渡辺正行の現在が老けた?老け過ぎを心配する声

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

渡辺正行さんは『M-1グランプリ』の審査員を6回務めた重鎮。

主宰する「ラ・ママ新人コント大会」から、ウッチャンナンチャン、爆笑問題、バナナマン、オードリーなど、数々の人気芸人を輩出してきましたが現在の様子が痩せすぎでは?と心配する声がみられます。

スポンサーリンク

渡辺正行の現在が老けた?老け過ぎを心配する声

渡辺正行が振り返る芸人への道「きっかけは落研、先輩・立川志の輔さんの落語を見て衝撃を受けた」

明治大学在学中にラサール石井、小宮孝泰とコントグループ「コント赤信号」を結成したリーダーこと渡辺正行。『ひょうきん族』でビートたけし、明石家さんまらと共演し、『M-1グランプリ』では6回もの審査員を務め、どの時代も第一線で活躍している。一方、1986年からは若手お笑い芸人の育成のための場、「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。現在発売中の著書『関東芸人のリーダー お笑いスター131人を見てきた男』(双葉社)では、バナナマンやオードリーなど数々のお笑いスターたちの若き日々を綴っている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f0bc545a0abb8b54e0f18aebd6900dd6fe6053d

渡辺正行さんは2022年5月に新型コロナウイルスの検査で陽性であることが所属事務所を通じて発表されました。

タイトルとURLをコピーしました