アラゴグなぜ死んだ?死因・理由は?小さくなった?ハリーポッター

スポンサーリンク
デフォルト 0未分類

「ハリーポッターと謎のプリンス」でアラゴグはなぜ死んだのでしょうか?死因は?

スポンサーリンク

アラゴグなぜ死んだ?死因・理由は?小さくなった?ハリーポッター

アラゴグはハリーポッターに登場する巨大グモ。

50年前にハグリッドによって飼われていたものの、禁じられた森に逃がすことになり巨大化し多くの子ども持つようになりました。

ハグリッドが当時三年生の時、女子生徒がなくなる事件が発生。(マートル)

その時に秘密で飼っていたアラゴグが犯人ではないかとスリザリンの監督生リドルが告発。リドルは真面目で模範生だったので信じざるを得ない。

そして疑われて退学させられましたがハグリッドは物置でアラゴグを育てていただけで、秘密の部屋とは無関係でした。

マートルが死んだのは、本物の秘密の部屋から出てきたバジリスクの目を見たからです。でも当時の教師たちは、リドルの密告を信じて、アラゴグがいた部屋を、伝説の秘密の部屋だと思い込みました。

秘密の部屋が開かれた時のことを「誰も襲ったことはないのですか」とハリーに尋ねられ、アラゴグは「襲うのはわしの本能だ。しかしハグリッドの名誉のために、わしは決して人間を傷つけはしなかった」と答えています。

つまり、人間を傷つければハグリッドが不利になるということは認識し、命の恩人であり配偶者(モサグ)まで探してくれたハグリッドは襲わないように子どもたちに命じています。

しかし子どものクモたちがハリーとロンを襲うのは止めませんでしたが「ハリーポッターと謎のプリンス」でなぜアラゴグは死んだのでしょうか?

死因はヴォルデモートが殺したのではなく老衰です。

アラゴグが死んだので、「ハグリットを殺してはいけない」というアラゴグの命令が亡くなり、禁じられた森ではアラゴクの家族がハグリットを襲って食べようとする、というストーリーになっていきます。

今まではアラゴグとハグリッドが仲が良かったため蜘蛛はアラゴグに従ってこちら側というふうな感じでしたがアラゴグが死に自分たちで判断した結果ヴォルデモート側に着きました。

そこを必死になってアラゴクの死体をあそこまで連れてきて、葬儀をしようとしたようです。

タイトルとURLをコピーしました