上田綾乃の生い立ち・実家が壮絶!大和市7歳次男殺害事件

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

上田綾乃容疑者は神奈川・大和市で、次男を殺害した容疑で逮捕された母親。

長女や三男も死亡時の事件性が疑われていますが、生い立ち・実家が壮絶のようです。

スポンサーリンク

上田綾乃の生い立ち・実家が壮絶!大和市7歳次男殺害事件

長女も生後2カ月で急死 大和市7歳次男殺害事件

3年前に大和市の自宅で当時7歳の次男を窒息死させたとして母親が逮捕された事件で、19年前には生後およそ2カ月の長女が急死していたことがわかりました。

この事件は、2019年8月、自宅アパートで当時7歳の次男、雄大くんの口や鼻をふさぎ殺害したとして、大和市西鶴間の派遣社員、上田綾乃容疑者が20日、殺人の疑いで逮捕されたものです。

上田容疑者は、調べに対し容疑を否認しています。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cbe6f36a41f635dca4909c3812a7a97fb2ee2ac8

報道によると上田綾乃容疑者の生い立ちは両親と弟2人の5人家族で、神奈川県横浜市出身。

しかしまだ中学生の頃に電気関係の職人だった父親が勤務先で突然死すると、母親も乳がんでほどなくこの世を去ります。

自宅の1kmほど先には、綾乃容疑者の祖父母と従兄らが住む「本家」がったものの絶縁状態。

ただ両親の死後は生活に困る度に祖母に金を借りにきていたそうです。

「両親の死後、綾乃と弟2人は、よく祖母に金を借りに来ていたようです。詳しくは分かりませんが3~5万円ずつ、生活に困る度に訪れていたと聞きました。祖母は几帳面に手帳に金額をメモしていたようですが、返済されることもなかったようですね。『分家』も結局売却されました。

 祖父が亡くなった際には、本家の家を相続するため、綾乃に連絡を取ろうとしましたが、行方は全くわかりませんでした。弟2人も知らなかったようです。不動産会社を通じて司法書士にお願いし、なんとか押印と『今後は現金など他の遺産も一切相続しない』という誓約書を返送してもらいましたが、それ以降のやり取りはありません。正直、綾乃のことはよく知りませんし、今回の事件も迷惑だと思っています」

https://bunshun.jp/articles/-/52287?page=3
タイトルとURLをコピーしました