実は私が本物だったの原作ネタバレ!結末は?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「実は私が本物だった」はピッコマで連載されている韓国版が原作の漫画。

英語タイトル:Actually, I was the Real One

韓国語タイトル:사실은 내가 진짜였다

実は私が本物だった|無料漫画(まんが)ならピッコマ|yuun March
父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げた「キイラ」。だがある日、自分が実の娘だと主張する「コゼット」が現れ、キイラはみんなを騙した罪に問われて処刑されることに。しかし処刑直前にコゼットは「実はあなたが本物だった」とキイラにささやくのだった… 真実を知ったキイラは苦しみながら処刑されたのだが、次の瞬間…なぜか過去に...

■あらすじ
父親に愛されるために徹底して自分を磨き上げた「キイラ」。だがある日、自分が実の娘だと主張する「コゼット」が現れ、キイラはみんなを騙した罪に問われて処刑されることに。しかし処刑直前にコゼットは「実はあなたが本物だった」とキイラにささやくのだった… 真実を知ったキイラは苦しみながら処刑されたのだが、次の瞬間…なぜか過去に回帰してしまった! 「誰が実の娘かなんて関係ない!せっかく与えられた第2の人生…復讐もいいけど、これからは自分のために自由に生きてやる!!」友達をつくるのも何もかもが初めてのキイラの成長ラブストーリー!

スポンサーリンク

実は私が本物だったの原作は?

「実は私が本物だった」韓国語の原作の漫画は「kakaopage」で公開されています。
https://page.kakao.com/home?seriesId=55721630

韓国・公式オページでは1~3話目まで無料。全120話で完結しています。

以降は、数日に1回チャージにて無料で読む事が出来ます。

※funbeやnewtoki、1stkissmangaなど「実は私が本物だった」全話を無料で見れるサイトは全て違法サイトなので注意をしましょう。

「実は私が本物だった」韓国語の原作の小説は漫画と同じく「kakaopage」で公開されていて既に完結して結末を迎えています。
https://page.kakao.com/home?seriesId=55721630

3話まで無料で読むことが出来ますがそれ以降は、1日1~2回の1回チャージにて無料で読む事が出来ます。最新話等は有料です。

韓国語なんて読めないよ…、という場合には、ファンが日本語訳した公式WEBTOONの翻訳サイト「Webtoon TRANSLATE Beta」や翻訳アプリがオススメです。

Webtoon Translation
It is a crowd-sourced translation service where webtoon fans translate their favorite artwork into various languages to share it with more global audience.

ちなみに、ピッコマではデイリーガチャでピッコマコインをコツコツ貯めて気になる作品の1話分を無料で見ることができますね。

好きな対象作品を無料で読むことができるチケット「\0+券」が(ごくまれに)当たりますが、ポイ活(自己アフィリエイト)と呼ばれるやり方でピッコマコインの軍資金を稼ぐやり方も手堅いのでおススメです。

ポイ活(自己アフィリエイト)とはポイントサイトでお小遣い稼ぎすることで、例えば「モッピー」が代表的なサービスになります。
https://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=us2He140

無料アプリをインストールしたり、広告動画を見たり、アンケートに答えたり、無料の資料請求をしたりすることでもらえるポイントを稼ぐというもの。

普段のネットショッピングもモッピーを通して買い物をすることで実はさらにポイントが追加で付与されます。

楽天:+1%
アマゾン:+0.5%

1年に1回でもネット通販をするのであればモッピーに登録しないのは非常にもったいないです。

モッピーに登録してみると5000ポイント以上ももらえる案件がゴロゴロと転がっています。

無料の会員登録をするだけですぐに300ポイントがもらえるキャンペーンや、会員全員にポイントを付与してくれるキャンペーンも定期的に開催しています。

今なら条件を満たすと2000ポイントがもらえるキャンペーン中なので、ピッコマコインに換算すると2,000コイン+ボーナスコイン70がもらえるチャンスです。

モッピーでたまったポイントもちろんピッコマコインとして利用する以外にも、

paypay
nanaco
amazonギフト券
楽天ポイント

といった電子マネー・ポイントに換金できるの普段の買い物にも使えるし、JALマイルに交換してマイルで飛行機に乗ることだってできますよ。

他にも楽天銀行やゆうちょ銀行などの口座を通じてポイントを現金として受け取ることだってできます。

モッピーは身分証とかのアップロードは必要がなく中学生でもできるようなお小遣い稼ぎの方法なので、実はゲームアプリの課金に充てている人も意外とたくさんいますよ。

1分で終了!モッピーに会員登録してボーナス300Pを受け取るにはこちら
https://pc.moppy.jp/entry/invite.php?invite=us2He140

手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

実は私が本物だったネタバレ!結末は?

「実は私が本物だった」の韓国版wikiを翻訳すると次のような内容となっていました。

■主人公 キイラ・パルヴィス
処刑されたあとコゼットが現れる2ヶ月前に回帰する。
回帰前の壮絶な運命を変えるため、コゼットの正体と帝国を狙う魔物と戦う。そしてついにコゼットの肉体を操るラギバッハを退け、精霊師として覚醒しながら世界を守り抜く。

■ルードヴィヒ・パルヴィス(父親)
キイラの無実を知りながら死なせたゴミ。その業態(キイラが本物の精霊士だったため)で人間界を滅亡寸前まで没落させ、コゼットの姿で現れたラギバッハの嘲弄で、呆然としている。
もともとパルヴィス家でも、時々精霊使いとして覚醒できなかった娘たちがいて、覚醒できなかった女性たちは家門に冷遇されることが代々あったが、殺さなかったという。
人類滅亡直前、ラギバッハと敵対する魔族と契約を結び、キイラを回帰させる。 回帰したキイラの変わった態度に関心を持ち、回帰前と違ってキイラを心から気遣ってくれる。 最後の回帰前の悲劇を記憶し、キイラに許しを受け、魂を救われる。 ただ、回帰前にキイラを処刑し、石女という濡れ衣で悲惨な人生を終えた元妻ロウィナと本物のコゼットの死、そして無念に皆殺しにされたバインベルグ家の悲劇には、一生罪悪感にさいなまれる模様。

■ジークハルト・パルヴィス
パルビスの次期当主であり、キイラの弟。 回帰前からキイラを助けようと努力し、キイラが回帰した後もキイラに従う。

■コゼット
本作の悪役、悪役だが、ルードヴィヒ・パルビスがあまりにも非倫理的で、むしろその悪行は深刻に見えない。
正体は「魔王ラギバッハ」で、人間界の征服を望む強硬派だ。 本来魔族は精霊術を使うことができないが、死んだルードヴィヒ娘コゼットの体に憑依しているため精霊術を使用することができる。 回帰前にキイラを孤立させ処刑した後、人間界の結界を破壊して魔界軍を率いて人間界を滅亡させた。 キイラが回帰した後は、キイラの活躍で彼女の陰謀は失敗し、魔界に強制送還される。 その後、穏健派の魔族に規則を違反した疑いで200年の禁固刑を受けたという。 また、契約未履行によるペナルティで200年後にラギバッハは消滅するという。

■コゼット・バインベルグ(本物)
バインベルグとルードヴィヒの間に生まれた長女で精霊使いの才能を持って生まれたが、当時濡れ衣を着せられてエディンバラ侯爵が送った刺客たちによってまともな胎教ができなかったロウィナによって死産されて生まれる。 その遺体はラギバッハが集めて憑依する。 ラギバッハがキイラに敗北した後、遺体は浄化される。 後日、キイラが葬式を行ってくれたという。

■ロウィナ・ヴァインベル
グルドヒビ大公の第1夫人だったが、キイラの母方の祖父エディンバラ侯爵の陰謀と夫の無関心で子供を産めない石女という濡れ衣を着せられて追い出される。(おまけに自分の実家であるバインベルグ家がエディンバラ侯爵の陰謀でパルビス家を利用して越権したという濡れ衣で家がつぶれ没落する)
しかし、この時ロウィナはコゼットを妊娠中で、エディンバラ侯爵が送った暗殺者に追われる中、コゼットを出産するが、過酷な逃走生活のため死産してしまう。
自分の濡れ衣を晴らして復讐する唯一の手段を失ったロウィナは、死に向かって魔族ラギバッハを召喚し、自分の魂を対価に自分に濡れ衣を着せたエディンバルン侯爵、自分の濡れ衣を知っていながらも無視した夫のルードヴィヒ・パルヴィス、そして自分を石女として侮辱した諸国民など人間界全体に対する復讐を契約する。
その後、滅亡を控えた人間界の最後の戦闘直前、コゼットがこの事実をルードヴィヒに知らせ、嘲弄する。
復讐のために人間界を滅ぼした原因提供者ではあるが、そもそもルードヴィヒ・パルビスとサザン・エディンバラ侯爵があまりにも非倫理的で無念の死を遂げたという点で、読者から多くの同情を得ている。
最後にラギーバッハの契約が失敗したから、彼女の魂は救いを得る。
キイラは、母方の祖父の欲と父親の無関心で当然受けるべき幸せを受けられなかった異母姉と姉の実母に対して罪悪感を抱く。(ただ、偽コゼットが犯した悪事が大きく外祖父が悪人ということは知っているが、彼の名誉とパルフィス家の名誉のためにロウィーナとラインベルグ家が濡れ衣を着せられて滅ぼした事実は隠ぺいした。 ある面では現実的でありながらも苦い部分)

■エレズ・ショア
研究室に閉じこもって暮らす変わり者の魔法使いだが、実情はラギバッハと対峙する穏健派の魔族。 ルードヴィヒと契約した魔族でキイラを回帰させた張本人。 ラギバッハが魔界に召喚された後、キイラと賭けに負けてルードヴィヒの魂を解き放つ。
漫画の30話あたりで出てくる金髪碧眼の男性かもしれm左縁。

■サザン・エディンバラ侯爵
キイラとジークの母方の祖父で、回帰前や回帰後もキイラの心強い後援者であり、エディンバラ家を名門家にしたやり手だが、一方では権力に及ぼした奸臣で、自分の私利私欲のために手段と方法を選ばない謀略家。 自分の利益のために多くの罪のない人々を害し、ついにはより大きな権力を持つためにバインベルグ家を陥れ、バインベルグ家と家門構成員を処刑させ、当時ルドヴィイ大公の最初の妻であるロウィナ・バインベルグを石女という濡れ衣を着せ、妊娠したロウィナを長々と6ヵ月も追跡して殺す。この時、本物のコゼットも死にます。
キイラ回帰前は偽コゼットの陰謀にキイラと共に処刑され、キイラ回帰後はヴァインベルグ伯爵の剣で死ぬ。
精霊使いである本物のコゼットを殺した偉人だが、キイラが母方の祖父の名誉のために彼の悪事を隠蔽したため、エディンバリー家は悪事の代価を受け取らなかった。 しかし、自分の欲のために罪のない人々を傷つけた彼の死にキイラは悲しまず、再び偽コゼットに殺害されたバインベルグ伯爵を同情した。


コゼットは本物の娘でキイラの姉です……が、もう既に死んでしまっている存在です。
父親には妻が2人おり、愛していたのは第一夫人であるコゼットの母親でした。
しかし、政略結婚の第二夫人であるキイラの母は、妊娠したコゼットの母を追い出し、暗殺者を差し向けます。
そのせいで、コゼットは死んでしまうのですが、復讐をするためにコゼットの母は悪魔と契約し、死んだコゼットの器に魔王の魂を入れ込みました。
魔王がコゼットの体に乗り移ったので、勿論コゼットを通して魔王は魔法(精霊)を操ることができました。
キイラの発現が遅くなるよう差し向けもしたらしいです。
結果、キイラを処刑した後は、コゼットが反乱を起こし国はほぼ壊滅。
父親は最後の力を絞り、キイラを過去に戻しました。

キイラは副団長のジョセフと結ばれるようですが、メインは家族で、最終回ではジョセフではなく家族と過ごして終わります。

実は私が本物だったの感想は?

タイトルとURLをコピーしました