赤いナースコールあらすじは?原作は漫画?小説?韓国リメイク?

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

赤いナースコールは佐藤勝利さん(Sexy Zone)が主演を務めるミステリーラブサスペンス。

1組のカップルが事故を起こしてしまい、とある病院に入院したことからさまざまな人間ドラマと恐怖を伴うミステリーが展開していくストーリーとなっていますが、、赤いナースコールの原作は漫画?小説?韓国ドラマのリメイク?

スポンサーリンク

赤いナースコール原作は?

Sexy Zone佐藤勝利 史上最恐ドラマ主演「ゾクゾク」、秋元康氏企画・原作「赤いナースコール」

Sexy Zoneの佐藤勝利(25)が7月スタートのテレビ東京連続ドラマ「赤いナースコール」(月曜後11・06)で主演を務める。奇妙な病院を舞台に繰り広げられるさまざまな人間ドラマを描くミステリー。「ホラーではないのですが、怖くない人も怖く見えたり、何が怖いか分からない怖さがあって、ゾクゾクする作品」とアピールした。佐藤と初タッグとなる作詞家の秋元康氏(64)が企画・原作を手掛ける。

https://news.yahoo.co.jp/articles/25f8c31b21eff14586f0a2a7f3108d5341f41142

ドラマ「赤いナースコール」は“5分に1回の恐怖”をテーマに、病院を舞台にした史上最恐ミステリー&ノンストップラブサスペンス。

調べてみると、「赤いナースコール」の原作となるような漫画や小説はなく、秋元康さん企画・原作の完全オリジナルドラマとなっています。

■<秋元康 コメント>

『あなたの番です』という連続ドラマを作った時、「夜、見るのは怖い」と言われました。そんなにホラー的な要素を意識したわけではないのですが、確かに、一人で見ていたら背筋がゾクゾクするようなシーンがいくつか登場したかもしれません。テレビ東京のこの放送枠は、新しい連続ドラマに挑戦するチャレンジ枠なので、今回は、「地上波の限界だと言われる“怖いドラマ”を作ってみよう」と思い、この『赤いナースコール』を企画しました。
僕が海外のあるホテルに滞在した時のことです。病院の跡地に建てられたそのホテルは、幽霊が出ると噂でしたが、僕は気にしていませんでした。深夜、部屋のリビングで原稿を書いていたら、ガタガタと。まるで病院の患者を乗せたストレッチャーが移動する音が聞こえました。
ふと、リビングから寝室につながる廊下の方を見ると、白いナースキャップの看護師がストレッチャーを押して横切るのが見えたのです。時差で寝ぼけていたのかもしれませんし、旧病院跡地という情報が、錯覚を呼んだのかもしれません。おそらく、夢をみていたのでしょう。しかし、あのストレッチャーがガタガタ、通り過ぎる音とナースの姿は、今でも目に焼きついているのです。あの時、そのナースと目が合っていたら…。
そんな恐怖をSexy Zoneの佐藤勝利さんや素敵な俳優の皆さんとスタッフと作れたらと思います。

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/7022f620720b79cc10f392140e57075b85a2bfec

赤いナースコールあらすじ

1組のカップルが事故を起こしてしまい、とある病院に入院することに。だが、「この病院何かがおかしい…!?」。個性豊かで奇妙な入院患者たち、何か含みのある医者や看護師たち、一見すると普通なのに拭いきれない違和感を纏った病棟、そして並行して病院の外で起きている連続殺人の謎。「この病院で何が起きているのか」「なぜ、人が死んでいくのか」そして「主人公たちはなぜ、この病院に入院したのか」。“5分に1回の恐怖”をテーマに、様々な人間ドラマと恐怖を伴うミステリーが展開する。

タイトルとURLをコピーしました