13回目の優勝を果たした。

2019年7月27日、バジェホはイングランド・プレミアリーグのウォルバーハンプトン・ワンダラーズに1シーズンのローンで移籍した 8月15日、UEFAヨーロッパリーグの予選3回戦、FCピユニクとのホーム戦で4-0で勝利し、競技デビューを果たした。 9月14日、モリーラックスで行われたチェルシー戦(5-2)で90分フル出場し、プレミアリーグ初出場を果たした その後、リーグ戦に1試合出場したが、EFLカップで控え選手を中心に出場した以外は、起用されなかった 。

1月の移籍市場で、ウルブズのヘッドコーチであるヌーノ・エスピリト・サントは、バジェホが退団する可能性が高いことを認めた上で、このディフェンダーについて「プレーした瞬間もあれば、うまくいった瞬間もあり、うまくいかなかった瞬間もある…。明らかにうまくいかなかった」と述べた。 2020年1月24日、スペインのトップレベルであるグラナダCFに6月までレンタルされたが、8月18日にさらに1年間延長された。

■代表歴
2013年3月7日、バジェホは16歳以下のスペイン代表でハンガリーとの親善試合に出場した。 2015年3月26日、18歳で21歳以下のチームで初キャップを獲得し、カルタヘナで行われたノルウェーとの別のエキシビションゲームで2-0で勝利した際に先発出場した。

アルベルト・セラデス監督によって2017年U-21欧州選手権の決勝戦に選出されたバジェホは、最終的に準優勝したチームで4回プレーした。 2018年FIFAワールドカップの決勝戦に臨む23人のメンバーには入っていなかったものの、フル代表のヘッドコーチであるフレン・ロペテギによって、6月3日に開催されるスイスとの親善試合に選ばれた。

エリック・ガルシア

エリック・ガルシア・マートレット(Eric Garcia、2001年1月9日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、バルセロナやスペイン代表のセンターバックとして活躍しています。

ガルシアは17歳のときにバルセロナからマンチェスター・シティに移籍。2019年9月21日にシティでプレミアリーグデビューを果たしました。同クラブでの最後のシーズンには、リーグ優勝とUEFAチャンピオンズリーグでの準優勝を果たした。マンチェスター・シティとの契約満了に伴い、2021-22シーズンにバルセロナに再加入した。

マンチェスター・シティ
ガルシアは、バルセロナのアカデミーであるラ・マシアに所属した後、2017年にマンチェスター・シティに加入しました。 シティでの最初のシーズンでは、18歳以下のチームでキャプテンを務め、UEFAユースリーグでは19歳以下のチームでプレーしました。

2018年夏のアメリカでのプレシーズン中にトップチームに合流した 2018年12月18日、ガルシアはEFLカップ準々決勝のレスター・シティ戦で先発し、シティでのデビューを果たした。 ニコラス・オタメンディとのセンターバックコンビでプレーし、試合は1-1で終了し、シティがPK戦で勝利しました 2019年9月21日、ワトフォードに8-0で勝利した際に、オタメンディの63分に交代で出場し、プレミアリーグデビューを果たしました 。

ガルシアは、2019年のクリスマスから新年にかけて、シティで連続して2試合フル出場しました。最初の試合はホームでのシェフィールド・ユナイテッド戦で、シティは2-0で勝利した。 数日後に行われたホームでの2試合目では、ガルシアは2度目の先発出場を果たし、シティはエバートン戦で2-1の勝利を記録した。

2020年6月17日、ガルシアはCOVID-19パンデミック後の復帰初戦となったアーセナル戦に先発出場し、3-0の勝利を収めた。試合終了間際、ガルシアはエデルソンと衝突し、意識を失った。ガルシアは現場で長時間の治療を受けた後、担架で運ばれ、酸素を供給された。ペップ・グアルディオラ監督は記者会見で、ガルシアの負傷は脳震盪であり、10日以内に回復すると述べた。

2020年8月6日、グアルディオラ監督は、アイメリック・ラポルテのパートナーとしてシティのファーストチョイスとしてリーグ戦を終えたにもかかわらず、ガルシアが契約延長を拒否したことを記者会見で発表した。

バルセロナ
2021年6月1日、ガルシアはリーガ・エスパニョーラのバルセロナとフリーランスで契約することに合意した。契約期間は7月1日からの5年で、買い取り条項は4億ユーロに設定されている。

■代表歴
19歳以下と21歳以下のレベルでスペインを代表してきたガルシアは、2020年8月20日、ドイツとウクライナとの2つのUEFAネーションズリーグの試合で、初めてシニアの招集を受けた 2020年9月6日のウクライナ戦でシニアの国際デビューを果たし、61分にセルヒオ・ラモスに代わって出場し、スペインが4-0で勝利した 2021年5月24日、ガルシアはルイス・エンリケ監督のUEFAユーロ2020の24人のメンバーに含まれた。

パウ・トーレス

パウ・フランシスコ・トーレス(Pau Torres、1997年1月16日生まれ)は、ビジャレアルとスペイン代表のセンターバックとして活躍しているスペインのプロサッカー選手です。

バレンシア州カステリョン県ビジャレアルで生まれたトーレスは、ビジャレアルCFでユースサッカーをしていました。2016年8月21日、UE Cornellaとのセグンダ・ディビシオンBのアウェイでの0-1の敗戦で先発し、リザーブでのリーグデビューを果たしました。

トーレスは、2016年10月8日、ホームでCFバダロナと2-2で引き分けた際に、シニアでの初ゴールを決めました。 トップチームでの初の試合出場は、12月20日、コパ・デル・レイのラウンド32でCDトレドとホームで1-1で引き分けた際に、ビクトル・ルイスの後半の交代要員として登場しました。これにより、ビジャレアルで生まれた選手として13年ぶりにクラブでデビューしました。

2017年11月26日、トーレスはリーガ・エスパニョーラでの初試合に出場し、同じユース出身のマヌ・トリゲロスに代わって、ホームでセビージャFCに2-3で敗れた試合の後半に出場した。 その10日後、UEFAヨーロッパリーグでデビューし、グループステージのホームでのマッカビ・テルアビブF.C.戦で、同じくエスタディオ・デ・ラ・セラミカで1-0で敗れた試合で先発し、ゴールした。

2018年8月6日、トーレスはマラガCFに1年間レンタルされた。 その間、セグンダ・ディビシオンでは4試合しか欠場せず、昇格プレーオフに進出し、その後、親クラブに呼び戻された。

トーレスはその後、ビジャレアルの先発メンバーの座を固め、リーグ戦では全試合に出場した。 2019年10月、2024年までの契約延長の報酬を得て、同月、CAオサスナに2-1で敗れた試合の開幕戦で、スペイン1部リーグでの初ゴールを決めた。

■代表歴
トーレスは2019年10月4日、UEFAユーロ2020予選のノルウェー戦とスウェーデン戦で、ロベルト・モレノによってスペイン代表に初招集された。 デビューしたのは11月15日で、すでに予選を通過したホスト国のマルタ戦で、セルヒオ・ラモスに代わって1分以内に7-0でゴールを決めた。この試合ではダニ・オルモも初キャップでゴールを決めており、2人のスペイン人がゴールを決めたのはちょうど30年ぶりのことだった。

トーレスは、ルイス・エンリケ監督が選んだ決勝戦の24人のメンバーに含まれていた。

オスカル・ヒル

オスカル・ヒル(Oscar Gil Regano、1998年4月26日生まれ)はスペインのサッカー選手で、RCDエスパニョールで右サイドバックとして活躍しています。

エルチェ
バレンシア州エルチェで生まれたギルは、ユース時代にCD Pablo Iglesias、Elche CF、Kelme CFに所属していました。 2015年8月23日にエルチェのリザーブチームでシニアデビューを果たし、FC Jove Espanol San Vicenteとのテルセラ・ディビシオンのアウェイ戦で1-0で勝利した際に先発出場しました。

その後、ギルは次のキャンペーンでは怪我に苦しみ、B面のレギュラースターターになったのは2017-18年のキャンペーンの時だけでした。彼は2018年10月16日にプロデビューし、シーズンのコパ・デル・レイでコルドバCFに1-4でホームで敗れた際に先発しました。

ギルは2019年8月24日、ADアルコルコンのアウェイでの2-1の敗戦で先発してセグンダ・ディビシオンにデビューし、その後、パチェタ監督の下でレギュラースターターとなった。

2020年3月8日、ラージョ・バジェカーノとのアウェイ戦で3-2の勝利を収めた際に、ギルはプロとしての初ゴールを挙げた。 リーガ・エスパニョーラへの昇格を果たしたこのキャンペーンで、36試合(3,018分、プレーオフを含む)に出場して貢献した。

エスパニョール
2020年9月7日、ジルは50万ユーロの買い取り条項を行使し、トップリーグから降格したばかりのRCDエスパニョールとの4年契約に合意した。

■代表歴
セルヒオ・ブスケッツのCOVID-19陽性反応を受けて一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 ギルはこの試合でシニアデビューを果たし、スペインが4-0で勝利した。

マルク・ククレジャ

マルク・ククレラ・サセタ(Marc Cucurella Saseta、1998年7月22日生まれ)は、ヘタフェCFに所属するスペインのプロサッカー選手です。主にワイド・ミッドフィルダーですが、左サイドバックとしてもプレーできます。

カタルーニャ州バルセロナのアレッラで生まれたククレラは、FSアレッラでフットサルを始めた後、2006年にRCDエスパニョールのユースチームに入団しました。 2012年にはFCバルセロナに移籍しました。 2016年11月26日、まだジュニアであった彼は、セグンダ・ディビシオンBのホームでCEロスピタレットを4-0で下した試合で先発出場し、リザーブでシニアデビューを果たしました。

ククレラは17試合に出場して貢献し、プレーオフでセグンダ・ディビシオンへの昇格を果たした。2017年7月7日、1200万ユーロの条項付きで2021年まで契約を更新した 9月1日、グラナダCFとのアウェイ戦で2-2の引き分けで先発出場し、プロデビューを果たした。

2017年10月24日、コパ・デル・レイのアウェーでのレアル・ムルシア戦(3-0)で、ルーカス・ディグネの代役として後半から出場し、トップチームデビューを果たした。 翌3月17日、ホームでロルカFCに敗れた際に、試合唯一のネットを揺らし、シニア初ゴールを記録した。

2018年8月31日、ククレラは同じリーガ・エスパニョーラのSDエイバルに、200万ユーロの買い取り条項付きで1年間レンタルされた。 レンタル終了後、エイバルはククレラの条項を行使し、バスクのチームの永久的な選手となった。この移籍に伴い、バルセロナは400万ユーロの買い取りオプションを付けた。

2019年7月16日、エイバルの永久欠番選手としてわずか16日間を過ごした後、バルセロナはククレラの400万ユーロの買い戻し条項を行使したが、その2日後には、600万ユーロの買い戻しオプションとバルサに残る権利の40%を付けて、ヘタフェCFに来季のために貸し出した。

2020年3月3日、ヘタフェは600万ユーロの買い取りオプションを発動し、バルセロナに繋がらなくなった。 クラブは6月30日、買い取りオプションを完全に行使した。

■代表歴
2020年11月にスペインのシニアチームに招集された。

セルヒオ・ブスケッツのCOVID-19陽性反応を受けて一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 ククレラはこの試合でシニアデビューを果たし、スペインは4-0で勝利した。

フアン・ミランダ

フアン・ミランダ・ゴンサレス(Juan Miranda、2000年1月19日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、レアル・ベティスの左サイドバックとして活躍しています。

バルセロナ
ミランダは、2014年6月にレアル・ベティスからバルセロナのユースに入団しました。 ユースを経て、2017年8月19日のセグンダ・ディビシオン優勝をかけたレアル・バジャドリッドとのアウェイ戦で2-1の先発出場を果たし、リザーブメンバーとしてシニアデビューを果たしました。

ミランダは2018年1月27日、ホームのグラナダ戦で3-0の勝利を収め、2点目のネットを揺らしてシニア初ゴールを決めました。12月11日、トッテナム・ホットスパーとの1-1の引き分けで、トップチームでのUEFAチャンピオンズリーグのデビューを果たした。

シャルケ04へのレンタル
2019年8月30日、ミランダはブンデスリーガのFCシャルケ04に2年間のレンタル移籍で加入した。 2019年12月15日、ホームでの1-0の勝利を収めたアイントラフト・フランクフルト戦で、負傷したウェストン・マッケニーの代わりに13分から出場し、ブンデスリーガデビューを果たした。 2020年7月1日、レンタルが早期に終了したため、バルセロナに戻った。

ベティスへのレンタル
2020年10月5日、ミランダはリーガ・エスパニョーラのレアル・ベティスに2020-21年のキャンペーンのためにローンで移籍した。

レアル・ベティス
2021年6月1日、バルセロナはミランダの契約にあった2023年までの自動延長条項が発動しないことを発表し、ミランダはレンタル期間が終了した後、レアル・ベティスに永久に移籍することになった。バルサは、将来の売却権の40%と、ミランダとの再契約に関する第一選択権を保有する。

■代表歴
セルヒオ・ブスケッツがCOVID-19の陽性反応を示したことで、一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 ミランダはこの試合でシニアデビューを果たし、得点を挙げてスペインが4-0で勝利した。

ホン・モンカヨラ

ホン・モンカヨラ(Jon Moncayola Tollar、1998年5月13日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、オサスナに所属し、セントラル・ミッドフィールダーとして活躍しています。

モンカヨラは、ナバラ州のガリノアンで生まれ、CAオサスナのユース出身です。彼は2017-18シーズン、テルセラ・ディビシオンのファームチームでシニアデビューを果たし、キャンペーン中はセグンダ・ディビシオンBのリザーブチームでも出場しました。

2019年6月3日、モンカヨラはクラブとの契約を2021年まで更新しました。 2019年8月17日、CDレガネスのアウェイでの1-0の敗戦で先発し、プロデビュー、そしてリーガ・エスパニョーラデビューを果たしました。

2019年11月28日、モンカヨラは2024年まで契約をさらに延長し、その3日後にはRCDエスパニョールのアウェイでの4-2の敗戦でチームの3点目をネットで決め、プロとしての初ゴールを記録した。

2021年6月8日、モンカヨラはオサスナと2031年6月までの10年契約を結んだ。 オサスナは、モンカヨラの放出条項を次の2シーズンは2200万ユーロ(1890万ポンド)、その後の8シーズンは2000万ユーロに引き下げることを確認した。

■代表歴
モンカヨラは、2021年3月に開催された欧州選手権で、スペインのU-21グループステージの全3試合に出場した。 彼はCOVID-19の陽性反応が出たため、2021年5月の同大会のノックアウトステージを欠場した。

マルティン・スビメンディ

マルティン・ズビメンディ・イバニェス(Martin Zubimendi Ibanez、1999年2月2日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、レアル・ソシエダやスペイン代表のミッドフィールダーとして活躍しています。

バスク地方のギプスコア、サン・セバスティアンで生まれたズビメンディは、2011年に12歳でレアル・ソシエダのユースに入団しました。 2016年8月27日にCチームでシニアデビューを果たし、テルセラ・ディビシオンのホームでのSCDドゥランゴとの0-0の引き分けで最後の7分間をプレーしました。

2018年7月25日、ズビメンディは2022年までの契約を更新し、セグンダ・ディビシオンBのリザーブに確実に昇格した。 翌4月28日、ヘタフェCFとのホーム戦に2-1で勝利した際、ルベン・パルドの代役として後半から出場し、トップチーム、そしてリーガ・エスパニョーラでのデビューを果たした。

2020年7月24日、ズビメンディはTxuri-urdinと2025年までの契約を更新し、確実に主力チームに昇格した。

■代表歴
ズビメンディは19歳以下のスペイン代表として、2017年11月15日に親善試合で19歳以下のポルトガル代表に2-1で敗れた。

セルヒオ・ブスケッツのCOVID-19陽性反応を受けて一部の代表選手が孤立したため、2021年6月8日に行われたリトアニアとの国際親善試合に21歳以下のスペイン代表が招集された。 この試合でズビメンディはシニアデビューを果たした。

ダニ・セバージョス

ダニ・セバージョス・フェルナンデス(Daniel Ceballos Fernandez、1996年8月7日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、リーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードやスペイン代表で、セントラルまたはアタッキング・ミッドフィールダーとして活躍しています。

セバロスは、スペインのクラブ、レアル・ベティスでキャリアをスタートさせ、セグンダ・ディビシオンでの優勝に貢献しました。2017年にレアル・マドリードと契約し、その2年後にイングランド・プレミアリーグのアーセナルにレンタル移籍しました。

セバロスは、2018年9月、UEFAネーションズリーグのクロアチア戦で6-0のホーム勝利を収め、スペイン代表として初キャップを獲得しました。

セバロスは、アンダルシアのウトレラで生まれました。2004年に8歳でセビージャのユースに入団しましたが、2009年に慢性気管支炎の問題で放出されました。 その後、故郷のクラブであるウトレラでプレーし、2011年に契約したレアル・ベティスで育成を完了しました。 2014年2月22日に、まだジュニアのうちにベティスとプロ契約を結びました。

2014年4月26日、Bチームでの出場経験もないまま、セバロスはリーガ・エスパニョーラのホームでのレアル・ソシエダ戦で1-0の敗戦時に後半交代で出場し、クラブの本隊での初試合に出場した。 12月21日、ホームでのレーシング・サンタンデール戦で2-0の勝利を収め、セグンダ・ディビシオン優勝に向けて初ゴールを決めた。 ベティスが初の試みでリーガ・エスパニョーラに復帰した2014-15年のセグンダ・ディビシオンシーズンでは、33試合に出場し、5回の得点を記録した。。

2015年10月15日、長い交渉の末、セバロスは2020年6月までの契約を更新した。 2017年4月16日、ホームで2-0で勝利したエイバル戦を最後に、スペイントップリーグでの初ゴールを決めた。

レアル・マドリード
2017年7月14日、セバロスはリーガ・エスパニョーラのレアル・マドリードと6年契約を結び、移籍金は約1800万ユーロだった。 8月16日、2017年スーペルコパ・デ・エスパーニャの2ndレグ、ホームでバルセロナに2-0で勝利した試合で、80分にトニ・クロースに代わってデビューした。 9月23日、初の先発出場となったデポルティボ・アラベスとのアウェイ戦で2-1で勝利し、2ゴールを挙げた。

セバロスは2017-18シーズンのUEFAチャンピオンズリーグで4試合に出場し、マドリードは同大会で3連覇、通算13回目の優勝を果たしました。 2019年1月13日、ピッチに立ったのはわずか15分で、元クラブのサポーターからブーイングを受け続けていましたが、エスタディオ・ベニート・ビジャマリンでのベティス戦で2-1の勝利を収めた終盤にフリーキックから得点を決めました。

アーセナル(レンタル
2019年7月25日、セバロスはイングランド・プレミアリーグのアーセナルに1シーズンのレンタル移籍で加入した 8月17日、2-1で勝利したバーンリー戦でアーセナルでの初先発出場を果たし、マン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスで2アシストを提供した 10月3日、セバロスは2019-20UEFAヨーロッパリーグのグループステージのスタンダード・リエージュ戦で、ホームで4-0の勝利を収め、アーセナルでの初ゴールを決めた 。 2020年6月28日、2019-20 FAカップの準々決勝、シェフィールド・ユナイテッド戦で、1-2の勝利を収めるため、ロスタイムにアーセナルの2点目を決めた 決勝では90分フル出場し、ウェンブリー・スタジアムでアーセナルがチェルシーを2-1で下した 。

2020年9月4日、セバロスはアーセナルにもう1シーズン貸し出された。 あるインタビューでは、アーセナルに残ることを決めた主な理由は監督のミケル・アルテタであり、クラブに入ってからは、より成熟した選手になり、選手として大きく向上したと述べている。

■代表歴
2014年11月5日、セバロスは19歳以下のスペイン代表に招集され、ドイツ、フランス、ギリシャで行われた大会に出場しました。 2015年3月26日、カルタヘナで行われたノルウェーとの親善試合に2-0で勝利した際、サム・カスティジェホに代わってハーフタイムに21歳以下の選手としてデビューしました。その4日後、レオンで行われたベラルーシとの4-0の試合で、初の先発出場を果たしました。

ポーランドでの大会ではベンチ入りしたものの、2017年UEFA欧州U-21選手権でのセバロスのパフォーマンスは、スペインを準優勝に導いた。その後、大会最優秀選手に選ばれた 21歳以下のチームでは、優勝した2019年UEFA欧州U-21選手権スペイン代表にも参加した。2大会連続でチーム・オブ・ザ・トーナメントに選出された。

セバロスは、2018年9月11日、2018-19UEFAネーションズリーグのクロアチア戦で6-0のホームでの勝利の全試合に出場し、シニアチームでの初キャップを獲得した。 11月15日、ザグレブで同じ相手と同じ大会で3-2の敗戦を喫した際に、母国での初ゴールを記録した。

2021年6月29日、セバロスは、怪我のためにユーロ2020の出場を逃したスペインの2020年夏季オリンピック予備軍の3人のオーバーエイジ選手の一人として選出された。

■不祥事
2012年、セスク・ファブレガスとジェラール・ピケの両選手がUEFAユーロ2012でのスペインの優勝をセニェーラの旗で祝った際に「恥知らず」とのレッテルを貼り、その中で「カタルーニャ人は国から出て行け!」とも付け加えた。2015年のコパ・デル・レイ決勝、バルセロナとアスレティック・ビルバオの試合の際、カンプ・ノウでサポーターがスペイン国歌を口笛で吹く中、「スタンドに爆弾を落として、カタルーニャ人とバスク人の犬を殺してくれ」と願った。さらに、親フランコ派のツイートや、イケル・カシージャスとその妻サラ・カルボネロに対する侮蔑的なコメントを書き込んでいました。2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラの最終節では、ヘタフェのカラ選手に「2部で腐って、クラブが消滅することを願っている」と語っている。

ミケル・メリーノ

ミケル・メリーノ・ザゾン(Mikel Merino Zazon、1996年6月22日生まれ)は、レアル・ソシエダとスペイン代表のミッドフィールダーとして活躍するスペインのプロサッカー選手です。

オサスナでプレーした後、ボルシア・ドルトムント、ニューカッスル・ユナイテッド、レアル・ソシエダでプレーした。

メリノはスペイン代表として2度のU-21欧州選手権に出場し、2019年には優勝。2020年にはフルデビューを果たしている。

メリーノの父、アンヘルもサッカー選手だった。彼のキャリアは、オサスナの選手としても監督としても関係していた。

オサスナ
ナバラ州パンプローナ出身のメリノは、CDアミゴでキャリアをスタートし、後にCAオサスナに移籍しました。 2013-14シーズン、テルセラ・ディビシオンのリザーブでシニアデビューを果たしました。

2014年8月23日、メリーノは、セグンダ・ディビシオンのFCバルセロナB戦で、ホームで2-0の勝利を収めた際に先発出場し、トップチームでの試合出場を果たした。 12月21日、UDラス・パルマスとのアウェイ戦で2-1の勝利を収めた際に、勝ち越しゴールを決め、プロとしての初ゴールを記録した。

メリノは2015年1月31日に間違いなく本隊に昇格し、8番のジャージを与えられた。 1年目はレギュラーとして先発出場し、降格を辛うじて回避するのに貢献した。

2015-16シーズン、メリノは34試合に出場して4ゴールを挙げ、オサスナの6位入賞と昇格プレーオフ進出に貢献した。 同ステージの1回戦では、ホームでのギムナスティック・デ・タラゴナ戦(3-1)でブレースのネットを揺らし、2ndレグ(3-2で勝利)でもゴールを追加した。

ボルシア・ドルトムント
2016年2月15日、メリノはボルシア・ドルトムントと5年契約を結び、7月1日に発効しました。 ブンデスリーガでの初出場は10月14日で、ホームでヘルタBSCと1-1で引き分けた際に90分フル出場しました。

ニューカッスル・ユナイテッド
2017年7月、メリノはニューカッスル・ユナイテッドに1シーズンのレンタル移籍をしました。プレミアリーグのクラブは、出場回数に応じて同選手との永久契約を義務付ける条項に合意しました。 10月13日、これが発動され、5年契約に合意しました。

メリノはマグパイズで24試合に出場し、2017年10月21日にセント・ジェームズ・パークで行われたクリスタル・パレス戦で、後半のヘディングで唯一のゴールとなる1得点を挙げた。

レアル・ソシエダ
メリノは2018年7月12日にスペインに戻り、1200万ユーロと報じられている非公開の料金でレアル・ソシエダと5年契約を結びました。 リーガ・エスパニョーラでの初試合は8月18日に行われ、ホスト国のビジャレアルCFとの2-1の試合で59分間プレーしました。9月21日のSDウエスカ戦で初ゴールを決めました。

■代表歴
メリーノは、2015年にギリシャで開催されたUEFA欧州選手権で優勝した19歳以下のスペイン代表の一員だった。2020年8月20日、2020-21UEFAネーションズリーグのドイツ戦とウクライナ戦でシニアチームに初招集され、9月3日のドイツ戦ではセルヒオ・ブスケッツに代わって後半開始早々に出場し、1-1のドローで初キャップを獲得した。

カルロス・ソレール

カルロス・ソレール・バラガン(Carlos Soler Barragan、1997年1月2日生まれ)は、バレンシアCFでセントラルまたは右MFとしてプレーするスペインのプロサッカー選手です。

プロキャリアのすべてをバレンシアで過ごし、150試合以上に出場し、2019年にはコパ・デル・レイを制覇しています。

バレンシアで生まれたソレールは、2005年、8歳の時に地元のクラブであるバレンシアCFのユースに入団した。当初はストライカーとして活躍していましたが、バレンシアでの卒業後は攻撃的MFやセントラルMFに転向しました 2015年5月3日、UE Cornellaとのセグンダ・ディビシオンBのアウェイ戦(0-1)で先発し、リザーブメンバーとしてシニアデビューを果たしました 。

ソレールは2015年12月13日、CFバダロナとの2-2の引き分けでチームの2点目をネットで決め、シニア初ゴールを記録した。 翌3月12日には契約を更新し、今シーズンのUEFAヨーロッパリーグのアスレティック・ビルバオとのホームでの2-1の勝利の際に、本隊では未使用の代役として出場した。

2016年12月10日、ソレールは、アノエタ・スタジアムで行われたレアル・ソシエダとの2-3の敗戦で、マリオ・スアレスに代わってトップチーム、そしてリーガ・エスパニョーラでのデビューを果たした。 翌1月21日、エスタディオ・デ・ラ・セラミカで行われたビジャレアルCFとの2-0のバレンシア・コミュニティ・ダービーの勝利で、このカテゴリーでの初ゴールを挙げている。 2月4日、メスタージャで行われたSDエイバルとの4-0の試合で、コーナーキックのルーティン中にゴンサロ・エスカランテと揉み合いになり、PKを献上して退場となった 。

2018年1月、ソレールはバレンシアと1年余りで3度目の新契約を結び、2021年までクラブとの契約を結び、リリース条項を8000万ユーロに引き上げた。 2018-19シーズンは、UEFAチャンピオンズリーグとヨーロッパリーグでの欧州デビューシーズンの13試合を含む計51試合に出場し、前者ではグループステージのBSCヤングボーイズ戦とマンチェスター・ユナイテッド戦の勝利で得点を挙げた。 バレンシアが11年ぶりの栄冠を手にしたシーズンのコパ・デル・レイでは7試合に出場し、2019年5月25日に行われたFCバルセロナとの決勝戦では、2-1で勝利したロドリゴの決勝点をアシストした 。

2019年12月17日、ソレールは4年間の契約延長にサインし、2023年までクラブに在籍し、リリース条項は1億5000万ユーロに設定された。

2020年11月8日、ソレールはレアル・マドリードにリーグ戦で4-1で勝利した際にキャリア初のハットトリックを達成した。3つのゴールはすべてPKによるもので、これまでにこのようなトレブルを達成したのはリーガ・エスパニョーラでは2人しかいなかった。

ペドリ

ペドリの愛称で親しまれているペドロ・ゴンサレス・ロペス(Pedro Gonzalez Lopez、2002年11月25日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、リーガエスパニョーラのバルセロナとスペイン代表のセントラル・ミッドフィールダーとして活躍しています。

ラス・パルマス
カナリア諸島のテネリフェ州テグエステで生まれたペドリは、2018年にCFフベントゥ・ラグナからラス・パルマスのユースに加入した。 2019年7月15日、わずか16歳でクラブとプロの4年契約を結び、ペペ・メル監督によってトップチームに昇格した。

ペドリは2019年8月18日、セグンダ・ディビシオンのウエスカとのホームでの0-1の敗戦で先発出場し、わずか16歳でプロデビューを果たした 9月19日、スポルティング・ヒホンとのホームでの勝利で試合唯一のゴールを決め、16歳9カ月23日でラス・パルマス史上最年少ゴール記録を達成した 。

バルセロナ
2019年9月2日、バルセロナはラス・パルマスとペドリの移籍について、翌2020年7月1日付で合意に達した。同選手はカタルーニャ・クラブとの5年契約に合意し、500万ユーロを支払ったが、後に契約の様々な条項を満たすことで増額されることになった。

2020-21シーズンのメインチームに配属され、背番号16のジャージを着用した ペドリは、9月27日、ホームでのビジャレアル戦(4-0)で、フィリッペ・コウチーニョに代わって、バルセロナ、そしてリーガ・エスパニョーラでのデビューを果たした 10月17日、アウェーでのヘタフェ戦(0-1)で、初の先発出場を果たした。 2020年10月20日、チャンピオンズリーグ・グループステージのフェレンツバロス戦(5-1)で、61分にアンス・ファティの代役として出場したペドリは、UEFAチャンピオンズリーグでのデビュー戦でクラブ初ゴールを決めた 11月7日、ホームでのレアル・ベティス戦(5-2)で、セルジ・ロベルトのアシストにより、リーガ・エスパニョーラでの初ゴールを決めた 。

2021年1月6日、アスレティック・ビルバオとの対戦ではヘディングでゴールを決め、サン・マメスでの3-2の勝利ではバルセロナの2点目をアシストした 4月17日、コパ・デル・レイの決勝でバルセロナがアスレティック・ビルバオを4-0で下した後、ペドリはシニアキャリアで初めてのトロフィーを手にした。 5月8日、18歳と164日のペドリは、カンプノウでのアトレティコ・マドリード戦(0-0の引き分け)で先発出場し、バルセロナでの全試合出場50回目を達成し、ボージャン・クルキッチの18歳と3日に次ぐ最年少記録となった。

■代表歴
2021年3月、ペドリは2022年FIFAワールドカップ予選のグループステージを前に、ルイス・エンリケ監督からスペインのシニアチームへの初招集を受けた。 3月25日のギリシャ戦でデビューした。 5月24日、ペドリはエンリケ監督が選出したUEFAユーロ2020の24人のメンバーに含まれた。 6月14日、0-0で引き分けたスウェーデン戦で先発出場し、ユーロ1980でミゲル・テンディージョが打ち立てた記録を更新し、スペイン代表として欧州選手権の決勝戦に出場した史上最年少選手となった。

■プレースタイル
ペドリは自由に動き回れるポジションでプレーし、中央のエリアを占めることを好み、ディフェンスに下がってボールを拾うこともある。中央でプレーするのが好きで、ディフェンスに下がってボールを拾うこともある。多くのファンは彼をウイングと呼んでいるが、アンドレス・イニエスタのように、これは彼が実際にプレーする場所について間違った印象を与えている。

ブライアン・ヒル

ブライアン・ヒル・サルバティエラ(Bryan Gil Salvatierra、2001年2月11日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、セビージャからのレンタル移籍でリーガ・エスパニョーラのエイバルに所属し、ウイングとして活躍しています。

カタルーニャ州バルセロナのL’Hospitalet de Llobregatで生まれ、幼少時に家族とともにアンダルシア州バルバテに移住し、主にそこで育った。2012年、セビージャFCのユースに入団したギルは、故郷のバルバテCFから移籍してきた。

ヒルは2018年9月8日、ホームで2-1で勝利したサンフェルナンドCD戦で同点ゴールを決め、シニア初ゴールを記録しました。12月12日、すでにB面のレギュラースターターとして、2022年までの契約を更新した。 2019年2月23日、2-1で勝利したグラナダCF B戦で、ストレートレッドカードを受け、退場を主張したチームメイト2人も退場となった。

ヒルは、2019年1月6日、アトレティコ・マドリードとのホームでの1-1の引き分けにおいて、ゴールを決めたウィッサム・ベン・イェデルの後半の交代要員として出場し、トップチーム、そしてリーガ・エスパニョーラでのデビューを果たしました。 ギルは、チームでの最初のシーズンでさらに10試合に出場し(すべてベンチ外)、4月25日には、ラモン・サンチェス・ピスチュアン・スタジアムでのラヨ・バジェカーノ戦で5-0の勝利を締めくくる得点を決め、この得点により、21世紀の子供として初めてスペインのトップリーグでネットを張った人物となりました。

2019年11月29日、セビージャが2-0で終了したUEFAヨーロッパリーグのカラバFK戦でギルは得点し、欧州大会での初ゴールを記録した。翌1月31日には、同じトップリーグのCDレガネスに残りのシーズンのためにレンタル移籍した。 2020年7月19日、ギルはシーズン最終日のホームでの2-2の引き分けで、レアル・マドリード相手に得点を決めた。

2020年10月5日、ギルは、チームメイトのアレハンドロ・ポソとともに、同じトップリーグのSDエイバルに2020-21年のキャンペーンのためにレンタルされた。

■代表歴
2021年3月、ヒルは2022年FIFAワールドカップ予選のグループステージに臨むサッカースペイン代表に初招集された。 2021年3月25日のギリシャ戦でデビューを果たした。

マルコ・アセンシオ

マルコ・アセンシオ・ウィレムセン(Marco Asensio Willemsen、1996年1月21日生まれ)は、レアル・マドリードやスペイン代表でウイングや攻撃的ミッドフィールダーとして活躍するスペインのプロサッカー選手です。

マジョルカで活躍した後、2014年11月にレアル・マドリードと契約し、前所属のエスパニョールに連続してレンタルされました。復帰後は、チャンピオンズリーグ2回、リーガ・エスパニョーラ2回のトロフィーを含む数々の栄誉を手にしています。

アセンシオは、2016年にスペイン代表としてシニアデビューを果たしました。2018年のワールドカップにも代表として参加しています。

アセンシオの父ジルベルト(バスク人で幼少期をドイツのエッセンで過ごした)もサッカー選手だった。同じく攻撃的MFで、ユース時代はバラカルドCFに所属していた。マルコの兄イゴールは、DFとしてプラッチェス・デ・カルビアでプレーしていた[54]。

2017年のチャンピオンズリーグ決勝でのアセンシオのゴールセレブレーションは、家族に捧げられたものだった。”もしゴールを決めたら、家族がいるところまで走っていくと言っていたんだ。彼らがどこにいるか知っていたから、それを実行したんだ」[55]。

マジョルカ
レアル・マドリードやFCバルセロナにスカウトされていたアセンシオは、2013-14シーズンのテルセラ・ディビシオンのマジョルカのリザーブチームで、まだジュニアだったにもかかわらず、シニアデビューを果たしました。

ホームでのCDルーゴ戦(0-0)では、最後の6分間をベンチでプレーした。 最初の試合で印象的なプレーをした後、ホセ・ルイス・オルトラ監督によってトップチームに昇格した。

アセンシオは2014年3月16日、ホームでのCDテネリフェ戦で2-0の勝利を収め、プロとしての初ゴールを挙げた。 バレリ・カルピン新監督の下で先発起用され、1ヶ月以内にCAオサスナ戦、デポルティボ・アラベス戦、UEラゴステラ戦で得点を挙げた。

レアル・マドリード
2014年11月24日、レアル・マドリードはアセンシオとの契約に基本合意した 12月5日に契約が正式に発表され、同選手(子供の頃からクラブのサポーターだった)は390万ユーロの移籍金で6年契約を結び、キャンペーン終了までベルメロネスにレンタル移籍することになった。 レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長によると、マルコ・アセンシオのレアル・マドリードへの移籍には、スペインのテニスプレーヤーであるラファエル・ナダルが重要な役割を果たしたという。。

2015-16:エスパニョールへのレンタル
2015年8月20日、プレシーズンの全期間をレアル・マドリーで過ごしたアセンシオは、リーガ・エスパニョーラのRCDエスパニョールにレンタルされた。 9月19日、レアル・ソシエダとの3-2の試合で86分間プレーして大会初出場を果たし、エスタディ・コルネラ=エル・プラットでのシーズンを通算12アシストで終えた。

2016-17シーズン レアル・マドリードへの復帰
2016-17シーズン、サンティアゴ・ベルナベウ・スタジアムに戻ったアセンシオは、8月9日に行われたUEFAスーパーカップのセビージャFC戦で120分間フル出場し、25メートルのシュートを決めた。 その12日後、レアル・ソシエダ戦で3-0の勝利を収め、2点目を決めてリーグ戦初出場を果たした。

その年のUEFAチャンピオンズリーグでは、ユヴェントスとの決勝戦での1ゴールを含めて、同大会で12回目の優勝を果たした。

2017-19シーズン
アセンシオは、2017-18シーズンのスーペルコパ・デ・エスパーニャで、カンプ・ノウでのバルセロナ戦(3-1)で、25ヤードのフィニッシュで初ゴールを決めた。セカンドレグでも同じように華麗な技を披露し、5-1のアグリゲートで勝利した。

2017年9月28日、アセンシオは2023年まで契約を延長した。 2018年2月18日、レアル・ベティスとのアウェイ戦で5-3の勝利にブレスで貢献した試合で、レアル・マドリードのスペイン1部リーグでの6000ゴール目を記録した。

アセンシオは2017-18シーズンのチャンピオンズリーグで11試合に出場し1ゴールを記録し、クラブは同大会で3連覇、通算13回目の優勝を果たした。

2019-20シーズン
2019年7月24日、アーセナルとのプレシーズンマッチで、ACLを断裂した

2020年6月19日、3-0で勝利したバレンシア戦で、74分にフェデリコ・バルベルデに代わって出場し、ファーストタッチで2点目を決め、3点目はカリム・ベンゼマにアシストした シーズン終盤に復帰し、9試合で3ゴールを挙げ、レアル・マドリードは2019-20シーズンのリーガ・エスパニョーラを制覇した 。

■代表歴
オランダとスペインの両方の血を引く彼は、オランダ王立サッカー協会から招待を受けたものの、スペイン代表を選択した。[44] ユースレベルでスペインのレギュラーとして活躍した後、アセンシオは2015年3月26日、カルタヘナで行われたノルウェーとの親善試合で、ゴールを決めたジェラール・デウロフェウの代役として後半から出場し、21歳以下のチームでデビューした。 [45] 7月には、ギリシャで開催されたUEFA欧州選手権で優勝した19歳以下のチームの一員となり、カテリーニで行われたフランスとの準決勝で、88分とアディショナルタイムに両ゴールを決めた[46] 。

2016年5月17日、ボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合で、アセンシオとエスパニョールのチームメイトであるパウ・ロペスがフル代表に招集された[47]。 29日にデビューし、3-1で勝利したスイス戦で先発出場した[48]。

アルベルト・セラデス監督によって2017年のU-21欧州選手権のメンバーに選ばれたアセンシオは、大会デビュー戦でハットトリックを決め、グループステージでのマケドニア戦5-0の勝利に貢献した[49] チームメイトとともに決勝に進出したが、ドイツ戦で1-0で敗れた。

6月20日、イランとのグループステージで1-0で勝利した際、レアル・マドリードのチームメイトであるルーカス・バスケスに代わって最後の10分間に出場し、大会でのデビューを果たした[51]。

アセンシオは2018年9月11日、UEFAネーションズリーグのクロアチア戦で6-0のホームでの敗戦を全試合に出場し、さらにロブレ・カリーニッチのオウンゴールにつながったプレーに直接関与して、スペインでの初ゴールを決めた[52]。

アセンシオは、許可された3人のオーバーエイジ選手の一人として、2020年夏季オリンピックのスペイン代表に含まれた[53]。

ダニ・オルモ

ダニ・オルモ(Daniel “Dani” Olmo Carvajal、1998年5月7日生まれ)は、ブンデスリーガのRBライプツィヒとスペイン代表で活躍するスペイン人プロサッカー選手である。彼は、攻撃的MFまたはウイングとしてプレーすることができます。

ディナモ・ザグレブ
驚きの移籍で、オルモは2014年7月31日に16歳でディナモ・ザグレブに加入しました。 2015年2月7日のロコモティバ・ザグレブ戦でトップチームデビューを果たしました。 2016年8月22日、オルモはディナモ・ザグレブと新たに4年契約を結びました。

2018年9月20日、ヨーロッパリーグ4-1で勝利したフェネルバフチェ戦で、イゼット・ハジロビッチに3点目のアシストを提供し、4点目を決めた。 12月17日、オルモは2018年のPrva HNLの最優秀選手に選ばれた。 同月、Tuttosportのゴールデンボーイ賞で、キリアン・ムバッペやヨシップ・ブレカロらを抑えて11位となった。 2019年2月14日、ヨーロッパリーグラウンドオブ32のヴィクトリア・プルゼニ戦で唯一のゴールを決め、2-1の敗戦に終わった 6月3日、2018-19 Prva HNLシーズンの最優秀選手および最優秀若手選手に選出された 。

2019年9月18日、ホームでのアタランタ戦(4-0)でチャンピオンズリーグデビューを果たした。 10月22日、シャフタール・ドネツクとのアウェイ戦(2-2)で大会初ゴールを決めた。 12月11日、ホームでのマンチェスター・シティ戦(1-4)でディナモの唯一のゴールを決め、ディナモはグループリーグ最下位で終了した。

RBライプツィヒ
2020年1月25日、オルモはブンデスリーガのRBライプツィヒに移籍し、4年契約を結んだ。

2020年2月1日、2-2で引き分けたボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦で、69分にタイラー・アダムスに代わって出場し、デビューを果たした。 その3日後、DFBポカールで3-1で敗れたアイントラフト・フランクフルト戦で、46分にアマドゥ・ハイダラに代わって出場し、唯一のゴールを決めた。 2月9日、ゴールレスドローに終わったバイエルン・ミュンヘン戦で、69分にパトリック・シックに代わって出場し、クラブ初の先発出場を果たした。 8月13日、ホセ・アルバラードで行われたアトレティコ・マドリード戦では、開幕ゴールを決めて2-1で勝利し、ライプツィヒはクラブ史上初のチャンピオンズリーグ準決勝に進出した。

■代表歴
オルモは、ブルガリアで開催された2015年のU-17欧州選手権にスペイン代表の一員として参加し、準々決勝でドイツに敗退した際にはPK戦でネットを揺らしたが、その後、同年のワールドカップのカテゴリー別プレーオフでスペインがイングランドに同じ手段で敗れた際には、その試みがウィル・ハッファーに救われた。 2017年末、ディナモ・ザグレブの監督であるトミスラフ・スヴェティナは、クラブはこのティーンエイジャーの市民権を得るために全力を尽くしていると語った。オルモ自身は、国際レベルではクロアチアに移籍する意向を示していた。 しかし、2018年10月、21歳以下のスペイン代表としてデビューした。

オルモは、イタリアとサンマリノで開催された2019年UEFA欧州U-21選手権を制したスペイン代表の一員として、4試合に出場し、1ゴールをアシストし、決勝戦での1ゴールを含む3ゴールを決め、マン・オブ・ザ・マッチに選出されるきっかけとなった。

オルモは2019年11月、スペインがすでに出場権を獲得していたユーロ2020予選のマルタ戦とルーマニア戦でシニアチームの初招集を受けた。 11月15日、アルバロ・モラタの代役として66分にデビューし、その3分後には7-0でホームで勝利したマルタ戦でゴールを決めた。 同じくデビューしたパウ・トーレスもゴールを決め、2人のスペイン人が初キャップでゴールを決めたのは30年ぶりのことだった。

2021年5月24日、オルモはルイス・エンリケ監督が発表したUEFAユーロ2020に向けた24人のメンバーに含まれた。

ミケル・オヤルサバル

ミケル・オヤルザバル・ウガルテ(Mikel Oyarzabal Ugarte、1997年4月21日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、リーガエスパニョーラのレアル・ソシエダとスペイン代表で、左ウイングまたはフォワードとしてプレーしている。

プロキャリアのすべてをレアル・ソシエダで過ごし、200試合以上に出場し、60ゴール以上を記録しています。2020年のコパ・デル・レイ(国王杯)では、決勝戦でゴールを決めて優勝しています。

オヤルザバルは、2016年にスペイン代表としてフルデビューし、UEFAユーロ2020に代表として参加しました。

オヤルザバルは、2011年に14歳でレアル・ソシエダのユースに入団しました。 2014年11月15日、セグンダ・ディビシオンBのSDアモレビエタとのアウェイ戦で3-2の勝利を収め、後半に交代で出場し、リザーブでシニアデビューを果たしました。

2015年9月20日、オヤルザバルは、5-0でアウェイのCDメンサヘロを撃破した際に2得点を挙げ、シニア初ゴールを記録しました。 10月25日、4-0で勝利したレバンテUD戦の終了間際に、カルロス・ベラに代わってトップチームおよびリーガ・エスパニョーラでのデビューを果たしました。

オヤルザバルは、2016年2月8日、RCDエスパニョールとのアウェイ戦で5-0の勝利を収め、レアル・ソシエダでの初ゴールを決めた。 その6日後、2021年まで契約を延長した直後に、2ゴールを決め、アノエタ・スタジアムでグラナダCFを3-0で破るのに貢献した。

2016年8月19日、オヤルザバルは再び2022年までの契約を更新した。シーズンを通してリーグ戦全38試合に出場し、サン・セバスティアンを本拠地とするチームは6位となり、2年ぶりにUEFAヨーロッパリーグに復帰した。

オヤルザバルは2017年10月19日、ヨーロッパリーグのグループステージでマケドニアのFKバルダルを6-0で粉砕して得点し、欧州デビューを果たしました。チームはベスト32に進出しましたが、FCレッドブル・ザルツブルクに4-3の集計で敗れた際にオウンゴールを決めました。国内では、2018年4月8日のジローナFC戦で5-0で勝利した際の2ゴールを含む12ゴールを記録しました。

2018年10月5日、バスク・ダービーのアスレティック・ビルバオとのアウェイ戦で3-1の勝利を収めた際、オヤルザバルは同年5月以来のゴールとなる2本のPKを決めた。 アスレティック・ビルバオは夏の移籍市場で彼との契約を試みていたが、彼はレアル・ソシエダと2024年までの新契約を結ぶことを優先してそのアプローチを拒否していた。

2019-20年のコパ・デル・レイで、オヤルザバルはCDミランデスを3-1のアグリゲートで破り、チームは1988年以来の決勝進出を果たした。 同年7月10日、ホームのグラナダ戦で3-2の敗北を喫し、クラブでの50ゴール目を達成、まだ23歳だった10月3日、ヘタフェCFを3-0で破り、200試合目でPKを決めた。

2021年4月3日、オヤルザバルは遅れて行われた2020年のコパ・デル・レイ決勝で、同じくPKで唯一のゴールを決め、アスレティック・ビルバオを下したレアル・ソシエダの34年ぶりの優勝に貢献した。

■代表歴

スペインU-18代表でのオヤルザバル
オヤルザバルは、18歳以下、19歳以下、21歳以下のレベルでスペインを代表していた。 2016年5月17日、19歳の時にボスニア・ヘルツェゴビナとの親善試合でフル代表に招集された。 その12日後、3-1の勝利の1時間後にノリート(得点していた)に代わって出場した。

2019年6月10日、オヤルザバルはUEFAユーロ2020予選のスウェーデン戦で3-0の勝利を収め、初ゴールを決めた。 2021年5月、ルイス・エンリケ監督の決勝戦に向けた24人のメンバーに加えられた。 後半の交代要員として、ベスト16のクロアチア戦で5-3の延長戦の最後のゴールを決めた。 その後、スイス戦で1-1の延長戦の勝利のPKを決め、チームを準決勝に進めた。

バスク地方
オヤルザバルは非公式のバスク代表チームにも参加しており、2016年12月30日にサンマメス・スタジアムで行われたチュニジア戦で3-1の勝利の起点となる得点をデビュー戦で決めました。

ラファ・ミル

ラファ・ミル(Rafael “Rafa” Mir Vicente、1997年6月18日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、イングランドのWolverhampton Wanderers(ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ)からレンタルされ、Huesca(ウエスカ)でフォワードとしてプレーしています。

ムルシアで生まれたミルは、CDハバリ・ヌエボでフットサルのキャリアを始めた。エルポソ・ムルシアFSで120ゴールをマークした後、ラネロCFでフル出場し、57ゴールと84ゴールを記録し、FCバルセロナに移籍した。

ラ・マシアで32ゴールを挙げたミルは、故郷のレアル・ムルシアに戻り、45ゴールを挙げたことでバレンシアCFに注目されるようになった 2015年3月1日、CEロスピタレットでセグンダ・ディビシオンBを2-1で落とした際、ウィルフリード・ザヒボの代わりに88分に出場し、リザーブチームでシニアデビューを果たした。

2015年3月7日、シウダード・デポルティバ・デ・パテルナで行われたCFバダロナとの2-0の試合で、ミルは最後にネットを揺らし、シニアでの初ゴールを決めた。 このキャンペーンを4試合の出場で終え、降格を辛うじて回避した。

翌シーズン、ミルはUEFAユースリーグで優れた活躍を見せ、ゲントに勝利した際に連続してブレイクスルーを決めた。 2015年11月14日、B面で初の先発出場を果たし、同じくリザーブチームであるビジャレアルCF Bに4-2で敗れた際に90分フル出場した。

2015年11月24日、ミルはヌーノ・エスピリト・サント監督からリーガ・エスパニョーラのUDラス・パルマス戦で本隊に招集されました。メスタージャ・スタジアムで行われた1-1の引き分けでは未使用の代役でした。 11月25日、プロデビューを果たし、UEFAチャンピオンズリーグ・グループステージのゼニト・サンクトペテルブルクとのアウェー戦で先発出場しました。

8月28日のラス・パルマス戦でトップリーグデビューを果たし、ホームでの4-2の敗戦時にエンゾ・ペレスに代わって最後の4分間をプレーした。

ミルは、バレンシアBの2017-18シーズン前半戦を19試合で15ゴールと好調にスタートし、レアル・マドリードやウォルバーハンプトン・ワンダラーズからの関心を集めた。

ウォルバーハンプトン・ワンダラーズ
2018年1月3日、ミルはチャンピオンシップのウォルバーハンプトン・ワンダラーズに非公開で移籍し、クラブと4年半の契約を結び、背番号9のシャツを手にした。彼は元バレンシアのボスであるヌーノ・エスピリト・サントと連携し、同クラブでのトップチームデビューを果たした。 その3日後にホームで行われたスウォンジー・シティとのFAカップ3回戦で、レオ・ボナティーニに代わってゴールレスドローの最後の13分間をプレーし、デビューを果たした。

2018年7月23日、ミルはセグンダ・ディビシオンのUDラス・パルマスに1シーズンのレンタル移籍で加入した。 その1年後、ノッティンガム・フォレストへのレンタル移籍でチャンピオンシップに復帰した。 フォレストで出場時間とゴール数の両方で苦戦したミルは、フォレストとの間で2020年1月14日に親元のクラブに戻ることで合意した。

ノッティンガムを退団した直後、ミルはセグンダ・ディビシオンのSDウエスカに18カ月間レンタルされた。 2月8日、1-0で敗れたジローナFC戦で、アレックス・グラネルに肘打ちをして退場処分を受け、1試合の出場停止処分を受けた。 7月17日、ホームでCDヌマンシアに3-0で勝利し、1試合を残してトップリーグ昇格を決めた 翌1月29日、レアル・バジャドリードに3-1で勝利し、ハットトリックを達成した 。

■代表歴
2021年6月29日、ミルは監督のルイス・デ・ラ・フエンテによって、2020年夏季オリンピックのスペイン代表22人に選ばれた。

ハビ・プアド

ハビ・プアド(Javier “Javi” Puado Diaz、1998年5月25日生まれ)は、スペインのプロサッカー選手で、RCDエスパニョールで主に右ウイングとしてプレーしていますが、フォワードとしても活躍しています。

カタルーニャ州バルセロナに生まれたプアドは、2014年にUE CornellaからRCDエスパニョールのユースアカデミーに入団しました。 2016年8月20日、UE Llagosteraとのセグンダ・ディビシオンBのアウェイでの1-1の引き分けにおいて、後半に交代で出場し、リザーブメンバーとしてシニアデビューを果たしました。

2016年8月28日、ホームで0-1で敗れたバレンシアCFメスタージャ戦で、プアドは膝を痛め、8カ月間の欠場を余儀なくされました。 翌5月14日に復帰し、CEサバデルFCに3-2で敗れた試合で、最後の24分間に出場し、チームの先制点を決めましたが、チームはすでに降格していました。

プアドは2017年6月21日に2022年までの契約を更新した。 翌5月28日、12回の得点を記録し、Bチームの3部復帰のキーユニットとなった彼は、リーガ・エスパニョーラの本隊に昇格した。

2018年8月18日、プアドは1-1で引き分けたRCセルタ・デ・ビーゴ戦でパブロ・ピアッティに代わってトップチームデビューを果たした。 11月1日、コパ・デル・レイのラウンド32でカディスCFとのアウェイ戦に2-1で敗れた際に同点ゴールを決め、プロとしての初ゴールを記録した。

プアドは2019年11月16日、負傷したラファエル・ドワメナのカバーとしてセグンダ・ディビシオンのクラブ、レアル・サラゴサにレンタルされた RCDEスタジアムに戻ったプアドは、2020-21年のキャンペーンで12ゴールを決め、ラウル・デ・トマスの23ゴールに次ぐチーム内2位の成績を残し、エスパニョールが1年ぶりに王者としてトップリーグに復帰した 。

■代表歴
2019年9月6日、プアドは2021年UEFA欧州選手権予選のカザフスタン戦で1-0の勝利を収めた前半に出場し、21歳以下のスペイン代表で初キャップを獲得した。 ルイス・デ・ラ・フエンテ監督に選ばれた決勝戦では、グループリーグのスロベニア戦で3-0の勝利の口火を切り、準々決勝のクロアチア戦では延長戦2-1の敗北でブレースを追加した。

プアドは2019年3月25日、ジローナのエスタディ・モンティリビで行われたベネズエラ戦で、非FIFAのカタルーニャ代表としてデビューした。交代で出場し、2-1の勝利のために終盤で決勝点を決めた。 2021年6月8日、スペインのシニアチームでの初試合に出場し、レガネスで行われたリトアニアとの親善試合(4-0)で得点を決めたが、この試合ではスタメンのうち10人が初出場だった。

タイトルとURLをコピーしました