100万回言えばよかった(ドラマ)原作・結末ネタバレ

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

ドラマ「100万回言えばよかった」はある男性が彼女にプロポーズしようと心に決めた矢先、不可解な事件に巻き込まれ彼女も失踪するサスペンスラブストーリー。

井上真央さん、佐藤健さん、松山ケンイチさんの共演となりますが、ドラマ「100万回言えばよかった」の原作は?

金曜ドラマ『100万回言えばよかった』|TBSテレビ
TBS「金曜ドラマ『100万回 言えばよかった』」の番組情報ページです。
スポンサーリンク

100万回言えばよかった(ドラマ)原作

井上真央、“幽霊”佐藤健&“刑事”松山ケンイチと共演! ファンタジーラブ「100万回 言えばよかった」

井上真央が主演を務める新ドラマ「100万回 言えばよかった」が来年1月期に放送決定。佐藤健と松山ケンイチが共演し、実力派俳優3人が連続ドラマ初共演で切なくて温かいファンタジーラブストーリーに挑む。

大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した幼なじみの悠依と直木。しかし、プロポーズの直前、不可解な事件に巻き込まれ突然、直木は姿を消し、自分が死んだとわからないまま魂となって現世をさまよい続けていた。そこへ、唯一直木の存在を認識できる刑事の魚住譲が現れる…。

https://news.yahoo.co.jp/articles/2797a97c776887ec1b9983e1f09f76a799b9ee1b

ドラマ「100万回言えばよかった」は幼なじみだったが、大人になってから偶然再会し、結婚も視野に入っていた矢先、彼女は不可解な事件に巻き込まれ、突然悠依の前から姿を消してしまうというストーリー。

主人公の相馬悠依を井上真央さん、鳥野直木を佐藤健さんが演じますが、ドラマの原作について調べてみると小説やマンガはなく脚本家・安達奈緒子さんによるオリジナル脚本とのこと。

■安達奈緒子コメント
「井上真央さん、佐藤健さん、松山ケンイチさんをはじめとする、贅沢過ぎる俳優の方々の魅力とお力をお借りして、大人だからこそ懸命に、愛を伝えようとする人々を描いてみたいと思っています」、磯山晶プロデューサーは「『大切な相手には大切だってことを今! 伝えよう』がメッセージです。見終わった後に皆さんが誰かに言いたくなるといいなあ、と思っています」

100万回言えばよかった(ドラマ)あらすじ

幼なじみだったが、大人になってから偶然再会し、改めてお互いを運命の相手だと確信した悠依と直木。運命のいたずらなのか、悠依にプロポーズしようと心に決めた矢先、直木は突然姿を消してしまう。

悲しみに暮れながらも直木を懸命に探す悠依だったが、実は直木は自分が死んだと分からないまま魂となって現世をさまよい続けていた。自分の声が悠依に届かず、何かがおかしいと不安を感じている彼の前に現れたのは、唯一直木の存在を認識できる刑事の譲。

一番愛している人にきちんと「ありがとう、さようなら、愛している」を言えないまま別れることになってしまった直木は、その“思い残し”を果たすべく、譲に自分の言葉を悠依に伝えてほしいと頼む。

愛する人を突然失ってしまった悠依、魂だけになってもそんな悠依をそばで見守る直木、そして死の真相を追う刑事でありながら、直木の唯一の媒介者として悠依に関わっていく譲。

そんな3人が関わり合いながら、“当たり前のことは、決して当たり前ではない”というメッセージを伝えると共に、“その当たり前がどんなに愛おしくかけがえのないものか”を改めて訴えかけていく。

100万回言えばよかった(ドラマ)結末ネタバレ

随時更新

タイトルとURLをコピーしました